2008年04月29日ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  かえるのはなし 


かえるのはなし

テーマ : エッセイ ジャンル : 小説・文学
(171)

うーーーれべっ。

うーーーれべっ。

言葉に出して言ってみると、かえるの声に聞こえます。これは、小学生が、

かえるはゲロゲロじゃなくって、『うーーれべっ』って鳴くよ。」

と教えてくれたのです。


「ブラッド先生に聞いた。」

だって。

最近はどこの学校でもアシスタントの外国人英語教師がいるらしいです。

時代は変わったもんだねえ。

ところで、話は外国人英語教師のことではなくて、かえるです。

春先、うちの庭に、かえるが一匹住みついていました。

ミヤコヒキガエルではなく、アマガエルのようです。

うすいおうど色で、若干ふつうのアマガエルよりも大柄で、スリムなかんじです。

りっぱな水かきのついた前足を持っていました。


かえるは、オオタニノワタリという葉っぱのすきまに住んでいました。

パイナップルの上の部分を、大きくしてやわらかくしたような葉っぱです。

かえるはいつ見てもそこにいて、のど元をフクフクさせていました。

毎朝、そのフクフクを見るのが楽しみでした。

そのうち、わたしは好奇心から、その葉っぱを大きく広げたり、せばめたりを繰り返し、

フクフクが嫌がるのを楽しむようになりました。

フクフクはじっと耐えていました。


しかし。

とうとう、耐え切れなくなったフクフクは、ある日ぴよ~んと飛び出して、どこかに行ってしまいました。

ああ~~~~!毎日のたのしみが~~~!

(自業自得や!)

・・・ごめんよ、フクフク。

後悔しながらしばらくあたりを探しましたが、フクフクは見つかりませんでした。

あ~あ。

その後、わたしは、宮古島には4種類のかえるしか存在しないということを知りました。

そして、そのどれにもフクフクは当てはまらなかったのです!

ひょっとしたら、あれは大発見!!

見つけたら、新聞にも載って、好きな名前をつけられたかもしれない!


ああ~、のがしたかえるは大きかった~。

それ以来、毎朝。

わたしは、かえるがかえるのを首を長くして待っています。

フクフク、カムバーック!
関連記事
スポンサーサイト



少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです