2008年04月ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  夫婦のマンネリを解消宮古島の大泥棒新商法で不景気を乗り切った。宮古島のアメリカン・スーパー夫に愛される理由 


夫婦のマンネリを解消

テーマ : ショートショート ジャンル : 小説・文学
(152)

ナツミさんは、最近夫婦の会話がマンネリだと思っている。

たまたま聴いたラジオで、「うまいことをいう」おもしろさをしり、

さっそくミヤコさんに試すことにした。


テレビを見ながらナツミさんはオナラをする。すかさずこう言う。

「ねえ、あなた、いますっごいトリビア言ったでしょ?

あたし、思わず『へえボタン』押しちゃった。」


ミヤコさんは鼻をつまみながら、

「くさいけど、ちょっとおもしろいよ。」

と、よい反応を示す。

次の日、トイレの便座を上げっぱなしにしたミヤコさんに向かって、ナツミさんは言う。

「ちょっとあなた~、これじゃあまるで、『おもしろいドラマ』みたいじゃない!?」

という。

「なんだよそれ。どういう意味?」

ミヤコさんはネクタイを結びながら聞く。

「ハマリそうってこと。」

ナツミさんはにやりとわらって答える。

「うまいな。」

ミヤコさんもにやりと笑う。

また、次の日。

「おーい、まだかよー。早くしてくれよ~!会社、遅れそうだよー!」

ミヤコさんはトイレのドアをたたく。

「はーい、ちょっと待ってー!」

ナツミさんはトイレの中から答える。

「おいっ、ほんとに早くしてくれよ!」

ミヤコさんはイラついた声で言う。

「はーい。やれやれ、まるで理想的な人生のようだったわ。」

ナツミさんはやっと、トイレから出てくる。

「何言ってんだよ、どういう意味だよ?」

ミヤコさんは、あわててトイレに入りながら聞く。

「太くて、長いものだったってこと。」

ナツミさんはうれしそうに言う。

「まったく、トイレ関係のネタばっかりだな。」

ミヤコさんはあきれた様子でドアを閉める。

「だって、笑えなくても水に流してねってことよ!」

ナツミさんは得意げに言う。

「おいっ、流れてねーぞっ!!」
関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

宮古島の大泥棒

テーマ : エッセイ ジャンル : 小説・文学
(153)

最近、うちの庭にとりたちがやってきます。

とりぶうの家ってこと、よくわかったね~。

よしよし。

と思っていたら、見事に裏切られました。

やつらは、トマト泥棒なのです!

冬の間、わたしはトマトができるのを心待ちにしていました。

いくら暖かい宮古島とはいえ、

冬場、トマトは青いまんま、えだにぶら下がっていました。

このままでは、トマトは赤くならずに、そのトマト人生を終えてしまうんじゃないかと、

こころをいためていました。

しかし、春の日差しとともに、だんだんトマトは赤くなりだしました。

ああ、よかった。

と思っていたのもつかの間。

トマトが何者かによって、半分食べられていたのです。

最初、犯人として、となりのおじいが疑われました。
(疑うな!)

しかし、よく考えると、おじいの家にもトマトがあるなあ、ということで、

容疑者から外されました。

おまけにおじいはトマト嫌いです。

なぜ植えてるかは、ナゾですが。

つぎにが疑われました。

しかし、は葉っぱを好んで食べているし、にしては、豪快な食べ方だったのです。

そして、ついに、わたしはまさかの真犯人を現行犯で見つけました!

とりだったのです!

最初から見たらわかるやん!

わたしは裏切られた感でいっぱいでした。

よもや、仲間のしわざだったとは・・・。
とりは仲間と思ってないやろ!)

あんなに仲良くしてやったのに・・・。
(いつ?)

それ以来、わたしは心をオニにして、とりを追いかけています。

やつらの腹立たしいところは、

「もう明日ごろ採ろうかな~。」

と思ってる、ちょっと若い目のやつを、絶妙のタイミングでつついていくことです。

く~~~っ!

おまけに、中途半端につついていくので、もったいないことこの上ない!

く~~~っ!

しまいには、わたしまでつつかれるんじゃないかと、はらはらしています。

・・・ええ、ちょっと若い目ですからね!

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

新商法で不景気を乗り切った。

テーマ : ショートショート ジャンル : 小説・文学
(154)

ミヤコ家の夕食。

「今日さあ、おじさんに人まちがいされたよ。」

タマヨがごはんを食べながら言う。

「へ~、だれと?」

ミヤコさんの奥さんが聞く。

「その人の娘と。なんか、うしろ姿がそっくりだったんだって。

いきなり『おい、今日はおかず、残しといてくれよ。』って怒り口調で言われてさ。

『は?』ってあたし、目がテンだよ。おじさん、『あ、すいません、娘かと思って・・。』

って恥ずかしそうにしてたけどさ、いつもおかず残されてないんだなあ、と思って、

かわいそうだけど、めっちゃ笑ったよ~。」


タマヨはおかずを食べながら、笑う。

「それ、父さんも経験あるな。」

黙って聞いていた、ミヤコさんが言う。

「え、やだほんと~?」

タマヨが顔をしかめる。

「だって高校生なんか、みんな同じ格好してるだろ?区別つかないよ。」

ミヤコさんがビールを一口ふくむ。

「わかる。とくにおじさんにとって、若い女の子って見分けにくいものなのよ。」

奥さんもうなずく。

次の日の夕食。

「今日ね、あたしも人まちがいされたのよ。」

奥さんがうれしそうに言う。

「え、お母さんも?だれに?」

タマヨがごはんを食べながら聞く。

「中年のおじさんに!
そのひとの、女子大生の娘さんとうしろ姿が似てたんですって!」


奥さんは声をはずませる。

「よっぽど目の悪いおっさんだな。」

ミヤコさんがポツリという。

「失礼ね!その人ね、一人暮らししてる娘さんのところに来たんだけど、道に迷ったんだって。

で、いいところに娘がやって来たと思ったら、あたしだったってわけなの。

聞いてみたら、東北からわざわざ野菜をたくさん持ってきたそうなのよ。

車一台分あったわよ。野菜がぎっしり!でね、これも何かの縁だと思って買ってあげたのよね。」


奥さんはニコニコ話す。

人まちがい商法だな。」
関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

宮古島のアメリカン・スーパー

テーマ : エッセイ ジャンル : 小説・文学
(155)

宮古島のスーパーは、アメリカン方式です。

なにがアメリカンかというと、

レジのおばさんやおねえさんの体型が、
アメリカンサイズなのです。

あ、またそんなこと言うて!

しらんで~。

宮古島の名誉市民になっても。

なるかいな!

なるなら不名誉市民やろ!

なにがアメリカンかというと、
宮古島のスーパーは、買ったものを、

ふくろに入れてくれるのです。

普通、スーパーで買い物をすると、ふくろを渡されて自分で入れなければなりません。

これは、殿方にとっては、屈辱タイムでしょう。

もう、なんでこんなみみっちいこと、オレ様がやらなあかんねん?

なんでもいい加減に突っ込んどいたらええんちゃうんかい。

それはあかんな、やっぱり。

豆腐はロールにまいてある透明ビニール袋にいれて、水分が漏れんようにな。魚もそうやな。

パンとお菓子は別のふくろに入れて、卵は割れんように一番上か、別のふくろにいれて。

野菜はこっち。日用品はこっち。ビン類はこっち。

よし、完璧。オレ様って、天才。

訂正。

ふくろ詰めは、殿方の自己陶酔タイムでした。

ふくろ詰めしてくれるというのは、ちょっといいものです。

なんだか優雅な奥様になった気分です。

おほほほほ。

ゆっくりしてくださってよろしくってよ。

これ、マイバッグね。よろしく。

ほ~んとに毎日、きっちりつめるのお上手だこと。

あなたに満員電車の詰め込みをやっていただきたいぐらいだわ。

それか、奥歯の虫歯のほうにちょっと、こう詰め物的ななにかを、こうちょっと、ね?

何が言いたいねん?

奥歯に物のはさまった言い方すな!
(そのまんま)

と、奥様的日常会話を楽しめます。
(どこら辺が?)

おほほほほ・・・・。

とはいえ。

とりぶう奥様も、スーパーの外に出ると、待っているのは、ママチャリ。

とほほほほ。
関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

夫に愛される理由

テーマ : ショートショート ジャンル : 小説・文学
(156)

ミヤコさんがテレビを見ている。

「なんだ、この女優、結婚したんだ。相手は野球選手かよ。」

ミヤコさんは、おもしろくなさそうにつぶやく。

「あら、あなたこの女優のファンだったっけ?」

奥さんがコーヒーとクッキーを持ってきて聞く。

「いや、ファンってほどでもないけど、こういう感じの顔好きなんだよな。」

ミヤコさんはにやつく。

「あなたってむかしから、かわいいより、きれいタイプの人が好きなのよね。」

奥さんがコーヒーをすする。

「まあな。大人っぽい美人が好きだな。」

ミヤコさんもコーヒーを飲む。

「ねえ、わたしと結婚したのも、そうなんでしょ?」

奥さんはクッキーをひとつかじる。

「はあ? いやいやいや。違う違う。」

ミヤコさんはコーヒーをふき出しそうになりながら、あわてて否定する。

「いいのよ。そうなんでしょ?

じつは、わたしが美人だったからなんでしょ?」


奥さんは目を細めて聞く。

「いやいやいや。誤解しないでくれ。

オレがお前と結婚したのは、まあ、価値観価値観が合ったからなんだ。」


ミヤコさんは、強く言う。

「いいの、ほんとのこと言って。

じつは、わたしが大人っぽい美人だったから、結婚したんでしょ?」


奥さんも負けじと強く聞く。

「いやいやいや。

強いて言えば、親と同居してくれるとか、頼りがいがありそうだとか、そんなことだよ。」


ミヤコさんは両手を振って否定しながら答える。

「いいって、いいって。

ほら、本音トークしてよ。だれも聞いてないのよ。恥ずかしがらないで。

わたしと結婚した理由、なんだったの?さあっ!さあっ!」


奥さんはにじり寄る。

「・・・・大人っぽい美人だったから・・・。」

ミヤコさんは肩を落として答える。

「ほらね!やっぱりそうだ!」

奥さんは満足してうなずく。

「・・・プラス、そのごり押しにやられた・・・。」
関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです