あなたができるまでショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  あなたができるまで 1 ポジティブだ!~あなたができるまで 2缶詰スパゲティ ~あなたができるまで 3ラストじゃないよ~あなたができるまで 4芸のためなら女房泣かす~あなたができるまで 5 


あなたができるまで 1 

テーマ : エッセイ ジャンル : 小説・文学

みなさんこんにちは。

明日12月15日は娘 うさQ の誕生日です。

そこで、というか、前から書きたかったことなんですが。

ニュージーランドで娘を妊娠してから日本で出産するまでを、娘に語るという形で連載していきたいと思います。

なにぶん、行き当たりばったりを人間にしたら、わたしになる というくらいいい加減で飽きっぽい性格なので、ときどき脱線するかもしれませんが、お付き合いいただけたらうれしいです!




『あなたができるまで』

娘よ。

わたしはまったくデキのよくない母なので、たいしたことはあなたにしてやれない。

いい加減な人間だということを、ブログで公言し続け、また現実の生活でも目の当たりにしながら。

ときどき母というのはこんなに頼りにならないものか、とも思っているかもしれない。

そしてまた。

この記事を読んで、とりぶうめ・・・とつぶやくかもしれない。

それはそれでよし。

わたしは覚えているうちに、あなたがこの世に出てきた記録を残しておきたいと思う。

あなたが産まれてきて、ほんとにうれしかったんだということがわかってくれたらいいと思う。

そうあれはもう12年以上前。

わたしはしかちくとニュージーランドに住んでいた。

しかちくは小柄ながら、夢の大きい男。

世界一周をするためにニュージーランドを皮切りに、アフリカ、アジアと放浪したいと思っていたんだ。

世界というのはしかちくにとって、勉強するものではなく、経験するものなんだ。

だから彼は世界史とか地理が嫌いだったんだよ。

いや、半分は言い訳だけど。本人はそう言ってるよ。

でも、足手まといになる気まんまんのわたしを連れて行ったんだから、チャレンジャーだよ。

ニュージーランドは北島と南島にわかれていてね。

北のほうがあったかいというのがおもしろいよね。

南半球だから。

しかちくはそれはそれは熱心に英語を勉強してね。

単語力では英語学校のだれにも負けないくらい、夜も遅くまで勉強していたよ。

わたしはそれを目を細めながら見ていたよ。

そして、目を細めたまんま、いっつも寝ていたよ。

そんなもんだから、わたしの英語力は かんばしくなかったよ。

南島で一番の都市、クライストチャーチで日本語のアシスタント教師をつとめたしかちくは、子どもたちにもずいぶん好かれてたよ。

しかちくはどこに行っても友だちをつくるのが上手でね。

わたしは反対に、人見知りするものだから、なかなかとけこめなかったよ。

それでも懲りずに、いろんな集まりにわたしを連れてってくれるしかちくには、何度も感謝したよ。

そして、日本語教師の期限が過ぎて、わたしたちはニュージーランド一周することにした。

とくに行きたかったのがミルフォードサウンドのトレッキング。

『見るフォード』っていうくらいだから、見所がたくさんあってね。

ダジャレがつまらないとか、思わないで読みすすめるんだよ。

2泊3日で山小屋に泊まりながら、トレッキングに行こうとなったんだ。

ちなみにトレッキングというのはハイキングの超しんどい版だよ。

わたしはナマケモノだけど、山歩きは得意なんだ。

ワイは紀の国のサルや!

というのがキャッチフレーズでね。

いそいそと用意したよ。

大きなバックパックに15キロもの荷物を詰め込んでさ。

前日にはカンガルーのステーキなんかも食べたよ。

味?

カンガルー味だよ、そりゃ。

赤身でしっかりとしたうますぎない肉だったよ。

ところがね。

当日。

朝からやけに気分がわるい。

わたしは思ったよ。

カンガルー肉が消化しきれずに残ってるんだと。

カンガルーの怨念がおんねんな、と。

くだらないのも、わたしの売りだよ、がまんしておくれ。

歩いてたら治るだとうと思ってたけど、一向に治らなかった。

だから。



あなたができるまで1 12・14



背中の15キロが耐え切れなくて、ギブアップしたよ。

紀の国のサル、現場を去る、だよ。

しかし、いつまでたってもムカムカはおさまらない。

もしやと思って、薬局に行ったんだ。

すると。




つづく

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

ポジティブだ!~あなたができるまで 2

テーマ : エッセイ ジャンル : 小説・文学



※よろしかったら(1)からお読みください→あなたができるまで1


娘よ。

ニュージーランドでいろんな人に出会ったけど、一度しか会っていないのに記憶に残ってる人もいる。

薬局の男の店員がそうだった。

わたしはしかちくと薬局に行き、おそるおそる

「妊娠検査薬ください」

と言ったんだ。

するとね。

店員さんはこれ以上ないというくらい、ハッピーな顔をしたよ。

紅白出場決定みたいなテンションだった。

親戚のおじさんかよ、と言いそうになったよ。

彼は丁寧に妊娠検査薬の使い方を教えてくれた。

「尿をかけて数分待つと、ここにピンクのラインが出るから。

この窓に出たらポジティブ(陽性)ってことだからね」

と トイレまで付いてきかねないくらいの陽気さだった。

わたしたちはそれどころじゃなくってさ。

そそくさと薬局を出て、トレッキング事務所のトイレに駆け込んだんだ。

尿をかけて数分なんて待たなくてもよかった。

どきどきする間もないくらい、結果はすぐに出た。

ポジティブ。

窓にピンクのラインがくっきりと現れた。

その瞬間、それまで『妊娠してたら困ったことになる』と思ってたわたしの心に浮かんだのは、

まぎれもないハッピーな感情だったんだ。

そう。

あの、テンション間違ってた薬局の店員とおんなじような表情になってたと思う。

トイレを出てしかちくに報告すると、しかちくは言葉が出なかった。

わたしが有無を言わせず、「産む」と言ったので、長いこと、言葉がでなかったよ。

ここ、ダジャレになったのわざとじゃないよ。

断っておくけど、娘よ。

あなたがうまれてきたことは、当然、しかちくも祝福してることなんだ。

でもきっと、あなたもオトナになったらわかると思うけど。

男っていうのは、夢を食べてるときがある。

しかちくの頭にそのときなにが浮かんでたのかは、わからないけど。

わたしがすでに母になる気持ちが芽生えてたのとは裏腹に。

未来とか夢とか責任とか父親になるとか、いろんな感情が入り乱れてどうしたらよいのかわからなかったんだと思う。

それでもとりあえず時間はあった。

トレッキングを中止したため、することもなく。

とりあえずミルフォードサウンドを見ようってことになった。

ここは『見るフォード』というくらいだから見所がたくさんあってね。

このくだり、前回も書いたけど、気に入ったからもう一度使ってみたよ。

押しの強さも、わたしの長所のような短所さ。

ミルフォードサウンドっていうのは、フィヨルドだよ。

入り組んだ海岸線がそれはそれは美しくってね。

どれくらい美しかったかはあんまり覚えてないけどさ。

なんにもないところでキャンプしたのは覚えてる。

キャンプとはいえ、外で寝るには寒すぎるから車で寝たよ。

キュウクツな車でろうそくを灯していろんな話をしてさ。

水道も何にもないから、川の水を飲んだ。

毎日、青すぎるくらいの空があった。

そしてかならず虹がかかってた。

虹を見て思ったよ。



あなたができるまで2 12・15



あの検査薬のポジティブはわたしたちの運命を変えた。

でも、ポジティブに変えなければ意味がない。

そのときそんなこと、たぶん思ってなかったけど。

かっこいいから、そういうことにしておくよ。

妊娠初期の旅は辛い時期もあったよ。

それはね。



つづく

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

缶詰スパゲティ ~あなたができるまで 3

テーマ : エッセイ ジャンル : 小説・文学
(1)から読む→あなたができるまで


娘よ。

妊娠したとわかってから、しかちくは夢との兼ね合いで苦悩し、わたしはつわりで苦しんだ。

いや、ほんとのことを言えば、わたしはじつはそれほど苦しまなかった。

か弱ぶってごめん。

朝起きるとちょっと気分が悪いな、という程度で、モノを食べると治る。

吐くなんてこともまったくなく。

川の水を飲んで、缶詰のスパゲティを食べても、おなか下すこともなかった。

いたって、健康体だったよ。

缶詰のスパゲティについては、ちょっと言いたいんだけどね。

ニュージーランドのキャンパーたちは、みんなよろこんで缶詰のスパゲティーを食べてるんだけどさ。

あれって、『ジャイアンの心の友』だよ。

『のびのび太』ってことよ。

いちいちくだらんとかいう感想は、つぶやくくらいにしとくんだよ。

読んですぐに「お母さんくだらんかった」とか言うんじゃないよ。

べとべとの ケチャップまみれの のびのびスパゲティなんだけどね。

オトナも子どもも大喜びさ。

缶ごとフォークを突き刺して食べるんだけど。

それがかっこよく見えてさ。

ワイルドなキャンパーって感じがイカシテルって思ってしまってさ。

チャレンジしたんだよ。

はげしく ムリだった。

スキニージーンズくらい、わたしにはムリだったよ。

ケチャップ味の おもゆ かと思った。



あなたができるまで3 12・16


彼らにはアルデンテとかいう概念、ナイデンテ。

なんでもカンづめにしようと思ったらあカン。

あ、これ以上のギャグはもうムリだよ。

むりむりむりむりカタツムリだよ。

おっと、まだギャグがあったよ。

油断してたね。



わたしたちは基本、自炊してたよ。

お米もカップラーメンも売ってるからね。

でも日本では普通に見かけるのに、ニュージーランドでは手に入りにくいものがあってさ。

練り製品。

かまぼことか、ちくわとか。

食べたかったなあ。

しかちくが世界一周の夢を見てるころ、わたしはおでんの夢を見てたよ。


わたしはあまりにも苦悩するしかちくに対して、どう接してよいかわからなかった。

だから自分が健康にいることだけを考えて、よく食べた。

その心構えは今も変わらないよ。

わたしからよく食べることをとったら、もう魅力はないと思って欲しい。

もしわたしがボケたとして

「もうそろそろひるごはんやなあ」

と言っても、

「ひるごはん食べたよ!」

といわないで、何度でも食べさせて欲しい。

それがわたしの望む親孝行だよ。



しかちくは、あなたをニュージーランドで産んで、そのまま海外にいたいと思っていたんだけれど。

わたしはとてつもなく不安で。

日本に帰りたいと言った。

「あたしが、しかちくを幸せにするから。

ぜったい、幸せにするから」

と説得した。

わたしの頭には『101回目のプロポーズ』の武田鉄矢が、あきらかに回っていたよ。

しかちくはしぶしぶしぶしぶ承知した。

もしあのとき。

しかちくが承知していなくて、あなたをニュージーランドで産んでいたら。

今頃英語ペラペラだったのに。

なんて、思うこともあるけどさ。

なにひとつ、わたしは後悔していないよ。

それよりも、わたしにはしかちくを幸せにする使命があって。

一生かかって、それはやっていかなければ、と思っている。

日本に帰ることを承知したしかちくは、日本の両親に、

そうあなたのおじいちゃんおばあちゃんに、電話したよ。



つづく

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

ラストじゃないよ~あなたができるまで 4

テーマ : エッセイ ジャンル : 小説・文学


※よろしかったら最初からどうぞ→あなたができるまで



娘よ。

そのときのわたしたちの気持ちは、120%は伝わらないと思う。

当たり前だけどさ。

120%っていったら伝わりすぎて、余計なせんさくのひとつもしたくなるくらいだよ。



わたしはあの場所を一生忘れないよ。

しかちくが日本に電話をかけたあの町。

話し込みながら歩いたら、町が終わってることに気付かないくらいのそんな小さな町だった。

『RUST(ラスト)』という名前の小さな町。

ところがさ。

今調べたら、『RUST』なんて町、ありゃしない。

辞書で調べたら、RUST=錆び と出たよ。

なんだよそれってハナシさ。

あるのは『ROSS(ロス)』だったよ。




あなたができるまで4 12・17


自分の思いちがいを棚に上げて、思い出返せって思ったよ。

わたしはてっきり『ラスト』だと思って、しかちくにもことあるごとに

「ラストは忘れられへんわー」

となつかしい目をして語ってたというのに。

ラストの何が忘れられへんのかと、その自分にからんでやりたいよ。

ラストにひっかけて、なぞかけのひとつでもぶちまかしてやろうと思ってたわたしの思惑まるつぶれで。

それこそ時間のロスやで。

時間の、ロスやで。

ドンマイ。



とにかく。

その町には宿泊施設は一軒しかなくってね。

宿とレストランと町の溜まり場をひとまとめにしたようなところだった。

わたしとしかちくはやたらけばけばしいカーテンのかかったレストランで食事した。

夕方すぎ。

近所の人たちが常連顔をして店に集まってくる。

わたしたちは明らかに場違いだったよ。

夏休みの初日に足を骨折して入院するみたいな、取り残されっぷりだったよ。

わたしたちはハイテンションなニュージーランド人を横目に、話をした。

話し合いの結果、しかちくの実家のレストランを手伝わせてもらうことにした。

それはわたしが薦めたことで。

しかちくは長いこと、迷っていたと思う。

だってね。

あなたもそのうちわかると思うけど。

期待されて大人になって。

意気揚々と海外にやってきて。

期待を裏切って日本に帰るなんてこと、やっぱりそうそうできっこないんだ。

両親に愛されてるとわかっていればいるほど、帰るのがつらいもんなんだ。

だれしも、親には立派な自分を見せたいと思う。

でもそれが出来なかったら、出来ない自分で頑張ってゆくしかない。

たとえどれだけ醜い姿だと思ってもね。



場違いなレストランを出て、わたしはベッドしかない小屋みたいな部屋に帰り、しかちくは電話ボックスに行った。

長いこと、帰ってこなかったよ。

長いこと待った。

怖かった。

非難されたらどうしようとどきどきした。

そして、帰ってきたしかちくは、涙のあとが見えた。

しかちくが電話でどんなことを言ったか、よくは知らない。

大阪のおとうさんとおかあさんは、

「おめでとう」

と言って帰ることを喜んでくれた。

そして、無事にいるようにと願ってくれた。



もしあなたが、生きてるのがつらいと思ったりしたとき。

思い出してほしいよ。

あなたの誕生はみんなに祝福されていたんだということを。


そうしてね。

もうひとつ、思い出してほしいのが、このブログのタイトルだよ。

とりぶうの読むコント

になってるのに、なんだかシリアスなことになってるのは、なんやねんと。

ただ、言えるのは、シリアスはこの先、それほどないよ。

この場面がいちばんシリアスで。

これがいちばんシリアスやったら、とりぶうシリアス下手っ、と突っ込んだらいいよ。

ただし心の中で。



つづく

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

芸のためなら女房泣かす~あなたができるまで 5

テーマ : エッセイ ジャンル : 小説・文学

※よろしかったら最初からどうぞ→あなたができるまで


娘よ。

あなたがおなかの中で8ヶ月まで育ったら、日本に帰ることにして。

とりあえずそれまでは旅行することに決めたよ。

病院も行った。

とりあえず順調らしく、わたしのつわりもだんだんなくなりつつあり、食欲も出てきた。

しかちくは帰るまでにやりたいことを精力的にやりだした。

思い出して欲しい。

今年ディズニーシーに行ったときさ。

わたしたちがセンターオブジアースというアトラクションに並んでる間、しかちくはトイレに行くと言って、弟をともなって、海底2万マイルに乗ってきたよね。

あのとき、となりに並んでたカップルの男の人の「トイレにはいませんでしたよ」という証言により、すぐにばれることになったけど。

ザッツ・しかちく。

芸のためなら女房泣かす男さ。

楽しむためなら少々の犠牲は覚悟。

嫁の罵り(←犠牲)を受けてでも、楽しんだもん勝ち、というそういう人なんだ。



ニュージーランドでもそれはかわらず。

わたしを置いてひとりで氷河ツアーに行っちまったよ。

あなたができるまで5 12・20


そしてのちのち、

「ニュージーランドでどこがいちばんよかった?」

と聞かれると、

「氷河」

とこたえていたよ。

なにそれってハナシよ。

そういえば、オーストラリアでもそうだったよ。

(くわしくはこちらを→)西オーストラリアコンチキツアー

わたし抜きで行ったサンドバギー体験がいちばん楽しかったって。

いまだに おいしいラーメンの味を思い出すみたいな、きらきらした目つきでこたえるよ。

わたしはいつも思うよ。

じゃあなにかい?

あたしがいないほうが、楽しめるってことかい?

と。

そうすると、あたしと結婚しないほうが、人生楽しかったってことかい?

と。

「うん」

とこたえられると困るので、聞かないことにしているよ。

とりぶうだけに、チキンハートの持ち主さ。

とにかく、彼は楽しみにこだわる男だ。

そして、わたしは食にこだわる女。

妊娠してからわたしの食に対する意気込みはすごみを増してきた。

ふたこと目には

「しゃぶしゃぶ食べたい」

と言ってたよ。

ちなみにひとこと目は

「おなかすいた」

だけどね。

ニュージーランドにはスライスの肉がなくってね。

あるのはステーキにするぶ厚い肉ばかり。

白菜とか、しいたけとか、春菊とか、そういうあれふれた野菜たっぷりのしゃぶしゃぶは、とても手に入れにくいものだった。

そんなときわたしは首都ウェリントンに日本食レストランがあるという情報を手に入れた。

こうなったらウェリントンに行くしかない!

わたしの心は決まったよ。



つづく

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです