ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島 能力ですブルーハーツとビートルズお宝!?砂時計古典にめざめて目からうろこ雨のアメフト方式 


能力です

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

きのう、レジで並んでいたとき、

わたしの前にひとり、おばさんのわたしがいうのもなんだが、立派なおばさんがいた。

おばさんは「おばさん歴=年齢」というほどの貫禄。

眉毛ひとつ動かさず、おつりを受け取っていたのだけど。

ふと足元を見たら、うすむらさきの『怪獣サンダル』をはいていた。

思わず二度見した。

金曜日。

モコ日記です。










ぼくはモコです。

三代目文鳥です。

しかちくさんととりぶうさんはお互い得意な分野が違うので、役割分担しているそうです。

しかちくさんはパソコンとかスマホとか、そういう機械のあれこれ担当で、とりぶうさんは家事全般担当らしいです。

お互いその部分は相手に丸投げなので、とくにケンカもしないみたいです。

ぼくにも担当があるのかなあ、と思ったら、あるらしいです。

それは、




ちゆ能力 001





ちゆ能力。

いつも「ちーゆ、ちーゆ、ちーゆ」と鳴いてるからだそうです。

ぼくにも能力があってよかったです。









モコはこのごろ、かごに入れようと思ってもなかなかつかまらない。

かしこくなったのか、飛翔能力あがったのか、

つかまえるとき、けっこう疲れる。

運動になるんだなあ。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

ブルーハーツとビートルズ

テーマ : 日記 ジャンル : 日記





みなさんこんにちは。

テレビを見ていたら、どこかで聞いたことある歌が流れてきた。

それはカロリーメイトのコマーシャルで、受験の風景を映したもの。

そのバックで流れるのが、ザ・ブルーハーツの『人にやさしく』だった。

~♪ でっかい声で言ってやる ガンバレって言ってやる   

聞こえてほしい あなたにも ~

ガンバレ!! ~♪

あ~、あれを見ると泣ける。

書いてても泣ける。

いまコマーシャルの検索して、検索画面にずらずらと並ぶ文字の羅列を見ただけでも泣ける。

そのうち、「カロリーメイト」て聞いただけで泣けるんちゃうか、と思う。(あほやろ)

それにしてもブルーハーツ。

こんなふうに使われるようになるとはなあ、と感慨深く思う。

わたしが高校一年生のとき、音楽通の友達が、

「これ、聞いてみてん!」

と貸してくれたブルーハーツのカセットテープ。

友達が言うには、「シンプルやけど強烈」。

衝撃的だった。

わかりやすい歌詞とわかりやすいメロデイ。

なのにかっこいい。

ブルーハーツが熱狂的に広がるのは瞬く間だった。

文化祭の後夜祭で、先輩バンドがコピー演奏するのを、

友達と最前列でこぶしを振り上げ踊り狂った。

あれから30年。

ブルーハーツは、まるで音楽の教科書に載ってもおかしくないくらいの落ち着いた曲として扱われるようになった。

それって、何かに似てるな。

ああ!

ビートルズといっしょだ!

と思った。





ザブルーハーツ 001





あのとき、かっこよさの最前線だったのが、いまでは定番ソング。

不良めいたイメージだったブルーハーツが。

受験生応援ソングとして使われている。

時代は変わるもんだなあ。

と思って、また思い出したのが。

ダウンタウンの漫才。

あれが出てきたときは衝撃だった。

あのときはダウンタウンが不条理漫才の最前線だと思ってたのが、今見るとふつうで定番。

あれがひとつの雛型となってる。

衝撃は定番になるのだ。

で、思い出したのが。(また?)

えっと、もうないです。

まあ、定番の過去はわりと衝撃的だということです。

それでは~


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

お宝!?砂時計

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

以前わたしの誕生日に娘うさQが砂時計をくれた。

厳密には中身が砂ではないので砂時計とはいえないが、それがなにかわからないのでとりあえず砂時計と呼んでいる。

中身はたぶんオイル的な何かだと思う。

おどろくことにこの砂時計、

砂のかわりのオイル的な何かが「落ちる」のではなく、「上がる」のである。

中身のオイル的なつぶつぶが、細い通路を通り抜けてすべて天井に集まったら終わり。

それで5分。

何度やってもわりと正確に5分である。

しかちくいわく、つぶつぶはオイル的な何かで、空間を満たしているのが、グリセリン的な何かであろう、

という、ひとつもはっきりせんもんでできているという予測がたてられた。

だいたいグリセリンてなんやねん?

太ももの脂肪が割れたスジみたいなもん?(たぶんセルライト)

あるいは朝、太陽の光を浴びたら出てくるなにか?(きっとセロトニン)

それとも水をかけたら人相が変わる動物?(それはグレムリン)

とにかく、グリセリンというのが何なのかはよくわからんが。

そこには確かな技術が感じられるではないか。

人類の歴史の確かな足取りが感じられるではないか。

そもそも、

人が時間を意識して以来、さまざまな時計が作られてきた。

日時計、水時計、砂時計。

科学の発展とともに、時計も発展した。

その途中に、グリセリンの発見もあったのだろう。

そして、

「オイルはグリセリンに浮く!」

という、

「ストロングチューハイは唐揚げに合う!」

みたいな発見があり、

さんざん遊んだ(?)挙句。

「あ!これを使って逆さまの砂時計ができるんちゃう!?」

と科学者の一人が発見し、試行錯誤の末、作り上げた代物ではないだろうか。

やっとできた逆砂時計は、しかるべきアカデミックな場所に持ってゆかれ、

「じつはこのたび、ちょっとしたお遊びでなかなか愉快なものを作りましてね」

というもったいぶった発表とともにお披露目され、ときの王様だか皇帝だかに献上された代物ではないだろうか。

そしてそのお宝は代々受け継がれ、門外不出だったのち、

第一次か第二次かの世界大戦くらいのときに、ドイツ軍あたりが発見し、

「グッテンモルゲン、ダンケシェーン!」

と驚愕したあと、(驚愕のセリフ?)

自国の科学者に量産させ、軍部の将校に褒美として与えたりした代物なのではないだろうか。

う~ん、そう考えるとすごい代物なのだ。

普段、なにもかんがえずにひっくり返しては、

「5分たたないうちに、またひっくり返してやるぜ~」

といい加減に扱っていたけれども。

世が世なら家宝にすべき代物なのではないだろうか。

そんなすごい代物。

特筆すべきはそのお値段。

なんと今なら、税抜き価格、

100円なんですって!




逆砂時計 001





タイムマシンがあったら、ときの王様あたりに売りに行きたいんだなあ。

それでは~


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

古典にめざめて目からうろこ

テーマ : 日記 ジャンル : 日記





みなさんこんにちは。

海外古典の名作というものを、ほとんど読んだことがなく。

タイトルだけは知ってるけど、内容はまったく知らん、というものばかりで、

このまま知らないまま死んでしまっても別にええけど、

名作として残るものは、ひょっとして知らなかったら損なこともあるんちゃうか?

と、今年の台風の停電時、ふと思い。

海外古典の名作というのを読み始めた。

ときどきよくわからん状況のときもあるが、そこは適当に読み流してる。

注釈を読むこともない。

そのうえ、名前がややこしくて似てる人を混同してしまい、

あんた、じいさんなんか、若いんかどっち!?

と思ったりするが。

とりあえず、主人公の行動がわかればええやろ、と思って読んでいる。

それでとくに問題ない。

大事なのは、ひとの心の持ちよう。

それだけは古来から変わらないもので、物語はいつもオトコとオンナの話である。

虚栄心とか嫉妬心とかが鳴門の渦潮のように渦巻き。

おしまいには悲劇になる。

たまに、悲劇にならんこともある。

でも、わたしはだんぜん、悲劇のほうが好きである。

そこはわたしなりのへんてこルールがある。

もし小説の中身がハッピーエンドになってしまったら、自分の人生でもどこかハッピーエンドを期待してしまう。

しかし、実際にハッピーにエンドするような人生はほぼない。

人生は世知辛く苦いものなのである。

だから、物語の中身は、

こんなひどい状況って・・・・!

と言葉を失うようなのがいい。

そうすると、自分の人生が、

あれ?なんかけっこうハッピーにあふれてるんちゃう?

と思えるのだ。

このあいだスタンダールの「赤と黒」を読んだ。

平民出身の美少年が貴族の人妻と不倫関係になって、なんたらかんたら、という話。

もちろん、悲劇である。

最後、主人公が・・・・・・、この先は言えない。

死ぬのである。(言うてる)




赤と黒 001





そこで目からうろこにわかったことがあった。

主人公の名前が「ジュリアン・ソレル」で、

あ!

と思った。

昔々、わたしの住んでた田舎に「ジュリアンソレル」という名前の喫茶店だかスナックだかがあった。

きっと、カタギではないかたがたが出入りするに違いないと思っていた。

それは店構えがやたら黒っぽくて、ときどき赤がまざるという、子どもが容易に近づけない雰囲気があったからだ。

しかし、今思うと、まさに「赤と黒」な店構えだったのだ。

とすると、その店はひょっとしたら海外文学好きな店主が営んでいたという可能性もある。

真相はわからないが、

30年以上ぶりに、なにかしら謎が解けたような気がしたのであった。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

雨のアメフト方式

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

12月になってからというもの、毎日、雨。

今年の11月はめずらしく晴天続きだったが。

それを取り戻すかのように、まーいにち、まーいにち、まーいにち、雨。

しかし今年、マラソンのスイッチが入ったしかちく軍曹は、

「雨の日はむしろラッキーと考えるべし!暑さよりはだいぶまし!」

と、日課のジョギングの手綱を緩める気配なし。

今日などは、横殴りの雨で、用事がなければ外出などしたくない日である。

すくむあし、ひるむこころ、

という書き出しの詩でも書きたい朝であったのに。(勝手に書いとけ)

先日買ったサウナスーツをレインコートがわりに着るチャンスだ、ということで、

上下真っ黒サウナスーツを着用、

『まっくろくろすけ』というよりは、いっぱいごちそうを食べた後の『カオナシ』みたいないでたちで、ジョギングに出かけた。

雨が激しく打ち付けてくる。

普段ウォーキングやジョギングの人がけっこういる公園だけど、今日は人影はまったくない。

いつもなら猫がたくさんいる道にも、今日は一匹もいない。

ねこはどこ?

というタイトルの詩でも書きたいと思ってたところ、(だから勝手に書け)

足もとにあった、デカい落ち葉だと思っていたのがいきなりびょ~ん、と飛び跳ねるではないか。

うわ、なに!?

と思ったら、カエルであった。

1匹2匹じゃなく、8匹9匹くらいいて、わたしたちが道を通ると、左に右にびょ~んびょ~んと飛ぶのであった。

カエルは雨がやたらうれしいような感じだった。

あごをフクフクさせて、飛び上がる足も軽やかである。

カエルはミヤコヒキガエルという種類で、大きなものでは握りこぶし大くらいになる。

そこまで大きくなるにはけっこうな年月を経ているだろうけど、ふだんはまるで見かけなかったので、

雨の日の猫同様、晴れの日のカエルの隠れ方もなかなか上手なものだな、と思った。

しかし、その道。

晴れの日は猫がいて、雨の日はカエルがいる。

なんか、攻守交替のアメフトみたい。



アメフト的なルール? 001





わたしたちにとってはうれしくない雨でも。

カエルたちにとっては「ひゃっほ~、最高!」なのだ。

と思うと、どの天気でもだれかが喜ぶのだから、まあ雨の日は雨の日でいいのかもしれんなあ。

それでは~


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです