体験ダイビング体験!記ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  体験ダイビング体験!記 (1) ~ウソを見抜けず耳抜けず~ 


体験ダイビング体験!記 (1) ~ウソを見抜けず耳抜けず~

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

みなさんこんにちは。

ワイは紀の国のサルや!山登りは得意やで!

と、豪語しているわたしも。

海の中はからっきしダメでした。

だって紀の国、海ないもん。(まわり海だらけやん)

きちんと息つぎをしながらクロールで泳ぐことができるようになったのは26歳のときだし、

足のつかないところで立ち泳ぎがこわくなくなったのは、宮古島に移住してから。

すでに35歳でした。

そんな泳ぎデビューの遅いわたしに、あるお誘いが舞い込みました。

「宮古島に行くので、いっしょにダイビングをやってみませんか」

というお誘いが。

誘ってくれたのは関西在住の友人、キューピー夫妻。

キューちゃん(夫)もピーちゃん(妻)も、数年前にダイビングをはじめて、すっかりその魅力にハマってしまい、

「宮古島みたいなダイビング天国に住んでダイビングをしないのは、

香港に行って飲茶を食べずにマクドナルドのハンバーガーを食べるようなものである!

いや、アフリカのサバンナに行って、ペットショップのインコだけを見て帰るようなものである!

いやいや、買い物しようと町まででかけたが財布を忘れたサザエさんである!」

と、ありとあらゆる殺し文句、は言いませんでしたが。(言えへんのかい)

「ぜったい楽しいって!」

と力説するので、しかちくが、

「ぜひやってみようではないか!」

と大乗り気。

「だいたい、オレは宮古島でいちばんやりたかったことはダイビングやねん。

移住する前からずっとダイビングやりたいって言うてきたやろ?

ついにそのときが来た!風が吹いた!」

ともうやる気まんまん。

そのうえ、

「オレひとりだったら、とりぶうぜったい『やる』って言えへんからな」

とイタイところをつく。

はらたつ。

おもえば。

17年前、オーストラリアを2ヶ月旅行中に、ひとりでダイビングライセンスをとりにいったしかちく。

当時妊娠中のわたしはとくにダイビングに興味もなかったので、

一応、「あんた、妊婦おいてひとりでダイビングって、いい身分やな」的ないやみは言ったものの。

重いタンクをしょって海にもぐるなど、わたしの人生、いくら長くてもないな。

とばくぜんと思っていました。

しかし、しかちくはそんなことはつゆしらず。

わたしにもいつかダイビングをやらせてやろうという野望をいだいていたらしく。

移住してからも一貫して、

「海にもぐるには耳抜きができないとあかん。

ダイビングの基本。

これができないと耳を傷める」

と、海に行くたびにわたしに耳抜きできるようになれと指示。

耳抜きというのは鼻をつまんだまま息を吐いて、耳の気圧をととのえる作業。

小学生だった子どもたちといっしょに、水中耳抜き特訓をしていたのですが。

あるときカメ氏が、

「耳抜きできた!」

とイチぬけ。

ほどなくしてうさQも、

「できるようになった!」

とニぬけ。

あとはわたしだけになったのですが。

元来のナマケモノ。

切磋琢磨する相手がいなくなったら、ひたすらマイペース。

のら~りくら~りとしかちくの小言をやりすごしていたのですが。

右の耳はふつうに抜けるのですが、左がどうにも抜けにくい。

右はプシュとすぐに抜けるものの、左はブジジュジュ、と抜けてるのかどうかわかりにくいのです。

あまりにもしかちくや子どもたちに「耳抜きもできへんのか」とバカにされるものだから、

ここはわたしもがんばってるというところを見せようと、

あるとき、

「できた!」

といいました。

いいましたが、ほんとうはできてませんでした。



耳抜けず 2015 11・2




耳抜きするのはヘタクソでも、言い逃れは上手な女、とりぶう。

耳抜きできたかどうか、確認することなんてそうそうないだろうから、べつにちゃんとできてなくてもええやん。

くらいに思っていたのです。

ところが。

ここに来て、耳抜きできてナンボの世界、ダイビングにチャレンジときた。

しかちくは、

「とりぶう、もう耳抜きできるから大丈夫やな」

と言うので、正直に、

「あれ、ウソやねん」

と答えました。

「・・・え?」

「あのな、あたし耳抜き、ちゃんとはできへんねん」

「でも、できるようになったって言うてたやん」

「あれ、ウソやねん」

「・・・え?ウソなん?」

しかちくは遠足中止になったと聞かされた小学生みたいな、えもいわれぬ悲しげな表情をうかべました。

「いや、できるようになることもあるとおもう」

わたしはしかちくが気の毒になって意味不明の気休めをいいましたが、しかちくはきゅうに大笑いし、ひとしきり笑ったあと、

「とりぶう、ようそんなウソつけるなあ」

となにか珍獣でも見たような顔つきでしみじみといいました。

しかしそれでもときは進む。

3週間後にダイビングに挑戦。

わたしも腹をくくって耳を抜くときがきたのだな、

とにわかに緊張感がおなかの中をぐるぐる泳ぎまわっているのでした。


『体験ダイビング体験!記』つづきます。


それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     リンクエリア1
このバナー使ってほしいな!
ショートショートとりぶうの読むコント宮古島へのリンク
右クリックで名前をつけて
画像を保存して使ってね。

相互リンク一覧も見てね

のぶちんと神様の日記
ずっと♪CuteMama
今日は何しましょうか?
自分を探して
現代語訳「今昔物語」
one more time
空想Cafe 日ごろ景色
モエレ沼公園通り
プリモプエル奮戦記
ゆみぴい日記
宮古島に移住した介護士のブログ「ゆうむつ青板」
うつ病トマト自分探し旅
すくわか グルメ
羊飼いな日々
日吉丸の買い物日記
デイリー・ロク
哲雄&AKIの不純愛講座
「おとなの恋愛小説」倶楽部
雨のち虹。時々とまと
線香花火
OLミユキさん
癒しの宮古島
宮古島ナビ
宮古島オンライン
もう少し生きてみようじゃないか
トモにゃん日記
官公庁のバイトさん
~怪しい探検隊~
アパート経営で副業生活
ちょっと一息
健康・薬・美容のあれこれ
kurosio note
サミタ帝愛カジノ『沼』攻略への道
路地裏ニライカナイ
腹ペコ番長の三ツ星ブランチ
1日10分 1年で創る自分史
COCOマミーのケ・セ・ラ・セ・ラ
きのこにっき
こころと体に光を
こころのかたち。
日本一のみかん農家
いしまり総統の独身OL帝国
笑い話千夜一夜
ノラ家の日常・非日常
人生楽ありゃ苦もあるさ
FIELD & STREAM
するめ日記
ワクワクの森
短編物語
クマゴローYOGIYOGI
ぽんぽこりん日記
シナモン「飛行船の殺人」
小説人気ランキング娯楽部
りくの日記
回転!揺りイス固め
ドラッグストア店長日記
通販ショップ Ring
眠気耐えられないサラリーマン
のほほん お散歩日記
あざらし☆BEAUTY
ガケップチ我が侭コラム
過ぎ行く日々の雑事
富山市・中心街通信
リハビリ病棟は今日も大笑い
よっちゃん’s BAR
さぼりのクリーニング日記
トビナナフシ日記
映画レビュー
極楽トンボの思うこと

リンク切れと判断した場合は削除しますが、見落としてリンク切れと判断してしまった場合は教えてくださいね。
FC2リンクに追加する



     おかげさまです

     ランキング
人気記事ランキング10
面白いサイトがいっぱいなのでぜひ見に行ってくださいね。自分のブログにリンクを貼ってクリックするだけで参加できます。SNSからのリンクはカウントされません。