2010年11月09日ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  数学とわたし 


数学とわたし

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

文系人間にとって、理系というのはあこがれ。

高校のとき進路を選ぶに当たって、文系で行こう、と決めた時点でわたしのノーベル物理学賞への道は閉ざされたのです。(それ以前の問題やろ!)

わたしは数学がとても苦手です。

これを言うと、5人中6人の女性が「わたしもわたしも」と賛同してくれます。

あ、人数が増えてるのは、通りがかったおばさんまでも話に入り込んで来た結果です。(なんやそれ!)

心強いことです。

世の中役立つのは、数学よりもおばさんのこういうふてぶてしさだったりするものです。

ところで、数学。

先生はいつもテスト前に『ここからここまでが範囲』としっかり示してくれます。

わたしはがんばります。

なんてったってわたしの得意は暗記。

前回の数学コケたから、今回は挽回。

とばかりに、公式を丸暗記します。

しかし結果は散々。

わたしは心の中で叫びます。

「先生のアホー!ここから出すって言うたのに!」

しかしアホはわたしでした。

なにぶん丸暗記。

そう、問題文まで丸暗記。

そのため数字を変えられたら応用がきかないこと猿のごとし。

問題文を見てうろたえます。

数字違うやん!見たことない数字になってるやん!

だから数学嫌いやねん。

日本史だったら、織田信長はいつ見ても本能寺で死んでるし、逆立ちして読んだって、ペリーは黒船に乗ってくるのです。

本能寺=織田信長 だし ペリー=黒船

なのです。

なのに数学にはまるでそれがない。

きのうは a=2 だったのに、今日は a=8 になってるよ!というふうに。

だからわたしは数字をにらんで聞くのです。

「おい、5よ。おまえはどこに入りたい?何?文字『a』?よし、入れ。
おまえはどうだ、7?なに、文字『b』?よし、入れ」

というふうに、出てきた数字を順番にただ当てはめていきます。

当然間違います。

でもいい。

このテストを終わらすことだけがわたしの最大の使命だったんだから。

あと何回数学のテストをこなせば、あなたとお別れできるの?

そういう気持ちでいっぱいでした。

だって人生は公式にあてはめられないものだから。

と、言いつつも。

わたしは毎回公式にあてはめるかのごとく、数学を丸暗記しては失敗していたのでした。

当時からこれは失敗勉強法だな、とうすうす気付いてはいました。

でもやめられなかった。

暗記するだけ勉強法はラクやったもん。

だって数学得意な人が、『数学はラクや』って言ってたもん。

だからラクな勉強法をしたらええんや、と思ったんやもん。

そう思ってた学生時代のわたしにだれかひとこと『それは違う、アホか!』と言ってくれていれば。

きっとケンカになってたやろうけど。

結果は変わらんかったやろうなあ。(なら意味ない!)



数学とわたし 11.9


それでは~

とりぶう
関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです