2011年01月24日ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  黒の衝撃~あなたができるまで 27 


黒の衝撃~あなたができるまで 27

テーマ : エッセイ ジャンル : 小説・文学


※よろしかったら最初からどうぞ→あなたができるまで



娘よ。

宮古島に来てから、もうすぐまる4年がたとうとしている。

あなたは立派に宮古弁を使いこなし、そうして。

夏場、クラスで1,2を争うほど黒くなった。

宮古っ子もびっくり。

まさしくそれは遺伝だと確信するよ。

わたしも中学のときは学校で1,2を争うくらい、黒かった。

そうしてね。

ケアンズで日焼け止めも塗らずさんざん焼いてきた妊婦のわたしは。

そりゃあ、驚くほど黒かった。

部活に明け暮れた中2のときよりも黒かった。

当時の大阪で、黒さでは10位以内に入る自信があった。

それくらい黒かったものだから。

会う人みんな驚いた。

どこの妊婦かよ!

しかちくが結婚したのは、日本人じゃなかったのかよ!

そんな驚かれかたで。

ごはんを食べに行ったときなど、おばさんグループにまじまじと見られた。

じろじろ見てんじゃねえよ。

という不良高校生の気持ちがよくわかった。

おばさんにとって、妊婦がとことん日焼けしてるというのは違和感ありありのことだったようだ。

たとえば、ボクシングの亀田三兄弟が、リラックマのぬいぐるみ集めに夢中、とか。

ガチャピンとムックが、ギャラの配分でもめるとか。

ムツゴロウさんのご自慢は、さいきん買ったミンクの毛皮なんですって、とか。

それくらい、ウソやろ~!?みたいな見られ方だった。



助産院のおばちゃん助産婦さんは、

「こんなに焦げた妊婦はみたことない・・・!」

と言葉を失った。




あなたができるまで27 1・24




そういえば。

下の子を妊娠したときも黒くて。

同じ助産院に行ったとき。

おばちゃん助産婦さんは、

「黒いな~!」

と驚いて、

「でもあんたより、黒かった人がおるわ。

あの人、オーストラリアかどっかで真っ黒に焼いてきて、もう信じられへんくらい、黒かった」

と言ったけど。



それ、あたしやん。

おばちゃん助産婦さんは、みんなに言いすぎて、だれのことだったかもはや忘れていたようで。

その助産院では わたしは伝説の妊婦だった。



しかしね。

何がいいたいかというと。

わたしは黒かったことも、何ひとつ後悔していないということ。

妊婦なのにビキニで泳いだことも、出産後、妊娠線の消えないおなかでビキニになったことも。

わたしはすべてやりたいことをやった。

ときどき後ろ指をさすひともいるけど。

自分がやりたいことは、やったほうがいい。

勇気がいるけど結局は。

いい思い出以外のなにものでもないんだ。




つづく

関連記事
スポンサーサイト

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです