2009年10月06日ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  スペシャルサンクス!カンムリワシ用高 沖縄プロレスが熱い!(2) 


スペシャルサンクス!

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

みなさま、いつも『とりぶうの読むコント』をお読みいただきありがとうございます!

おかげさまで10月6日で、このブログもまる二年。

いままでやってこれたのは、みなさまが読んでくださってるという思いがあったからです。

クーピーちゃん。
いつもいつもほんとうにコメントありがとう!
打たれ強いつもりのわたしですが、くじけそうなときもあり、クーピーちゃんのコメントにはほんとうに何度も助けられました。めっちゃ博識なのに、とぼけたユーモアでそれを隠すテクニック。わたしの尊敬する姉さんです!

イノぶたさん。
イノぶたさんのコメントを読むのが、朝のわたしの楽しみな日課です。
番長というニックネームとはうらはらな、女らしい視線!
大胆さと繊細さを兼ね備えてるかっこよさ。わたしのあこがれのアネキです。

のぶちんさん。
はるばる北の大地から、いつも楽しいコメントありがとうございます。
なんてったって、ブログ歴が4年!神の視点で突っ込みを入れるという斬新なアイデア。
のぶちんさんが沖縄に来る前に、いつか旭川にあそびに行きますね!

トマトさん。
オチ読みの名人トマトさん。
ときどきコメントで挟んでくれるギャグ、けっこう楽しみにしてます。
またおじいの近況ネタ、書きますね~。

ゆみぴいさん。
同郷というのは、なんかすごく親近感があるんですよね~。
家事に育児に趣味にがんばってるゆみぴいさんに、わたしはいつも元気をもらってます!

さすらいの阿呆鳥さん。
いつもやさしいコメントありがとうございます!
さすらいの阿呆鳥さんのおひとがらもすごくやさしいんだろうなあ、とほんわかした気持ちにならしてもらってます。

モンスターAMさん。
いつも要所要所で的確なコメントありがとうございます!
モンさんの突っ込み、けっこう好きですよ。

mihoさん。
やさしい言葉で感想を言ってくださるmihoさんのコメント、いつもすごくうれしいです。
またがんばろう、と思わせてくれます。



そのほか、ここにお名前は書ききれませんが、コメントをくださったすべての方々、ほんとうにありがとうございました!

わたしの趣味にお付き合いくださって、そのうえコメントまでいただいて、感謝しています。

「け、おもしろくな~い」「なんじゃこりゃあ」

などの感想もあるでしょうが、そういうネガティブなことを書かないでいてくれたみなさまにほんとに感謝しています。うふふふふ。

まだまだこれからも

「は~、なにこれ?」

のようなネタも多々あると思いますが、苦笑しながらお付き合いいただけたらうれしいです。


またまる3年までがんばろう。

これからもよろしくお願いしますね!


2009年10月6日

とりぶう


関連記事
スポンサーサイト

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

カンムリワシ用高 沖縄プロレスが熱い!(2)

テーマ : 沖縄 ジャンル : 地域情報
(595)
沖縄プロレスが熱い!(1)から読む

翌日。開始30分前に行くと、わたしたちは一番乗りで会場はまだ開いていませんでした。

きのうのさんぴん茶がそこにいました。それにしてもこの人は夏でもマスク着用。

かなりムレて大変なことになるんちゃうやろうか。

さんぴん茶の顔ムレ問題に心を痛めているわたしをよそに、しかちくは彼からいろんな情報を仕入れています。

さんぴん茶はレスラーではなくレフェリーなのだとか、きのう見た水牛はシーサー王で、ゴーヤーマスクとともにケガのため今日の試合は欠場だとか、カンムリワシ用高はあさってで終わりなのだとか。

まるで世界史の授業のように専門用語が飛びかいます。

そこへ40代くらいの男性がやってきて、

「いやあ、残念ですよ、カンムリワシ用高がやめちゃうの。ぼくね、じつは東京の両国行きやめてこっち来たんですよ。もう用高見れるのも最後だと思って」

と興奮気味に言います。しかちくも「ああ、用高がねえ」としたり顔でうなずいています。あんたいつから沖プロ通よ。用高まだ見たこともないのに。

しかし、両国の全日本プロレスを蹴ってでも見る価値のある沖縄プロレスって。

わたしはしぶしぶついてきたものの、ひょっとしたらコレはすごくおもしろいものなんじゃないかという疑惑を持ち始めました。
(なんで疑惑?)

そうこうしているうちに会場が開きます。

この沖縄プロレスは『うちなーんちゅ(沖縄のひと)割引』というのがあって、県民はなんと千円も引いてくれるのです。

沖縄の『DFSギャラリア』(免税店)で沖縄県民はブランドモン買われへんやん、と買う予定もないのに不満をいだいていたけど、こんなところで僥倖が!

プロレスなんか・・・としぶっていたわたしの心に花が咲きました。

沖縄プロレスばんざい!
(現金やな!)

わたしたちは思いっきり関西弁で、「うちなーんちゅです~」と保険証を提示したのでした。

会場は学校の教室くらいの大きさでした。真ん中にカベをバックにリングがでんと置かれてあって、その両サイドに折りたたみイスが100席ほど並べられています。

そしていちばんよく見える中央に10席弱、イスが並べられていて、そこは特別料金のようでした。

カベにはレスラーの肖像がずらりと並んでいます。だれひとりとしてかっこよくないというのがすごい。

しかちくはさんぴん茶にあらかじめどこがいちばんいいか聞いていたので、迷わず選手入場のドアにいちばん近い最前列の席を確保しました。

おどろいたことに、客は次から次へとやってきて、またたく間に100席の半数がうまってゆきます。

ふつう、プロレスというのは若い男性がメイン客なのでしょうが、沖縄プロレスではあらゆる客層がいました。

わたしたちのような親子連れの観光客、会社帰りのサラリーマン、地元のおばちゃん、
そしてあろうことか、熱狂的女性ファンまで!目を覚ませ、君たち!
(別にええやろ!)

しかし、いちばん熱狂してたのはアメリカ人らしい若い男性ふたりでした。

彼らは頭に沖縄プロレスのタオルを巻いて気合十分。流ちょうな日本語でそこら辺にいるレスラーたちに話しかけています。

ナントスバラシイ!わたしは英語でつぶやきました。
(日本語や!)

見かけ殺風景な雑居ビルの5階。そこはいま、ファンたちの熱気に包まれ、沖縄一熱い場所へと変貌してゆきます。

会場が暗くなり、沖縄プロレスが始まりました。
カンムリワシ用高画像沖縄プロレス
関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです