ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島 激混み!竹富! ~沸く沸く、沸いてる!八重山 (2)そうだ、今こそアドベンチャー!~ 沸く沸く、沸いてる!八重山 (1)風が好きなんですピンときたかも!!千代の富士の名言を実感する 


激混み!竹富! ~沸く沸く、沸いてる!八重山 (2)

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

今回、八重山諸島を訪れるにあたり、わたしは司馬遼太郎さんの「街道をゆく⑥~沖縄・先島への道」を読んで予習していた。
と、いうのは大げさで。
「街道をゆく」を順に読んでいただけである。
たまたま沖縄編に当たったのだが、これはもう八重山に呼ばれてるとしか思えん、と無理やりに解釈していた。

司馬さんが歩いた当時の沖縄の離島は、いまから40年以上前。
まだまだのんびりとして、観光客もほとんどいないような状況らしかった。
竹富島も交通機関がほとんどなく。
泊まるのは民泊。
しかし、本土の室町時代あたりには竹富島が八重山の総督府だったとかで、古くから開けた島らしい。
だから赤瓦の家が行儀よくならんだ集落ができあがったのだ、
という説明だったような、気がする。

ところが。
2018年の竹富島は。
もうすごいことになってる。
水牛車乗り場でお金を払う。
名前を告げると、順番が来たらお呼びしますといわれる。
帰りのバスはこれこれで、帰りのフェリーの時間にあわせてこれこれこうなってます、と言われる。
受け付けのお姉さんたちはみんなきびきびして、すべてがよどみなく進む。
おかしいではないか。
聞いてた話と違うではないか。

司馬さんのころはまだしも。
以前に訪れた人の話を聞いたところによると、
「のんびりのんびりしてた」
「おじいが水牛車で適当に案内してくれた」
ということだったのだ。

それがいまはすごいのだ。
そこかしこにカネのにおいがあふれてるのだ。
遼太郎ー、竹富島がこんなことになっとるよー!
と思わず天に向かってさけびたくなるくらい、
人とカネがうずまいてるように思えた。

受け付けして少し待つと、わたしたちの名前が呼ばれた。
水牛車にはジャイアンみたいなガイドのお兄さんが乗り込んでいた。
ほかのスタッフはみんな内地から来たらしく、えらくきびきびしていたのだけど。
ジャイアンだけは地元感があふれていた。

水牛車に10名ほどが乗り込む。
と、同時に、満作(水牛の名前)の放尿タイム。
満作は水牛の中でも、いちばんの年長だということで、おしっこも長いのだった。
おまけに行程中、二回もおしっこしていたので、人間も水牛も年取ったら尿関連のお悩みは同じだなと思った。

水牛の満作はゆっくりゆっくり進む。
両側には赤瓦の家並み。
石垣で区切られた集落。
白い砂でできた道。
それはほんとうに美しいのだけど、なんせ人が多かった。
歩いてる人、自転車に乗ってる人、水牛車、
小さな集落にわんさか人が訪れて、家を覗き込むのである。
ここに住んでる人はどんな気持ちなんだろう、と同情してしまうのだった。

ジャイアンいわく、
「家を建てるときにはかならず平屋で、まわりは木の壁と決められています」
ということ。
ひっきりなしに人が通り、家の改築もままならない。
水牛の歩みはのんびりしているが、住民はのんびりどころではないのだろうと想像できた。




竹富、激混み 001




司馬さんのころはほとんど店らしい店もなかっただろうけれども、いまではレストランもあり、外で順番待ちするくらいの混雑ぶりだった。
思わず、
遼太郎ー、今じゃ行列のできるレストランまであるよー!
と叫びそうになった。(勝手に叫べ)

満作の引く水牛車は、後続の自動車を待たせながら、ゆるゆる集落を進む。
ジャイアンはしきりに時計を気にしながら満作をせかす。
なんでも、団体客の予約があるので急いでいるとのことだった。
遼太郎ー、水牛車に団体予約来てるってよー!
と叫びそうになった。(もうええよ)

満作はそれでも急がない。
ゆるゆるゆるゆる進む。
まあ、急いだら水牛車っぽくもないかもしれん。

ゆるゆる進みながら、ようやく元のところに戻ってきた。
一頭の若いオスがいて、なにやら満作をにらんでいる。
ジャイアンのいうところによると、水牛集団の中で満作は一番の長老。
いわゆるボスである。
だから若いリュウというオス水牛から執拗に挑戦を受けるらしい。
にらんでいるのはそのリュウで、なにがなんでも今日こそは決着をつけたるけんね、みたいな鼻息だった。
ジャイアンは必死に満作の気をそらし、どうにかリュウとの一触即発はまぬがれた。

水牛の世界も大変だなあ、と思っていたら。
なんとなんと、この水牛たちの相関図が写真入りで看板になっていた。
リュウと満作はBADで×マークがついている。
思わず、
遼太郎ー、こんなとこまできめ細かいサービスしとるよー!
と叫びそうになった。(別にええやろ)

最後は満作と記念撮影である。
カメラ係のお姉さんの、
「ハイポーズ!」にあわせてシャッターが切られ、
「は-い、バッチぎゅーで~す!」
で終わり。
見ると、満作はまるでカメラ目線でもなく、そっぽをむいている。
でも、
「うわ~、満作の立派な角がとってもよく撮れてますよ~」
とのことだった。
遼太郎ー、なにがなんでもほめに来るよー!
と叫びそうになった。(うるさいよ)

竹富島をじっくり見て回るには、人が多すぎて暑かった。
わたしたちはバスに乗ってフェリー乗り場に向かった。

のんびりした竹富島はきっと、これから先はもうないのかもしれない。

つづく


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

そうだ、今こそアドベンチャー!~ 沸く沸く、沸いてる!八重山 (1)

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

中学校のときに、西表島から転校生がやってくることになった。

イリオモテジマ・・・・・

日本の端っこにある沖縄の、そのまた端っこ西表島。
特別天然記念物イリオモテヤマネコが棲息するという秘境から転校生がやってくる。
いや、そもそも、そんな秘境に住んでる人がいたなんて。
そのうえ中学校があったなんて。
無知な中学生であったわたしは、特別天然記念物がいる地域というだけで、ヤマネコ調査隊しか住めないような島だと考え、
そんなところに住んでるなんて、なんだかすごすぎる。
どんな沖縄少女がやってくるのだろう?
きっと驚くほど色が黒いに違いない。
想像はふくらむばかり。
わくわくしながらその転校生がやってくるのを待った。

やってきた転校生の女の子は、髪が黒く長く、目がくりくりしたかわいい子で、
わたしよりも驚くほど、色が、

白かった。

びっくりした。

もともと和歌山出身だったらしく、ことばもわたしたちと同じ。
父親の仕事の都合で、しばらく西表島にいただけのようだった。

その子は、西表のことを特に自慢するでもなく、
「ヤマネコなんて、いっつも見れるわ~」
などと吹聴するでもなく、ただただまじめな普通の子だった。
そのためわたしの西表島の印象は、こじんまりした島というイメージだったのだ。

しかし西表島は沖縄県の中では、本島に次いで大きい。
日本で12番目に大きい島である。
宮古島よりも石垣島よりも大きいのである。
そこそこでっかい島なのに、人口は三千人もいないらしい。
しかし、そこに面白いものがわんさかあるという。
しかちくは、
「そこでアドベンチャーをしよう!」
とドラゴンボールの主題歌みたいな提案をする。

たしかに、アドベンチャーには限りがある。
松尾芭蕉が最後のアドベンチャー『奥の細道』の旅に出た年齢も、わたしたちと同じくらいの年である。
寄る年波を嘆いているあいだにも年は取る。

ならば!
これからがんがんアドベンチャーの旅をしよう!

という決意をした。

そうして手始めに、西表島に行こう!ということになった。
西表島は本州からは遠いけど、宮古島からは近い。
石垣島からフェリーで40分。
そこにアドベンチャーが眠るのだ。

6月。
じつは沖縄観光の穴場的時期は6月である。
ゴールデンウィークも終わり、梅雨になり、しかし、梅雨も明けかけで、夏のハイシーズンまではまだ間がある。
おまけに夏至をひかえて、やたら日が長い。
暑すぎない。
これほどベストのシーズンはないのではないか?というのが6月なのだ。

わたしたちも宮古島に住んで12年目。
ようやく沖縄観光は6月あたりがいい、ということに気が付いた。

土曜日。
やきもきさせた台風も、どうにか過ぎて飛行機は宮古島から35分で石垣島に着く。

石垣島は11年前、一度来たことがある。
そのときは宮古島よりものんびりしたおおらかな島という印象だった。

が。

石垣島は変貌していた。
目を見開くほどの変化があった。

それはまるで、25歳のときの中学の同窓会。
まじめでおとなしかった子が、髪を赤く染めて全身革のいでたちでやってきてたのと似ていて、

アンタ、この10年で何があったのよ!?

と思わず全身を上から下まで何往復も見てしまうみたいな変わりよう。
以前のおもかげがまるでなくなっていて、宮古島よりもずいぶんと派手な島になっていた。

「活気あるなあ」
と何度言ったであろう。
フェリーターミナルに向かう道は土産物屋やカフェが並び、まるでちょっとしたハワイ感すらあった。
わたしたちはそこからフェリーでまず竹富島に行こうということになっていた。

竹富島といえば、さいきんでは石原さとみさんが恋人と訪れたということで話題になった。
なんだかお忍び感がただよう書き方だったのだが。

アンタ、お忍びなんて、とんでもないよ!
フェリーは満員。
日本人中国人欧米人、ありとあらゆる人でごった返し、どんな優秀な忍者でも、忍べる場所はなさそうに思える混雑ぶりだった。
「これだったら石原さとみ、忍びんな」
「忍びんよ」
というへんてこな会話をしながらフェリーで10分。

竹富島に到着。
竹富島は赤瓦の平屋が並ぶ琉球独特の街並みで有名なところ。
そこを水牛車でゆっくーり回るというのがオススメであるらしい。
わたしたちも水牛車に乗ることにした。

受付場所はお土産物屋も兼ねている。
そこは、観光客でぎゅうぎゅう詰めであった。
活気あるどころではなく、人が多すぎて殺気だってすらいた。

「ここはほんとに沖縄の離島なのか?」

というくらい、観光客であふれかえっていた。



竹富島 001





いったいぜんたい、竹富島には何があるというのだろう?
わたしは少し期待しながら水牛車の順番を待った。



つづく



とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

風が好きなんです

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

梅雨前半はまるで雨が降らなかったのに。

ここにきて大雨のうえ、台風。

も~、

も~、

と、いう気しかない。

金曜日。

モコ日記です。








ぼくはモコです。

三代目文鳥です。

ぼくは風に吹かれるのが好きです。

うしろから扇風機に吹かれて、羽をふわ~っとさせるのが好きです。





風好き 001





夏はこれに限ると思います。

好きなもの、といえば、しかちくさんはいつもなにかを集中して好きになるようです。

この間は「打上花火」という歌を何度も何度も聞いていたし、今はナイツの漫才を繰り返し聞いています。

そして大笑いしています。

なかでも『わたしがおばさんになっても』という歌のネタは、何度も何度も聞いていました。

涙を流して笑っていました。

そんなに笑えてうらやましいです。

そうそう、おばさんといえば、とりぶうさん。

とりぶうさんといえば、いつもナンプレです。

5分でも時間があれば、そそくさとナンプレをやっています。

なんでも、

「飛行機の中で、『この中にナンプレの得意な方、いらっしゃいませんかー?』と聞かれたときのためにがんばってる」

らしいです。

いつかそのナンプレが飛行機でなにかの役にたてたらいいなあと、ぼくも応援しています。







モコはしかちくのTシャツが変わると、とても警戒する。

あまり乗ってゆかなかったりする。

でもわたしが何を着てても気にしない。

何を着てても、基本、ぎゅるぎゅる言う。

なんだか悲しいんだなあ。


それでは~


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

ピンときたかも!!

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

NHK中国語講座の初級の初級をネットで聞いていて、

ふと、ピンときたことがある。

日本語の一人称である「わし」は、

ひょっとして中国語で「わたしは~です」を表す「我是(ウォーシー)」から来たのではないか!

と。

わしは日本人やで、

というのは、

「ウォーシー 日本人」

なので、

声に出して読んでみると、

ナルホド。

「わし、日本人」

に聞こえるのだ。

(※ちなみに、「日本人」の読み方は意外と難しく、正しく発音できないため、「ニホンジン」と読んでます)




ピンときたかも 001



日本料理だと思っている「豆腐」だって、もとは中国発祥のものだし、

漢字その他、あらゆるものが中国からわたってきているのだ。

「わし」が「我是」からきてもおかしくないのだ。

もうすごい発見しちゃったんだから、

と悦に入り。

その決定打を探すべく、ネットで「わし 語源」を検索すると。

「わし → わたくし から来た説」がまさかの有力。

いや、まさかと思ってるのはわたしだけで、常識的に考えたらそらそうなるわな、と落ち着くはずなのだ。

中国語会話をスピードラーニングよろしく聞き流してるので、なんでもかんでも中国語に結びつけたいだけなのだった。

なーんや。

しかし、「わし」と「ウォーシー」は似ているので覚えやすく。

ほかにも「ほんまに!?」という意味で「ジェンダマ!?」というのがある。

書いてみると似てないな。(なんじゃそれ)

そういえば、英語の「WHAT DO YOU MEAN?」(ワッドウユウミーン)も、

「わっ、どういういみ~?」というのと、言い方も意味も似ている。

そうやって覚えると、外国語は覚えやすいかもしれん。

と。

思って、そういえば。

大学受験のとき、語呂合わせで覚える英単語みたいな参考書を買った。

が、

「lament」=悲しむ

というのを覚えるフレーズが、

「ラーメンとは悲しむことだ」

だったということしか覚えてない。

そのうえ、「lament」という単語を、わたしの人生で使った覚えないし。

語呂合わせは役に立たん、ということがわかっただけだった。

地道に勝てる王道なし。

わたしの名言です。(自分で名言て言うな)

そしてわたしは、

王道を歩いたためしなし。

なので、ほんとのとこ地道が王道かどうかはよくわからんのだなあ。

それでは~


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

千代の富士の名言を実感する

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

引退の理由を語った記者会見で、いちばん有名かつ腑に落ちるものといえば、

「体力の限界・・・、気力もなくなり、引退することになりました」

と絞り出すように語った横綱千代の富士のものであろう。

あのときわたしは初めて、千代の富士がつらかったことを知った。

それまでの千代の富士は強すぎて、強すぎて、腹立たしいほどだった。

判官びいきのわたしとしては、王道力士の千代の富士を応援する気にはならなかったし、

なによりも、顔つきがちょっとイケメンなのもどうかと思った。

だいたい力士というものは、ちょいヘチャなのがええんやんか。

まるで動くぬいぐるみみたいに、ころころしてるんがええんやんか。

あんなかっこいいのは力士として反則やんか。

顔でモテたら、それは力士とは言えんやんか。(なんでやねん)

と思っていた。

しかしあの引退会見の真摯さを見て、

ああ、勝負する人はいつも驚くほど一生懸命なんだ、と初めてわかったのだった。

だから千代の富士の現役時代、しっかり応援しなかったことを悔やんだ。

そして月日は流れ。

勝負とは無縁の生活を送っていたはずのわたしに、不意に、

「体力の限界・・・・!」

と感じさせる出来事が起こった。

それも今日の昼ごはんのときに、不意に思ったのであった。

わが家は昼ごはんをわたしたち夫婦と、しかちくの両親と一緒に4人で食べている。

昼ごはんはわたしの担当であり、今日は冷やし中華だった。

わたしの中で、冷やし中華など腹の膨れるものでもない、というイメージがある。

なんでかわからんけど、冷やし中華なんぞは軽く2人前は食べられるという自信があった。

小分けされた袋入りの麺1人前はほんのちょっとである。

わたしは迷わず、5人前ゆでた。

食べ盛りでもないけど、大人4人で5人前の麺なんか余裕すぎるやろ、と思っていた。

なんだったらあたしひとりで5人前の半分はいけるんちゃう?くらいに思っていた。

が。

結果は惨敗だった。

麺が余った。

たしかに具もたくさんあったのだけど、それにしても、である。

どうしても麺を食べられる隙間が、もう胃のほうから「ない」と言う。

麺はきっかり1人前、余っていた。

あれくらいの麺を食べきれなかった自分に対し、心底、がっかりした。

そのときに思い出したのが、千代の富士のあの言葉である。




体力の限界 001




体力の限界・・・・!

というか、

食欲の限界・・・・!

と思ったのだった。

しかし、その後、スイカは不思議と食べられた。

それも人一倍食べた。

たぶん、

別腹の存在・・・・!

があったのだ。

そしてそれは、

中年の心配・・・・!

であるメタボ腹を作ることになり、

適切な運動・・・・!

に日々励めよ、という忠告を受けることになり、

口ばっかりでやらん・・・・!

という体たらくになってしまい、

いや、ちゃうねんちゃうねん、いまはあーでこーでそーやからできへんねん、と、

言い訳の天才・・・・!

として名をはせることになるのであろう。

まあとにかく。

食欲がなくなったような、そうでもないような、という話です。

それでは~


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです