2010年01月ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  今年はじめのごあいさつムック戦争勃発!ショートショート『貴重な資源』戦争の終結と大放出の風邪と仮死状態の魚となりのおじいの悲しい話 


今年はじめのごあいさつ

テーマ : 日記 ジャンル : 日記
みなさま、あけましておめでとうございます!

お正月は、お笑い番組多かったですよね~。

それを見ながら、わたしは発見しました。『お笑い番組=おせち料理の法則』。

昔はおせちはごちそうだったけど、今はそんなにごちそうとは感じません。

それと同じように。

お正月の定番だったお笑い番組も、毎日のようにテレビでお笑いがながされている今となっては、お正月だけ特別おもしろいとも感じなくなってきます。

お笑いは見たいけど、見すぎると飽きるので笑えないというこのアイロニー。

いつかお笑いブームも終焉のときがくるのでしょうか?

と、年明け早々、アメリカンジョークから入ってみましたが。(どこにジョークあったよ!?)

さて。

休み中、食べては寝てテレビ見て、と黄金の年末年始を過ごしていたのですが。

ふと気がつくと、のどになにか引っかかっています。

そのおかげでうまく首をタテに振ることができません。

なにこれ?

と思ったら、それはわたしのあごでした。

二重あごになっていました。

わっはっは!

と笑い事ではない。

さいきん、いったんついた肉は、中学時代の悪い仲間みたいにわたしを離さないのです。

それはあかん、ということばっかりやりたがる悪い仲間のように、そこはあかんという落ちにくいところにばっかりつく肉。

わたしは先手必勝とばかりに、しかちくとキャッチボールにはげむことにしました。(もうすでに後手や!)

ところが、グローブが子ども用のちゃちなつくりであったために、すぐにやぶれてしまいました。

そこで、年明け早々、宮古島唯一のホームセンター『メイクマン』に赴いたのです。

ところで、関係ないですが、中国語でホームセンターってなんていうのでしょうね?

『家庭中心』なのでしょうか?

たしかに、家庭が大事だと考えるお父さんたちの御用達的な空間ではあります。

しかし、お父さんたちはいったんホームセンターに入ったら、化粧品売り場に来てしまった奥さんのごとく、目移りしてしてしょうがない。

『家庭中心』のはずが、家庭は後回し。

『自分中心』にどっぷりはまってしまいます。

メイクマンにも、そんな『自分中心』たちがぞろぞろやってきて、奥さんにいやな顔をされていました。(ほっとけ!)

奥さんにいやな顔をされるで思い出したのですが。

このあいだスーパーに行ったとき、だんなさんが『チーズ鍋の素』を勝手にかごに入れて、奥さんにものすごくイヤミを言われていました。

「なにこれ、あんたちょっと!こんなの作らんよ!」

とものすごく憤慨されてました。

でもだんなさんは聞かないふり。

超市場にも『自分中心』は存在していました。

あ、超市場、というのはスーパーマーケットです。

わかりやすいように中国語的になおしておきました。(わかりにくいわ!)

でも、だんなさん、チーズ鍋食べたかったんやろうなあ。

口下手で、力仕事してそうな風貌なだけに、チーズ鍋が食べたいと奥さんにカミングアウトできずにいて、実力行使に出たんやろうなあ。

一方奥さんは、

『めずらしく買い物についてきたかと思ったら、そういうことかよ。何がチーズかよ、それでなくてもメタボなのによ!あたしががんばって考えたメニュー、台無しじゃないかよ!』

と憤慨してるのが、見てとれました。

こういうのってちょっとの気配りで険悪ムードを回避できると思うのです。

だんなさんは、「おまえのつくるごはん、いっつもおいしくって感謝してるよ。こんどさ、あれ作ってよ。チーズ鍋。一回食べてみたいんだ。テレビで福山がうまいって言ってたからさ。おまえの好きな福山がさ」と、うそでもひとこと言い添える工夫が欲しいし、

奥さんは、「じゃあ今日はあっさりお鍋にして、週末、チーズ鍋にしましょうよ。お仕事終わって、ビール飲みながらチーズ鍋っていうのも、悪くないんじゃない。あるいはワイン。赤ワインなんて合いそうじゃない?」という、人生を楽しむ余裕が欲しい。

せっかく好きな人と結婚したのに、このままじゃもったいないと思うのです。

いま相手が死んだら後悔するよ、と声を鯛にして言いたいのです。あ、声を大にしてでした。正月なのでめでたくしてみました。(意味ないわ!鯛、どんな声やねん!)

なんて、よその夫婦の心配してる場合ではないですね。

問題はわたしの二重あごでした。

一説によると、よく使うところは太らないとか。

ということは、もっと食べてあごを使ったらいいんだ!

ああ、解決法が見つかってよかった、よかった。

わっはっは!(あほやろ!)

ということで、みなさま今年も『とりぶうの読むコント』をよろしくお願い申し上げます。

次回の更新は8日(金)の予定です。

お待ちしてますね~!

ではまた!

とりぶう



(追記)

年末年始にたくさんコメントいただきどうもありがとうございました!
みなさまのあたたかいおことばに、やっぱりブログやっててよかったなあと実感しました。

今年から徐々にコメント返しをしていこうと思います。

できる範囲でがんばりますので、またコメントお待ちしてますね!
関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

ムック戦争勃発!

テーマ : 日記 ジャンル : 日記
みなさまこんにちは。

いきなりですが、戦争というのは、ごくささいなことが原因という場合があります。

赤巻紙、青巻紙、黄巻紙など、どの紙がいいかとかで戦争が起きてしまうのです。

その紙じゃなく、神、でした。

信じてる人々にとっては『ごくささいなこと』どころの話ではないのです。

自分の人格を全否定されるかもしれない出来事なのです。

と、前置きが長くなりましたが。

車のコマーシャルを見ていたとき。

ガチャピンムックが登場しました。

わたしが、

ガチャピンは単独でも人気やけど、茶色のほうのムックは見た目があれだけに、いまいちぱっとせえへんな」

と何気なく言うと、しかちくが、おいおいおいせいせいせい、みたいなちょっとあきれた顔で言いました。

「茶色?ムックが茶色?あれはどう見ても、赤やろ」

「あか~!?あれが?茶色やんか、どう見ても!」

「おいおいおい、せいせいせい、ムックは赤や。とりぶうのフリースとか、この赤ペンといっしょの赤!」

しかちくはそこらじゅうにある赤いものをさしながら力説します。

「なあ、あんたらはどう思う?ムックって茶色?赤?」

わたしは子どもの純粋な目に期待をこめて聞きました。

「赤!」

「赤!」

ふたりの子どもは柔道の判定でもするように勢いよく『赤』を表明します。

うぬぬぬぬ。

わたしの形勢は不利になってきます。

しかちくは子どもの賛同に気をよくして、お義父さんやお義母さんにも聞きます。

結果、二人とも『赤』。

年末の紅白歌合戦では赤組が負けたけど、わが家のムック戦争では圧倒的に赤の勝利にかたむいてゆくのでした。

それにしても、みなさんにもお聞きしたい。

あれ、赤ですか?

赤に近い茶色って思いませんか?

家族にそういう力説をしてみても、

「ムックは真っ赤っ赤!」

という中国共産党が聞いたら喜びそうな答えしか返ってきません。

しまいには紙に色鉛筆で赤と茶色を塗って、わたしに見せ、

「どっちがムックの色?」

と聞く始末。

腹立つわ~。

腹が立つので、赤と茶色の中間を指差して、

「ムックはここらへん」

と言っておきました。

わたしはなんだかひとりだけ『エイリアンを見た!』とわめいてるお騒がせ者みたいな気分になって、ネットに情報を求めました。

すると!

なんと!

ムックが茶色か赤かという問題は、邪馬台国が畿内か九州かというくらい、みんなの論争の種になっているということが判明しました!(大げさやな)

そうしてわかったのは、いっつも大騒ぎしてるのは茶色を主張してる側だということ。

なんやそれ~。

茶色派はいっつも少数なのです。

そうして、迫害されているのです。

だから声高に叫ぶのです。

ムックは茶色だと!

しかちくにネットのムック問題を見せたところ、「やっぱり赤派が多数や」と言って、ゆずりません。

当然わたしもゆずる気はないので、わが家のムック戦争は、パレスチナ問題のように、解決の糸口も見えていないのです。

そうして、しかちくは茶色のものを見るたびに、意地の悪い宦官のように、

「これがムックの色かい?」

と聞くのでした。

わたしはそのたびに、

「現代人はこまやかな色使いがわからんから困る。赤とか黄とかはっきりした色しか見えへんねんからな」

と古代人でもないのに現代人を批判して問題をうやむやにしているのでした。

こういうどうでもいいことで戦争をくりかえしてるうちは、平和なんだなあと思ったりもするのですが。

みなさんもどうでもいいけどゆずれないこと、ありませんか?


さて。

前の記事にいただいたコメントは、前の記事のコメント欄でお返ししています。
たくさんコメントいただきどうもありがとうございました!

今度の更新は来週の火曜日ごろの予定です。

またお待ちしてますね~!

とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

ショートショート『貴重な資源』

テーマ : ショートショート ジャンル : 小説・文学
(653)

水に悩むのはなにも砂漠だけではない。 

高い山に囲まれたその国でも、飲み水の確保は死活問題だった。

水道の施設は整ってなかったし、山の中に点在する村をつなぐ道路も舗装されてはいなかった。

村ではそれぞれ共同の井戸を掘って飲み水を確保したが、村はずれに住む少女シタの家ではその井戸まで行くのに1時間かかった。

その日もシタは水をくんだ帰り、大きな木の下で休憩していた。

シタは、さっき石につまづいてよろけて少し水をこぼしたことを後悔していた。

水は貴重品だ。

転ばなかったのは不幸中のさいわいだ。もし転んだらもう一度水をくみに戻らねばならない。

水くみは遠いし重いし。

シタにはつらい仕事だった。

ふだんならここで少し水を飲むのだが、今日はこぼしてしまったのでがまんした。

ちょっと少ないだけでもお父さんにどやされるのだ。

シタが立ち上がると、うしろから「すいみません」と声をかけられた。

見慣れない若い男が立っていた。

外国人?茶色の長髪をうしろでまとめ、まるいめがねをかけている。

ポケットのたくさんついたカーキのジャケット、ごつい登山靴、シタの身長くらいありそうなバックパック。

シタがあごを引いて肩越しに見ていると、男はたどたどしい言葉で言った。

「すいません、このあたりにレストランか宿、ありますか?ぼく旅行中なんですけど、見当違いのところに来たみたいで・・・。」

シタはどうしようか迷ったが、将来この国を出たいと思っていたので、とりあえず自分のうちに招いた。

悪そうな人に見えなかったし、宿もレストランもその村にはなかったのだ。

シタの家では初めて見る外国人に、両親もおばあちゃんも弟や妹たちも大よろこびだった。

シタは水をこぼしたことを責められなかった上に、外国人というめずらしいものをつれてきたことを手柄のようにほめられて、とてもいい気分だった。

お父さんは、いとこのおじさんの出稼ぎみやげでもらった、上等なワインを持ち出した。

外国人の青年は恐縮しながらもうれしそうだった。

彼は自分の国の話をたくさんした。

シタには夢の中の話のようだった。

エレベーターに遊園地、花火、そして海。

青年はしかし、自分たちの国にもたくさんの問題があるといった。

「とくに地球温暖化というのが深刻になっています。ぼくたちは資源を使いすぎました。だからこれからはなるべくリサイクルしようという動きが広がっています。もっとも、この村ではリサイクルするにも、ゴミ自体があまりないようで、それはとてもすばらしいことです。」

青年は家族の顔を見回して言った。

お父さんは誇らしそうにうなずいている。

楽しい会話が続き、ワインはあっという間に空になった。

「ぼくの国では、こういう空きビンもかならずリサイクルします。ちょっと水をいただけますか?」

青年はそういうと水がめから空きビンになみなみと水を入れた。

そうしてビンをよく振った後、水をどばどばっと窓から外に捨てた。

「こうやってきちんと水洗いして、リサイクルする必要があります。ビンは大切な資源ですからね。」

「って、おーいっ!水返せよーっ!」
関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

戦争の終結と大放出の風邪と仮死状態の魚

テーマ : 日記 ジャンル : 日記
みなさまこんにちは。

先日の『ムックは赤か茶色か戦争』に、いろんなコメントありがとうございました。

結果、惜しくも『赤』が優勢におわりました。

厳密にいうと、茶色だと表明したかたは0人でした。(完敗やん!)

おしい~~~!(どこが!)

この結果を見て、敵軍の将しかちくは、ますます鼻息あらく『赤』の勝利を吼えます。

しかしわたしは日本の隅っこで『自由民権運動』をさけぶ明治初期の板垣退助の気分。

日本の端っこで『ムックは茶色!運動』をこれからもさけび続けてゆきます!(勝手にやっとけ)

それにしても、これだけ他人と感覚が違うというのもいっそいさぎよいものです。

そういう意味でいうと、フランス革命のとき、パンをよこせと言った平民に対し、

「パンがなければケーキを食べればいいじゃないの」

と言ったとかいうマリー・アントワネットと通じるものがあります。

と、悦に入るのはこれくらいにして。

ここ2,3日、ちょっと風邪でした。

いきなりの吐き気と下痢。

もうパチンコ屋の新装開店大放出みたいな感じでした。

トイレにしゃがみこみながら、『死ぬもんか!』と涙をにじませました。

いや、大げさと思うけどほんまやで。

ふだんうっとおしいくらい元気を売り物にしてる身にとっては、ちょっとの体調の悪さでも一大事。

このままいっちまったらどうしよう、となかば本気で思ってしまうのです。

あまりのしんどさに、しかちくに向かって、

「きのう、あんたにおでんの牛スジ食べ過ぎやって、言い過ぎた罰かもしれん」

と思ってもないことまで言うほどでした。

しかし明けない夜はないように。

吐き気と下痢も一晩でほぼ回復。

すると、なんだかちょっと拍子抜けするのです。

まるで『超大型台風が猛烈な勢いでやってくる』と予告されて、ものすごく準備したのに、ほとんどなにもなかったみたいな感覚。

まあ被害ないからええんやけど。

なんかなあ。

人間というのは勝手なもんです。

みなさんも寒いので体調管理は気をつけてくださいね。

でも、気をつけてても引いてしまうのが風邪。

そんなときは『死ぬもんか!』で耐えてくださいね。

宮古島はここ2日ほど、今年いちばんの寒さ。

最低気温11度。

あったかいやん。

と思われるでしょうが、海の魚たち、仮死状態やからね。

寒すぎて、もう生きていかれへんらしいからね。

ああ、人間でよかった。

つらつら脈絡のないことを書いてきましたが、今日もお読みいただきありがとうございました。

また来週お会いしましょう~!

とりぶう
関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

となりのおじいの悲しい話

テーマ : 日記 ジャンル : 日記
みさなま、お元気ですか?

冬真っ盛りですね。

突然ですが、ちょっと悲しいお知らせがあります。

じつは、となりのおじいの奥さんが亡くなったのです。

昨日今日のことではなく、もう去年の11月くらいのことなのですが、おじいはひとりぐらしになってしまいました。

なくなった直後は、

「ひとりぼっちになったさ~」

と弱々しく笑っているおじいをみると、お気の毒に・・と思いました。

しかし、弱々しく笑いながらも、うちにやってきて、

「たばこ、もらっていきましょうね~、うひひ」

と言えるおじいを見て、ああ、もう回復してきてるんだと、ちょっと敬服しました。

そして、近くの建築中の家でセメントを一心不乱に盗んでいるおじいを見て、

「ああ、もう大丈夫」

と、胸に暖かいものが広がりました。(広がるな!)

不思議なもので、長いことおじいを観察していると、まるで箱庭の中で生き物を飼っているような気分になります。

『おお、今日は箱じい(おじい)のやつ、朝から盛大に水まいてるわ。きのうまで大雨だったのに、愚かやの~』
とか、
『あ、箱じいのやつ、どこかから木を引っこ抜いてきやがった。また自分の庭に植えて、水やりすぎて枯らす気やな。愚かやの~』
とか、
その愚かっぷりを楽しんでしまうようになります。

そして。

少し前から、箱庭から鳴き声が聞こえるようになりました。

『みみみみ~、みみみみ~』

というおっさんがムリして高い声を出したような鳴き声。

何の声?

と思ったら、おじいの鳴き声でした。

どうやら箱庭のおじいは子猫かなにかを飼いはじめたようです。

『おや、箱じいのやつ、さみしくってペットを飼いはじめたんだね。どれ、ペットはどんな顔をしてるんだろう?』

わたしは垣根ごしにおじいの庭を観察するのですが、ペットらしきものは見えません。

聞こえるのはおじいの『みみみみ~』ばかり。

ほんまに子猫飼ってんのかなあ?

ていうか、子猫は『みみみみ~』で『あ、自分がよばれてる』って思うんかなあ?

わたしはおじいに飼われるって、どんなおっちょこちょいな子猫か見てやろうと、おじいの箱庭を観察するのでした。

そんなある日。

うちの庭でなにやらごそごそしてるものがいました。

おじいのやつめ。

またぞろ何か盗みに来やがったな。

と思っていたら、猫でした。

白くてでかくて筋肉質で足と耳にちょっと黒い模様がある猫。

『あ、みみみみ~!』

わたしは確信しました。

こんなに堂々とひとんちの庭に入ってこれるのは、おじい一味に違いないと!

それにしても思ったより図太そうな外見。

子猫どころのさわぎじゃなく、ちょっとした子犬。

これなら亡くなった奥さんのあとをじゅうぶん埋めてくれるだろうと思わせる存在感がありました。

こうして。

猫はおじいに呼ばれ、おじいはわたしに観察され、そんなわたしはしかちくに笑われるという、『大きなカブ』のような構図が今日も繰り広げられています。

ちょっと悲しいお話でした。(どこが!)

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     リンクエリア1
このバナー使ってほしいな!
ショートショートとりぶうの読むコント宮古島へのリンク
右クリックで名前をつけて
画像を保存して使ってね。

相互リンク一覧も見てね

のぶちんと神様の日記
ずっと♪CuteMama
今日は何しましょうか?
自分を探して
現代語訳「今昔物語」
one more time
空想Cafe 日ごろ景色
モエレ沼公園通り
プリモプエル奮戦記
ゆみぴい日記
宮古島に移住した介護士のブログ「ゆうむつ青板」
うつ病トマト自分探し旅
すくわか グルメ
羊飼いな日々
日吉丸の買い物日記
デイリー・ロク
哲雄&AKIの不純愛講座
「おとなの恋愛小説」倶楽部
雨のち虹。時々とまと
線香花火
OLミユキさん
癒しの宮古島
宮古島ナビ
宮古島オンライン
もう少し生きてみようじゃないか
トモにゃん日記
官公庁のバイトさん
~怪しい探検隊~
アパート経営で副業生活
ちょっと一息
健康・薬・美容のあれこれ
kurosio note
サミタ帝愛カジノ『沼』攻略への道
路地裏ニライカナイ
腹ペコ番長の三ツ星ブランチ
1日10分 1年で創る自分史
COCOマミーのケ・セ・ラ・セ・ラ
きのこにっき
こころと体に光を
こころのかたち。
日本一のみかん農家
いしまり総統の独身OL帝国
笑い話千夜一夜
ノラ家の日常・非日常
人生楽ありゃ苦もあるさ
FIELD & STREAM
するめ日記
ワクワクの森
短編物語
クマゴローYOGIYOGI
ぽんぽこりん日記
シナモン「飛行船の殺人」
小説人気ランキング娯楽部
りくの日記
回転!揺りイス固め
ドラッグストア店長日記
通販ショップ Ring
眠気耐えられないサラリーマン
のほほん お散歩日記
あざらし☆BEAUTY
ガケップチ我が侭コラム
過ぎ行く日々の雑事
富山市・中心街通信
リハビリ病棟は今日も大笑い
よっちゃん’s BAR
さぼりのクリーニング日記
トビナナフシ日記
映画レビュー
極楽トンボの思うこと

リンク切れと判断した場合は削除しますが、見落としてリンク切れと判断してしまった場合は教えてくださいね。
FC2リンクに追加する



     おかげさまです

     ランキング
人気記事ランキング10
面白いサイトがいっぱいなのでぜひ見に行ってくださいね。自分のブログにリンクを貼ってクリックするだけで参加できます。SNSからのリンクはカウントされません。