三代目日記ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  ぼくはモコです圧がすごいんです情念です大岡裁きですクリスマスはキリスト誕生日ではないんです 


ぼくはモコです

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

関東では何十年ぶりかに11月に雪が積もったらしいけど。

南の海に目を向けると、

もうすぐ12月になるというのに、台風ができてる。

宮古島では移住して初めて、今年、台風がひとつも来なかった。

ありがたいのだけど、そのせいか雑草の伸びがハンパなかった。

なにごともプラスとマイナスがあるな、と思った金曜日。

三代目文鳥モコの日記、はじまります。






ぼくはモコです。

三代目文鳥です。

先代が死んですぐ、ホームセンターから買われてやってきました。

毎日毎日、ぽぽぽぽひょひょひょひょ、鳴いていたらいつのまにかこの家にやってきてました。

あのときには、ぼくの名前は「ぶんちょう」だと思っていたのですが、この家ではやたらモコモコといわれるので、ぼくの名前は「モコ」なんだ、と気付きました。

しかし、「モコ」ってじつはスペイン語で「鼻くそ」という意味らしいです。

それを知ったあとも、飼い主であるとりぶうさんもしかちくさんも、ぼくの呼び名を特に変える気配もありません。

ぼくは鼻くそと呼ばれ続ける運命なのかと思ったけど、考えてみればスペイン語を話す人などこの家にいないのだから、べつに気にすることもないのだと思いました。

この家に来て12日。

最初は何が起こったかわからず、ただただじっとしていたのですが、おなかがすいたりのどがかわいたりするので、とりあえずカゴの中のものを摂取することにしました。

純粋においしいです。

外の鳥さんたちと違って、自由に飛びまわれることはありませんが、エサがたくさんある状態はいいものです。

考えてみれば、ホームセンターにいる鳥さんたちは、いまだ固有の名前をつけられずにいるのだから、ぼくはラッキーなのかもしれません。

ほんとうのところ、外で飛んだりしてみたいと思っています。

でも、このあいだ、しかちくさんがぼくをつかもうとしたとき、逃げ回ったひょうしにカゴから外に出てしまいました。

あっ!と思ったのですが、条件反射で逃げようとしてしまい、あちこち飛び回って壁にぶつかり大変でした。

外の世界はきびしいものです。

いまのところ、カゴの中だけの生活ですが、ここからいろんなことを発見したり観察したりしてゆきたいと思います。

よろしくお願いします。







よろしくおねがいします 2016 11・25





三代目モコ日記はじまりました。

キャラがまるで先代と違います。

今度は長く続けられるといいなあ。


それでは~


とりぶう


少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

圧がすごいんです

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

最高気温が25度を切るようになると。

おなかが空きやすくなる。

しょっちゅうぐーぐー鳴ってる。

こんなときは学生じゃなくてよかったと思う。

学生のときは恥ずかしくて恥ずかしくてしょうがなかった。

が。

いまはおなかの音をとくに恥ずかしいとも思わない。

いいのかわるいのか、金曜日。

モコ日記です。








ぼくはモコです。

三代目文鳥です。

じょじょにとりぶうさんやしかちくさんとの生活にもなれて、朝から歌を歌いたくなる毎日です。

新しい朝というのはどうしてこんなにも気持ちがよいのでしょう。

夜になると何も見えなくて不安なのですが、朝が来ると、ものごとの輪郭がはっきりして、やる気がわいてくるのです。

今日はなにが起こるだろう?

そんなわくわくした気持ちになってきます。

このあいだから、毎朝、しかちくさんの指をつつけるようになりました。

しかちくさんは毎朝毎朝、根気よくカゴの外から指をのぞかせてきます。

ときどきエサがのせられてることもあります。

豆苗という、緑色の葉っぱのときもあります。

ぼくは最初は不安だったのですが、勇気を出してつついてみました。

思ったよりも怖くなかったのでほっとしました。

しかちくさんは大喜び。

さっそくとりぶうさんに報告していました。

とりぶうさんは、

「うらやましい」

と怖い顔をしています。

その後、しょっちゅう指をがしがしとカゴに差し入れてくるのでそれもまた、ちょっと怖いです。

そして、

「モコモコ、モコモコ、モコちゃ~ん」

と、猫なで声でぼくを呼びます。

ぼくは怖いのでまだとりぶうさんの指はつつけていません。

それを見たしかちくさんが、

「あれ~、これはしかちくさんの指じゃないぞ~」

とへんな声を出して言います。

とりぶうさんはますます怖い顔になって、

「モコ、モコ、豆苗食べ!」

と豆苗をいっぽん、ひらひらと差し入れてきます。




圧が。 2016 12・2



ほんとうはぼくはそれほど豆苗は好きではありません。

先代が好きだったらしいですが、ぼくは穀物が好きです。

人間さんも、若い男の子はジャンクフードや炭水化物が好きだといいます。

先代は女子だったので、意識が高かったのかなと思います。

とりぶうさんはぼくがつつかないと知ると、カゴに手を入れてむりやりぼくをつかもうとします。

ぼくは逃げました。

怖かったです。

とりぶうさんの圧がすごくて、ぼくにはちょっとハードルが高いです。

とりぶうさんにしてみたら、しかちくさんに一歩リードされてるのが悔しいらしいです。

なんだか、昔話によくある設定みたいです。

やさしいじいさんと意地悪ばあさん。

あれは舌切りスズメのお話だったでしょうか。

あるいは、正直じいさんと隣の欲張りじいさん。

とりぶうさんの圧がもう少し弱くなったら、つついてみたいと思います。






モコは今のところしかちくの指しかつつかない。

うらやましすぎるんだなあ。

それでは~

とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

情念です

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

うちの庭には、年がら年中。

かわるがわる3、4匹の猫がやってきては、なにやかやしてる。

夏場はおもにセミを捕獲していた。

今は何をしてるのかと思ったら、蝶を追っている。

冬にも蝶がいるのが当たり前に思えるようになったら南の島生活も長いといえるな。

うららかという言葉がぴったりの金曜日。

モコ日記です。





ぼくはモコです。

三代目文鳥です。

人間さんがみんな、かわるがわるぼくのカゴに指を入れては、

「つつけ、つつけ」

というので、がんばってつついています。

それでみみなさんが機嫌がよくなるのなら、ぼくもうれしいです。

でも、このごろしかちくさんが、

「モコのおなかさわったわ~」

と毎日のように言います。

ぼくはおなかをさわられた感触はそんなにないのだけど。

ひょっとしたら、朝、しかちくさんの指をがじがじ噛むのがぼくの日課なのですが、そのときだと思います。

とりぶうさんはなんともいえない悲しそうな顔をしていました。

しかちくさんはそれを面白がって、

「モコのおなかはふわふわというよりも、筋肉質でつるんとしてる」

と詳しく語っています。

憤懣やるかたないという表情のとりぶうさんが、今日、カゴの中に手をいれてぼくをつかみにきました。

あちこち逃げ回っても、しつこく追いかけてくるので、女性の恨みというのはおそろしいものなのだなと、若輩者のぼくでも思ったくらいです。





びっくりしたなあ 2016 12・9



とりぶうさんは歴代の文鳥が、自分にいちばんなついていたということがあるので、ぼくのこともいちばんになつかせられると踏んでいたのでしょう。

ぼくもなつきたい、という気持ちがあるものの、なんだか怖いというほうが勝ってしまい、ついつい慣れ親しんだしかちくさんのほうの指をがじがじ噛むことになるのです。

とりぶうさんの焦りが指先から伝わってきて、余計噛む気がうせます。

情念こもった手編みのマフラーが怖いのと同じなのかもしれません。

感謝はしてるのですが、もうすこしそっとしておいて欲しいなあ、と思います。






モコにようやくつつかれるようになったものの。

いまだ、一番人気はしかちく。

もやもやするんだなあ。

それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

大岡裁きです

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

ようやく、宮古島にも長袖登場するくらい、寒くなってきました。

厳密にはまだ涼しいくらいの気温だけど。

今年はなが~いこと熱帯夜が続いたので、涼しい夜は寝やすい。

寝やすいと起きにくい。

とかくこの世はシーソーだ。

と、夏目漱石は言ったり言わなかったりしましたが。(言ってない)

ゆっくり寝られる週末をひかえた金曜日。

モコ日記です。






ぼくはモコです。

三代目文鳥です。

とりぶうさんとしかちくさんの家にやってきて一ヶ月がすぎました。

ときどきしかちくさんの指をつついたりしながら、平和な日々を送っています。

でもひとつ平和じゃない瞬間があります。

それは毎日、ぼくをつかまえようとする手がカゴの中に入ってくることです。

その手はしかちくさんのときもあり、とりぶうさんのときもあります。

ぼくは逃げ回るのが得意なので、つかまらないようにしているのですが、つかまってしまうことがあります。

それはだいたいしかちくさんのときです。

しかちくさんの手にはなにか油断させる効果があるというのか、どっしりしてるので安定感があっていいというのか、なんだかふらふらとつかまってしまうのです。

それを見た意地悪ばあ・・・じゃなかった、とりぶうさんは、

「ええなーっ、ええなーっ、うらやましーなーっ」

とひたすらうらやましがります。

そして我も、というように手をカゴの中に入れてきます。

でもとりぶうさんはまわりのみなさんが口をそろえていうように、手がとても小さくて不器用。

俊敏さを売りにしているぼくがつかまるということは、まれです。

だから悔しまぎれに、

「大岡裁きや」

なんてことをつぶやいています。

なんでも、ひとりの子どもを取り合いした二人の女がいて、お互い自分の子だと主張します。

それで、大岡さんというお方は、

「片方ずつ手を引っ張ってみよ。引っ張って勝ったほうが母とする」

とおっしゃったそうです。

女たちは力まかせに引っ張るのですが、痛がる子どもは鳴き・・・いえ、泣きます。

それを見た女のひとりが思わず手を離すのです。

引っ張り勝ちした女は喜ぶのですが、それに反して大岡さんは、

「痛がる子どもの手を離すのが本当の母親だ」

として、手を離した女を本当の母とするらしいのです。

それをたとえてのことだと、とりぶうさんは言うのです。

ぼくはその意味がよくわかりません。

もしかしてとりぶうさんは、わざとぼくを捕まえないのが母心、みたいなことを思ってるのでしょうか。

自分の不器用さがぼくを取り逃がしているということを認めたくないために、そんなでっちあげのことを言うのでしょうか。

でもぼくは思うのです。

母心というのなら、カゴの中でぼくを捕まえにこないでほしいです。

あれは心臓に悪いです。

ぼくは鳴いてるヒマもないのですから。

ところで、このところ、ぼくの近くにぼくの色に似たものが置かれています。

おなかになにか書かれている文鳥のようなもので、仲間なのか、なんなのか、よくわかりません。




仲間? 2016 12・16




しかちくさんの持ち物らしいです。

とりぶうさんはそれを見て、

「しかちくはまたモコを自分のほうばっかりに近づけようとする!」

とキーキー言ってます。

そしてナゾのキャラ、ひよこのニクソンというのを登場させ、しかちくをつつきます。

そのニクソン、ひよこのわりに、ものすごく恐い顔をしています。

わざわざキャラクターにしなくても、いつも恐いのだけどなあと思います。






モコをつかんだしかちくの感想によると、

「モコはめっちゃ筋肉質!」

とのこと。

すばやさは筋肉の賜物なんだなあ。

それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

クリスマスはキリスト誕生日ではないんです

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

自分でもびっくりするくらい、どうでもよくなること。

その代表がクリスマス。

ツキモノが落ちたように、どうでもよい行事になってしまった。

若いころはクリスマスといえば、うきうきする行事の代表だったのに。

結婚して、子どもが小さいころはまだしも、高校生になるとバイトだ遊びだと忙しく。

クリスマスは年末の一日に過ぎなくなってしまった。

ところで。

今日は天皇誕生日だけど。

クリスマスはキリスト誕生日ではないらしいよ。

キリストの誕生日は諸説あるって。

ふーん。

ということで金曜日。

モコ日記です。







ぼくはモコです。

三代目文鳥です。

もうすぐクリスマスだけど、キリスト誕生日じゃないということを、とりぶうさんはさも自分が発見した手柄のように話します。

ネットで調べただけなのに、よく自慢げにいえるなあ、と感心します。

とりぶうさんはとくに役にたたないことをしょっちゅう調べています。

この間も、正教会とカトリックの違いについて調べていたとりぶうさん。

読んでも読んでもよくわからないままなのに、しかちくさんに正教会とはなんぞや、みたいなことを語っていました。

語られたしかちくさんは、当然ちんぷんかんぷん。

「要するに、仏教の真言宗と浄土宗の違いみたいなもん?」

といわれ、

「そうそう!ええ表現や」

と、すぐに渡りに船に乗っかっていました。

そしてしかちくさんに、

「とくに実生活に関係のないことを、よく調べる気になるもんや」

とあきれられていました。

本当にそのとおりだと思います。

それがいつかとりぶうさんの生きる道しるべになるのでしょうか。

その教義を知り、思索にふけり、自分の中身を充実させるよりも、外側の知識だけを増やすことが道しるべになるのでしょうか。

ひょっとしたらとりぶうさんは単なるヒマ人なのかもしれません。

とりぶうさんはそんなことをする時間はあるのに、本当にしなければならないことは後回しになるようです。

「ぎりぎり(間に合う)体質」だと開き直っていますが、間に合わないことには目をつぶっているだけなのではないのかなあとぼくなどは思うのです。

このところ、とりぶうさんは「時間がなによりも大事」だと熱をこめて言います。

ぼくはおどろきました。

その言葉をナンプレばっかりやってるとりぶうさんが言うとは。

でもよくよく聞いていると、それはしかちくさんの口癖だとわかりました。

しかちくさんならわかります。





この指はいつも見る指 2016 12・23




いつもぼくはしかちくさんの指をかじっています。

じかちくさんととりぶうさんの指の違いはよくわかります。

とりぶうさんのほうが、あせっているのがわかります。

時間が大事というけれど、焦ればいいものではないと思います。

しかちくさんはぼくとの時間を大事にしてくれているように思います。

ぼくがゆっくりと近づくのを待ってくれます。

でもとりぶうさんは焦るので、なんだか近づきにくいです。

時間はぼくにとっても大事なものです。

ぼくとの時間を大事にしてくれているのは、しかちくさんのほうだと感じるのです。







キリストの誕生日がいつかはちゃんとわかっていないように、

モコの誕生日もわかりません。

いつも、わが家にやってきた日を誕生日と決めています。

と、いうことは。

三代目モコはわたしの誕生日と同じなんだなあ。

それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです