2009年10月03日ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  宮古島アップルマンゴーの誘惑 


宮古島アップルマンゴーの誘惑

テーマ : 沖縄 ジャンル : 地域情報
(593)

』が4人組だということと同じように、マンゴーがおいしいということを、わたしはかなり長い間知りませんでした。

あ、は5人?それは5人、じゃなかった誤認でした。わっはっは。
(おもしろくないぞ!)

それまでわたしの中でマンゴーの位置は、イチジクのちょっと上くらい。

一生食べなくても後悔しないリストに入れられるくらいの扱いでした。

しかし、宮古島アップルマンゴーはすごかった。

甘さ、フルーティーさ、南国っぽさ、どれをとっても完璧。

キウイとパパイヤが「うちら引き立て役っしょ?」と合コンに呼ぶのをいやがるくらいのうまさ!

これが真のアップルマンゴーか!

いままでわたしが食べてたのは、ドッペルゲンガーじゃないのか!

というくらいの衝撃でした。
(意味わからん!)

ちなみにアップルマンゴーというと洋風な感じがしますが、リンゴマンゴーというと、なんか言ってはいけないような気がしますよね。

どうでもいいのですが。
(ほんまどうでもええわ!)

そんなおいしいマンゴーなので、宮古島でも、

「きのうマンゴー食ったさーねー」

というのは子どもたちの間ではちょっとした自慢。

「少ないけどおすそわけです~」

とうちのななめまえの畑でマンゴーを作ってるひとに、はじめてマンゴーをいただいた日には、

「ま~たマンゴーもらっちゃってさあ」

和歌山まで長距離電話をかけかねない勢いでした。

移住して間もないそんなある日。

となりのおじいがしかちくを手招きして、

「マンゴーとりに行きませんか?」

と言います。

へ~、となりのおじい、マンゴー作ってるんや?

宮古島でも買ったらけっこう高いのに、太っ腹やなあ。

とおじいのにやにや顔を、人のよい笑顔とカン違いして、おじいのところに向かうしかちく。

おじいはうれしそうに「こっちですよ」と手招きします。

そしておじいの家とは反対の方向に向かいます。

おじいはなんと、うちのななめまえのマンゴー畑を指して、

「ここにいっぱいありますよ~」

と言うのです。

ちょっと、それは赤の他人の畑!と思うしかちくを尻目に、おじいは『赤マンゴー、ふたりでとったらこわくない』とばかりに、いそいそと畑に入って行きます。

おいこらっ!それはあかんやろっ!

おじいの言う「マンゴー『取り』に行く」は、
「マンゴー『盗り』に行く」やないか~!
アップルマンゴー画像



(追記)

みなさまいつもご訪問、応援ありがとうございます!

さっそくまる二年の祝福のおことばをいただいてうれしい限りです。
この二年。
子どもは急速に身長をのばし、足の大きさなどはわたしを追い越しかねない勢いです。
わたしはまったく変わらないというのに。
すいません。
うそついてました。
老けました。
見ただけではわかりませんが。(ものすごくわかるわ!)
ときどき鏡の中に母を見かけます。
「お母ちゃん、何してんの」
と言いたくなります。

さて、来週は一週間ひとりごとウィークです。
夏に那覇に行ったとき遭遇した『沖縄プロレス』の観戦記です。
ものすごく濃いワールドでした。
ぜひ読んでくださいね!
ではまた来週もお待ちしてますね~!
とりぶう


関連記事
スポンサーサイト

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです