2008年08月04日ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  外国人の誕生日プレゼント 


外国人の誕生日プレゼント

テーマ : ショートショート ジャンル : 小説・文学
(254)

南の島大学、学生食堂。

ホイ君がチラっと腕時計を見る。

「あれ、ホイ君。時計買いましたか?」

ちょうどやって来たウラジミール君が、ホイ君の腕をつかんで聞く。

「はい。ワタシのバースデープレゼント。ワタシのお父さん、ワタシに買いました。」

ホイ君がうれしそうに言う。

「めちゃ、ええ時計やんか。これは、高いで。ああ、ニセモノ?」

ウラジミール君がちょっと笑いながら聞く。

「ニセモノ違います。

ワタシのお父さん、お金持ち。IT会社の社長です。

時計、ほんものです。

去年、バースデープレゼント、エルメスのベルト。

その前のバースデー、パールのカフスだった。」


ホイ君は時計をうれしそうにながめながら言う。

「パール?ホイ君、真珠持っていますか?」

ウラジミール君が目を見開いて聞く。

「はい。真珠はうつくしいです。」

ホイ君はにこにこしながら言う。

「・・・ブタに真珠。」

ウラジミール君が小声でつぶやく。

「え?今、何を言いましたか?ブタ?ブタのシンジュ?」

ホイ君が聞き返す。

「『ブッダに真珠』言うたんや。ブッダ言うたら、ホイ君。仏教のエライ人や。

日本でブタ言うと、ときどきブッダのことです。

エライ人と真珠はよく似合います、いうことですわ。ボク、ホメてんねんで。」


ウラジミール君が唇の端をあげて、にやつきながら言う。

「そうですか。ほんとにウラジミール君は、留学生のなかでいちばん、日本よく知ってる。

留学生のブッダです。」


ホイ君はウラジミール君をほめる。

「わかっていますなら、よろしい。」

ウラジミール君は満足気にうなずく。

「ウラジミール君、そのTシャツ、かっこいい。」

ホイ君はウラジミール君のTシャツを見ていう。

「今、気づきましたか。これ、めちゃ高い。」

ウラジミール君が高い鼻をいっそう高くして自慢する。

「そうですか。ブタに真珠です。」
関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです