2008年04月22日ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  竹馬あそび 


竹馬あそび

テーマ : エッセイ ジャンル : 小説・文学
(165)

今、近所の小学校では竹馬が流行っているのか、子供たちはしょっちゅう竹馬であそんでいます。

のどかな風景です。

そう思っていると、となりのおじいが、子供たちに竹馬をやらせろ、と交渉しています。

ちょっと、おじい、いくつ? たしか75歳は超えてたはず。

年寄りの冷や水・・・。

そんなことわざが、わたしの頭をかけめぐります。

案の定、子供たちは渋っています。

「あぶないよ。やめたほうがいいよ。」

と困惑顔です。おじい

「大丈夫さあ!むかしは上手だったから!竹馬でぴょんぴょん跳んださぁ!」

と、自信まんまん。

子供たちは、

「ほんと?すっげ~。」

と尊敬のまなざし。

おじいは見てろよ、と言わんばかりのはりきりぶりです。

え、まじでやる気!?

おじい竹馬を両手につかんで、えいやっと乗ろうとします。

しかし、感覚が戻らないのか、

「ちょっと竹馬、持ってて。」

と頼んでいます。

おいおい。やばいんちゃうの。

子供はすごいものが見れるかもという、期待に満ちたまなざしでおじいの竹馬を押さえます。

おじいは、今度こそ、いよっとばかりに、竹馬に両足をかけます。

瞬間、おじいの体は一段高くなります。

おっ!おじい、やった!

・・・と思ったのもつかの間、おじいはそのまま後ろ向けにドッシーン!

見事にしりもちをついてしまいました。

そのこけっぷりに子供たちも声が出ません。

・・・・・・・・。

一瞬の空白の後、

「あーっはっはっは!」

とみんな大爆笑。笑っちゃいけないとは、わかっていてもこみ上げてくるものは押さえられません。

当のおじいも笑っています。

いやあ、おじい、すごいよ。

体を張ったギャグ!
(ギャグちゃう!)

数日後、おじいは腰にヒビが入ったと報告しにきました。
(ちょっと気の毒)
関連記事
スポンサーサイト



少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです