2009年03月ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  旧友からのハガキドラえもんのひみつ道具駅前中型書店とネット書店ホテルのフランス料理店アルバイトおいしい塩 


旧友からのハガキ

テーマ : ショートショート ジャンル : 小説・文学
(421)

「ハガキ来てたぞ。」

ミヤコさんがネクタイをゆるめながら、ナツミさんにハガキをわたす。

「あら、ありがと。うわ~、ひさしぶりだわ。

サユリからよ。短大時代の同級生。サユリったら、あいかわらず達筆ねえ。」


ナツミさんはそういいながら、ハガキをうれしそうに読む。

「へ~、楽しそうにやってるのね~。あら、そうでもないわ。大変だったみたいね。

・・・・サユリ、大丈夫かしら・・・?」


ナツミさんはハガキを読みながら顔を曇らせる。

「どうしたんだ?」

「あのね、サユリ、いまはすごく元気なんだけど、3年前に子宮筋腫になったんだって。

でも、天の助けがあって、なんとか乗り切ったらしいの。

それ以来、ときどき、天の声のいうことを聞くようになったって。

怖くない?なんか宗教でもハマっちゃったのかしら?」


ナツミさんが腕を組む。

「人間、精神的に弱くなると、そういうこともあるかもな。

それで立ち直れたのなら、まあいいんじゃないか。

サユリさんって、ちょっと信じ込みやすいタイプの人なんじゃないか?」


ミヤコさんがスエットに着替えて言う。

「ん~、それは言えるかもね。彼女、けっこう思い込み激しいタイプだったわね。

占いもすごく気にしてたし。

ラッキーカラーが青だと、青のもの身につけるとか、かなりそういうの信じてたかもね。

そういう意味では、わたしと対照的だったのよ。

わたしってほら、けっこうなんでも客観的に見るほうじゃない?

こういうのって、女にしては珍しいほうかもしれないわよね。

極力、思い込みは信じない。冷静で客観的。クールで知的。」


ナツミさんは得意げに言う。

「・・・どこがだよ。」

「何よ、何か言った?」

「いや、言わない。どれどれ、ハガキ見せてくれよ。」

ミヤコさんはあいまいに笑ってナツミさんの手からハガキをうばう。

「なになに?『お久しぶり。ナツミ、元気にやってますか?わたしは最近すこぶる調子がいいです。

少し前にテニスを習い始め、いま楽しくてたまりません。こういうと、すごく元気に聞こえますが、じつは、3年前に子宮筋腫をわずらったんです。

そのときは夫の助けもあって、なんとか乗り切りました。

夫にはほんとに感謝しています。それ以来、いろんな局面で、夫の言うことをよく聞くようにしています。』

おい、ナツミ。これ、天の助け じゃなくって、夫の助けって書いてるさね!」

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

ドラえもんのひみつ道具

テーマ : エッセイ ジャンル : 小説・文学
(422)

ドラえもんひみつ道具でなにがいちばん欲しい?

という質問は、休日のヒマなときの定番の話題として語られます。
(そうか?)

わたしはだんぜん、『着せかえカメラ』です。なのに、しかちくはそれを鼻で笑います。

「せっかくやから、『どこでもドア』やろ~。それか『タイムマシン』、あるいは『もしもボックス』!」

などと、叶いもしないのに大それたことを言います。
(叶えへんからええやないか!)

「だいたい、『着せかえカメラ』なんか、そんなにメリットないやん。ぜんぜん生活変われやん。」

と、わたしを500年まえから製法を変えないビール作り職人のように言います。

「だ~か~ら~よ!あたしは自分の人生、変えたくないねん。

着せかえカメラあったら、好きな服なんでも着れるで。バーゲンよりも安くすむで。」

「ああ、夢の話やのに夢がない。」

しかちくは大げさに肩をすくめます。

ネットで調べたところによると、ドラえもんひみつ道具で欲しいもののうち、『どこでもドア』はダントツ一位。

着せかえカメラ』は圏外でした。

みんな人生変えたいんかなあ。わたしは常々それが不思議です。

ジャンボ宝くじを買わないのも、『人生が変わったらいやだから』という理由です。

だって、いきなり2億円とか手にしてしまったら、わたしは絶対狂います。

ええ、だれがなんと言おうと狂います。

屋根にのぼって、お金をばらまいて、奇声を発して、などのばかげた行動を絶対してしまいます。

だから、ジャンボ宝くじの発表のあと、そういうばかげた行動をとる人がいないか注目しているのですが、まだ見当たりません。

わたしはとくべつ波乱万丈ではないものの、自分なりにみちみちと満足した人生を築いてきたつもりです。

だからこの愛すべき人生が『どこでもドア』によって壊されてしまうのがいやなのです。

「アフリカ行きたいよな~。」

といいながら、行く計画も立てず、カバが意地悪な行動をとっていますとかいうドキュメンタリーを見ているのがいいのです。
(どんなドキュメンタリーや!)

もしいきなり『はい、アフリカどうぞ~』と『どこでもドア』で案内されたら、すごくアフリカを損すると思うのです。

しかるべき予防接種をして、しかるべき荷物を持って、はるばる極東から行くアフリカでなければ、『おお~、これがアフリカ!意地悪なカバがいるアフリカ!』と感動しないと思うのです。

「でもな、『どこでもドア』があったら荷物を空港まで運ぶ手間がはぶけるで。

空港まで『どこでもドア』を使うっていう手もあるんやから。」

しかちくは提案します。

ああ、その手があったか!それなら人生を変える必要がない!

「宝くじも2億当たると思うからあかんねん。100万くらいだったら人生は変われへんやろ。」

う~む。それもそうだ。わたしはいま、『どこでもドア』と宝くじに気持ちがかたむきそうになっています。

ああ、悩ましい~。
(どうでもええわ!)
関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

駅前中型書店とネット書店

テーマ : ショートショート ジャンル : 小説・文学
(423)

田端はシャッターが上がるのをじっと見ていた。

この道30年。

本ひと筋にやってきた。

同業者は文房具やパソコン周辺機器に手をだしたりする中で、田端はかたくなに本だけしか扱わなかった。

駅前に昔からある中型書店

先代から数えるともう50年も営業している。

午前中は主婦やお年寄り、午後は学生、夜はサラリーマンやOLがお気に入りの一冊を見つけるために、あるいはひまつぶしのために、この書店をおとずれる。

しかし。

本を取り巻く環境は、ここ数年で劇的に変わってきている。

インターネットの普及で、書店で本を買う人が減ってきた。

ただでさえ、本を読まないという時代。

読者の獲得競争では、店をかまえる書店はネット書店に完敗である。

たしかに小売書店の行く末はきびしい。

経費はかかるし、万引きも多い。

この中型書店でも、万引きによる被害は年間百万円以上にのぼる。

ネット書店は当然万引き被害はない。

これだけでも無駄がない。

しかし、田端は書店が好きなのだ。

このインクのにおい。本のたたずまい。

うるさく主張するテレビとちがい、本たちは静かに情報がくみ取られるのを待っている。

ネットでは本たちの息づかいが感じられない。

田端は30年間、ずっと本のにおいを吸いこんできた。

先月、駅のむこうに、全国展開する古本チェーンが開店した。

これは書店にとっては痛手である。

とくに、書店の大きな売り上げをしめるコミックや文庫本の売り上げがずいぶん落ちたようだ。

学生たちの客足も、目に見えて減った。

この書店も、もう長くはないかもしれない。

時代の流れはとめられない。

自分も引退する時期かもしれないな。田端はちょっと口をひきしめる。

シャッターが上がり終わった。何人かの客とともに、田端も店内にはいってゆく。

店員は忙しそうに新刊本をならべてゆく。朝のこの時間、書店はちょっとした戦争だ。

田端はそれをよく知っている。

そして、防犯カメラから死角になるところも。

彼は慣れた手つきで、分厚いハードカバーの本をかばんにすばやくすべりこませた。
関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

ホテルのフランス料理店アルバイト

テーマ : エッセイ ジャンル : 小説・文学
(424)

大学に入りたてのころ。

わたしはホテルのフランス料理レストランでアルバイトすることにしました。

梅田にある中流ホテルでしたが、レストランはあんまり流行っていそうにもなく、けっこうヒマそうだというのが志望動機でした。

さっそくナマケゴコロ全開です。

バイト代はそんなに高くないけれども、ナマケモノのわたしにとって、ぼーっとしてられるというのは魅力的なものでした。

しかし。そこに長いこといるパートのおばさんがたいそう、こうるさい人でした。

ちょっと~、契約違反やで。条件のところに、『パートのおばさんこうるさい』って書いといてよ。

店はヒマなのにいちいち用事をいいつけて、うっとおしいことこの上ない。

窓をふけだの、ナイフとフォークをみがけだの。

もう、そんなことするためにこのバイト選んだんじゃない!
(ボーっとするためかい!)

わたしが客の食べ終わるのを待ってるふりしてぼーっとしていると、

「はやくお皿下げる!」

とおばさんの雄たけび。

そんなに下げたかったら自分が下げてきたらええやん!ついでに自分の血圧も下げたらどうよ!

わたしは完全に『いまやろうと思ったのに』と言い訳する小学生でした。

おばさんはふたこと目には、

「気配り、気配り!」

と背中をたたきます。わたしはおばさんの小言にうんざりして、これからはおばさんに言われる前に皿をさげてやろう、と思いました。

そしてあるとき、ひと組の中年カップルがスープを飲み終わるとすぐに行動に出ました。

ふふん、どうよ。あたしだってあんたに言われっぱなしじゃないんやからね。

わたしは意気揚々とテーブルの前に行き、レディファーストやからなと、

「こちら、お下げしてよろしいですか?」

と女性に向かって言いました。中年カップルは一瞬あぜんとしました。

見ると、飲み終わったのは男性だけ。女性はまだ半分もスープを飲み終わってなく、スプーンを持ったまま固まっていました。

わたしは非常にあせりました。おばさんの『あんた使いもんにならんなあ』という表情がちらつきました。

こうなったら、仕方ない。責任はおばさん、あんたの小言にあるんやからね。
(責任転嫁!)

わたしはひきつった顔でもう一度、

「こちらお下げしてもよろしいですか?」

と聞いて、青ざめた表情の女性からスープ皿をうばいとったのでした。

・・・・今考えても、いちばんありえないこの行動。

わたしはそそくさとテーブルを離れながら、二度と振り向くことはできませんでした。

おばさんのあほー!(自分があほや!)

『失礼しました』とわびることもできないくらい、世慣れていなかったあのころ。

マニュアルどおりだという最近の若者のほうが、ずっとしっかりしてるよなあと思うのでした。




(追記)
みなさま、いつも読んでいただきありがとうございます。
仕事がいそがしく、コメントを返すのが遅れてます。
すいません!!
来週の中ごろから、ちょっとひといきつけると思います。
宮古島にのんびりしに来たのにのんびりできないというのは、本末転倒ですが、不景気の世の中で、仕事がいそがしいというのは喜ばしいことなのかもしれません。
宮古島はもう春ですよ~。
ときどき暑いくらいです。
みなさまの地方はどうですか?
まだまだ寒いところもあると思いますが、春はもうすぐ。
もうひとふんばり、がんばりましょう~!

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

おいしい塩

テーマ : ショートショート ジャンル : 小説・文学
(425)

「おまたせ~。今日は天ぷらよ~。」

ナツミさんがいそいそとテーブルにお皿を並べる。

「ふぉっふぉっふぉ。これはこれは、きょうはごっつぉだの。」

おじいちゃんが手をもみながらイスにすわる。

「お母さん、天つゆは?」

タマヨが聞く。

「ああ、きょうはちょっとちがうの。じゃあん、ほら、で食べるの。

こっちが柚子塩でしょ、こっちが抹茶塩、で、これは一味唐辛子塩。」


ナツミさんが小皿をさして説明する。

「へ~。キレイな色。あ、この柚子塩って、おいしい!」

「おおっ。これはうまいの。ふぉっふぉっふぉ。わしは抹茶塩がいいの。」

「ほんとですねえ。わたしら天つゆしか知らんけど、塩もいけるもんじゃのう。

この一味唐辛子塩、なかなか、おいしいのう。マモルも早う帰ってきたらいいのにねえ。」


タマヨもおじいちゃんもおばあちゃんも舌鼓をうつ。

しばらくして。

「ただいま~。」

「ああ、あなたおかえりなさ~い。

ちょっと冷めちゃったけど、天ぷら、おいしいわよ~。

今日はね、塩で食べたの。塩で食べるのも上品でよかったわよ。

タマヨとわたしは柚子塩がお気に入りで、おじいちゃんは抹茶塩、おばあちゃんは一味唐辛子塩ってそれぞれ好みがわかれたのよね。」


ナツミさんがかばんを受け取りながら言う。

「へ~、塩か。それもうまそうだな。」

「おいしかったわよ~。エリンギの天ぷらに塩がまた合うのよね。」

「ふーん。・・・ソースとってくれよ。」


ミヤコさんがお箸を手に取りながら言う。

ソース?ちょっと、あなた、どこまで保守的なのよ。

おじいちゃんやおばあちゃんまで塩で食べたのよ。」

ナツミさんがお茶碗を手渡しながら言う。

「しょうがないじゃないか。」


ミヤコさんが不満そうに言う。

「しょうがないって、あのね。

マモルさんは味に関しては、ほんっと保守的なのよね。

新しい物にチャレンジしてかないと、ボケるわよ。」

「だから、その『塩がない』んだよ!

肝心の塩のお皿、空っぽじゃないか!」

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     リンクエリア1
このバナー使ってほしいな!
ショートショートとりぶうの読むコント宮古島へのリンク
右クリックで名前をつけて
画像を保存して使ってね。

相互リンク一覧も見てね

のぶちんと神様の日記
ずっと♪CuteMama
今日は何しましょうか?
自分を探して
現代語訳「今昔物語」
one more time
空想Cafe 日ごろ景色
モエレ沼公園通り
プリモプエル奮戦記
ゆみぴい日記
宮古島に移住した介護士のブログ「ゆうむつ青板」
うつ病トマト自分探し旅
すくわか グルメ
羊飼いな日々
日吉丸の買い物日記
デイリー・ロク
哲雄&AKIの不純愛講座
「おとなの恋愛小説」倶楽部
雨のち虹。時々とまと
線香花火
OLミユキさん
癒しの宮古島
宮古島ナビ
宮古島オンライン
もう少し生きてみようじゃないか
トモにゃん日記
官公庁のバイトさん
~怪しい探検隊~
アパート経営で副業生活
ちょっと一息
健康・薬・美容のあれこれ
kurosio note
サミタ帝愛カジノ『沼』攻略への道
路地裏ニライカナイ
腹ペコ番長の三ツ星ブランチ
1日10分 1年で創る自分史
COCOマミーのケ・セ・ラ・セ・ラ
きのこにっき
こころと体に光を
こころのかたち。
日本一のみかん農家
いしまり総統の独身OL帝国
笑い話千夜一夜
ノラ家の日常・非日常
人生楽ありゃ苦もあるさ
FIELD & STREAM
するめ日記
ワクワクの森
短編物語
クマゴローYOGIYOGI
ぽんぽこりん日記
シナモン「飛行船の殺人」
小説人気ランキング娯楽部
りくの日記
回転!揺りイス固め
ドラッグストア店長日記
通販ショップ Ring
眠気耐えられないサラリーマン
のほほん お散歩日記
あざらし☆BEAUTY
ガケップチ我が侭コラム
過ぎ行く日々の雑事
富山市・中心街通信
リハビリ病棟は今日も大笑い
よっちゃん’s BAR
さぼりのクリーニング日記
トビナナフシ日記
映画レビュー
極楽トンボの思うこと

リンク切れと判断した場合は削除しますが、見落としてリンク切れと判断してしまった場合は教えてくださいね。
FC2リンクに追加する



     おかげさまです

     ランキング
人気記事ランキング10
面白いサイトがいっぱいなのでぜひ見に行ってくださいね。自分のブログにリンクを貼ってクリックするだけで参加できます。SNSからのリンクはカウントされません。