2008年09月05日ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  スポンサーサイトインド料理に思いをはせる 


スポンサーサイト

テーマ : ジャンル :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド料理に思いをはせる

テーマ : ショートショート ジャンル : 小説・文学
(276)

石垣家のキッチン。

「ねえ、お母さん、人間って生まれ変わる?」

ユウタがテーブルに頬杖ついて聞く。

「ええ?生まれ変わるかって?そうだなあ。ユウタもそういうこと考える時期になったか。」

アイコさんがユウタのななめに腰かける。

「お母さんもそんなこと、考えたことあるの?」

「あるよ。ちょうどユウタくらいの頃かな。考えてたら寝るのがこわくなっちゃて。

毎晩、このまま死んじゃったらどうしよう、なんて、考えてたなあ。」

「ほんと?」


ユウタはちょっとほっとした表情をする。

「ほんとだよ。インドなんかだと、生まれ変わりが信じられてるみたいだけどね。」



ミヤコさんのおじいちゃんが植木の手入れをしている。

「ねえ、となりのおじいちゃん。」

ユウタは垣根ごしに話しかける。

「はあ?ああ、となりのボン。」

「ユウタだよ。」

「何を言うたんじゃ?」

「じゃなくて、名前だよ。ボクの名前、ユウタ!」

「ああ、ボクの名前、言うたんかいの。」

「・・・。あのさ、おじいちゃんはさ、生まれ変わりって信じる?」

「はあ?馬のかわり?牛でもいいんじゃないかの。」

「生まれ変わりだよ。インドの人は信じてるらしいんだ。」

「ほうほう。」

「生まれ変われるんなら、何で人間って、一生懸命生きてるんだろうね。」

「ほうほう。」

「ねえ?なんで人間って生きてるの?」

「ほう・・・おう、わしに聞いとるんかいの?」


その夜、ミヤコ家の食卓。

「今日は本格的インド料理ですよ~。」

「このパン、うまいのう。」


おじいちゃんが口をもぐもぐさせて言う。

「それ、ナンです。ナンって言うんです。」

それを聞いておじいちゃんはポンとひざをたたく。

「これじゃったんか!ボンの言いたかったんは。ナンでインド人は生きとるんじゃ!」
関連記事
スポンサーサイト

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。