2011年02月ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  分娩台へ~あなたができるまで 33出産~あなたができるまで 34娘へ (最終回)~あなたができるまで 35カメとムチ2月の楽しみ、オリックスキャンプ! 


分娩台へ~あなたができるまで 33

テーマ : エッセイ ジャンル : 小説・文学


※よろしかったら最初からどうぞ→あなたができるまで



娘よ。

里帰り出産する人も多いけど わたしはそうしなかった。

同居なので家事やその他の心配がないというのもあったけど。

いちばんの理由は。

これを書いたら怒られるかもしれないけど。

しかちくがさみしがったからなんだ。

わたちたちは24時間いっしょにいて、それが当たり前で。

離れ離れになることは、おたがいとても心細く感じた。

いくら、陣痛の痛みに耐えてる妻をくだらないことで笑わかそうとする人であっても。

しかちくがいない世界は わたしにとって意味のない世界だ。

だから、わたしは常に念じた。

不安に負けたらあかん。

常識に負けたらあかん。

ハプニングがあったら、対応できる能力がある と信じる。

そんな心構えで助産院に行く車に乗っていた。


助産院にはお義母さんもいっしょに行ってくれた。

到着すると助産婦さんと看護婦さんが迎えてくれ、さっそくわたしは分娩台に乗せられた。



あなたができるまで33 2・1




いやおうなしに、しかちくもお義母さんも分娩室に入れられる。

ドラマみたいに、病室の外で、

「まだかなー、まだかなー、ちょっと遅すぎるんじゃないか」

と夫が心配したり。

それを見て、

「まあ落ち着きなさいな。初めてのお産っていうのは時間がかかるものなのよ。

あなたを産むときなんか、母さん24時間かかったんだから」

なんて義母がなだめたり。

そういう展開はいっさいなく。

助産婦さんが、

「ちょっとダンナ、ここ手伝って!お義母さん、こっち持って!」

と人づかいが荒いのなんの。

ヘタしたら、外歩いてる人までつかまえてきて手伝わせかねない勢いだった。

夜中でよかった。

陣痛は絶え間なくやってきて、分娩台の上でわたしは、もうすぐだと腹をくくった。

不安に負けたらあかん!

しかし。

助産婦さんは触診で、

「子宮口、8センチやな。10センチにならないと産まれへんから、あと2時間くらいかかるわ」

と言った。

えー!

こんなしんどいのあと2時間!?

ムリムリー!

わたしはさっそく負けそうになった。

人によるとほんとに24時間くらいかかるというのだから、わたしはまだマシなほうなんだろうけど。

強烈にはちきれそうで、締め付けられるような痛み。

ほんとにスイカが体から無理やり出て行きそうな、めりめりめり という痛み。

これが2時間も続くのかと思うと、気が遠くなりそうだった。

骨盤が、がくんがくんいう痛みのなか、わたしは夢中でヒッヒッフーをくり返した。



気がつくと、その助産院の先代、つまり、助産婦さんのお義母さんにあたる人まで総動員されていた。

もう80歳を越えてるだろうと思われる先代は、達観した顔つきで、

「そうやでー、そうやでー、その調子やでー」

とわたしの腕をさすってくれた。

おなか周辺はとても暑いんだけど、足先や指先がものすごく冷たく。

わたしは

「寒い寒い寒い」

と言い続けた。

しかちくはわたしの横で、さすがに真剣な顔をして、

「がんばれ、がんばれ」

と励ましてくれ、いっしょに『ヒッヒッフーッ』を言ってくれた。

思ったよりわたしの子宮口は開くのが早く、ついに10センチになった。

それくらいでもまだあなたは動いていたよ。

もう陣痛の間隔は1分くらいで、常に痛い状態。

早く出てほしいという一心だった。

「いきんで!ヒッヒッフーッ、ウンッや!」

助産婦さんの声が飛ぶ。

わたしは言ったよ。

「ヒッヒッフーッ、ウンッ!ヒッヒッフーッ、ウンツ!」

こうなったらウンッだろうが、フンだろうが、なんでも言ってやるよ!

キューティーハニーのコスプレだろうがやってやるよ!

とにかく、早く出てきて!

必死だった。

わたしがいきんでる横で、しかちくが。

『ウンッ』のときにかすかに笑ってるのがわかった。

うぬぬぬ。

でも笑いながら『ウンッ』をいっしょに言ってくれた。

唇はヒッヒッフーッのたびに乾いて乾いて。

しかちくにリップを塗ってもらいながらいきみ続けた。

「ほら、もっとしっかりいきんで!」

助産婦さんは叱咤する。

しかしこれ以上いきむと、いろんなものが出てきそうでこわかった。

病院ではあらかじめ浣腸をするところもあるそうだけど。

この助産院ではそういうことはまったくなく自然にまかせていたので、

わたしは いきみたいけどいきめないジレンマに陥っていた。

「ほら、いきまんかいな!

なんでも出したらええ!

おもいっきり出したらええ!」

助産婦さんの言葉に背中を押されて、わたしは、

もうこうなったら、常識に負けたらあかん!と腹をくくり、

ふんーーーーーっ

ふんーーーーーっ

ふんーーーーーっ

といきんだ。

すると、

「見えた!」

というではないか!

すかさず、わたしはどっちが!?と思った。

「頭が見えた!」

という声を聞いて、心底、ほっとした。



つづく
関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

出産~あなたができるまで 34

テーマ : エッセイ ジャンル : 小説・文学


※よろしかったら最初からどうぞ→あなたができるまで



娘よ。

あなたの頭はそのとき。

まだ羊膜に包まれていて空気に触れていなかった。

しかちくが言うには、その後、助産婦さんがハサミかなにかで破水させたらしい。

そこらへんのことはわたしにはまったく見えないし、痛くてそれどころでもなかった。

たしか、イキな計らいとして、鏡で見せてくれたような気もするけど、見てる余裕がまったくなく。

ていうか、みんなこの状況で鏡見る余裕、あるの!?と不思議に思った。

あるいは、わたしは相当切羽詰った状況だったんだけど、

中には『きゃー、頭、見たい見たい!』と余裕たっぷりの妊婦もいるのかもしれない。

こればっかりは個人差がすごくあるので、どうともいえない。




先代助産婦のおばあちゃんはしきりに、

「も~っちょっとやで~」

とお経みたいにとなえていた。

おばあちゃんは数々のお産を見てきただけに、心強い助っ人というよりも。

まるでちょっとした妖怪だった。



『頭が見えるとすぐに手足がつるんと出てきた、その感覚がすごくうれしかった』

と、いう人の話を聞いてたので、いまかいまかと待ち構えていたのだけど。

そうでもなく。

なんかひっかかってるという感覚のまま、なかなか進んでくれない。

「もういきんだらあかんで!チョウチョの呼吸、ファ~、ファ~や!力抜いて!リラックス!」

助産婦さんが力強くどなる。

「ファ~、ファ~、ファ~」

わたしは必死にリラックスした。

逆説的だけど、リラックスするのに必死になった。

しかしなかなか出ない。

わたしがひたすらファ~ファ~やってると。

「手や!」

しかちくが驚いた声を出す。

あなたは小さな手を、顔の真横に持ってきていたので、それがひっかかって出にくいみたいだった。

「それ、もうちょっと、もうちょっとや!」

助産婦さんはわたしにだけでなく、あなたに、そして、自分に言い聞かせてるみたいだった。

もう痛みは痛いを通り越していた。

そうして。





「出たーっ!」




興奮と喜びと安心の混じった声が聞こえ。

あれ、つるんとした感覚がなかった、と思ってるうちに。

へその緒でつながったまんまのあなたがわたしに見えるように掲げられた。

ふぎゃ、ふぎゃ、ふぎゃ

まだらに白くて赤くて、小さくまるまったあなたは、心もとない泣き声をあげた。

「女の子や~!」

助産婦さんは天下を取ったような晴れ晴れしい声で言った。

男の子だとばっかり思っていたわたしたちは かなり驚いたけど、

性別はどっちでもよかったので、無事うまれてくれたことだけに感謝した。

しかちくは助産婦さんにハサミをわたされ、ヘソの緒を切らされた。

思ったより弾力があったと、しかちくは後に語っていた。

わたしは安心したものの、足先手先の冷たさはハンパなく。

ひたすら寒い寒いと思っていた。

あなたがきれいに洗われ、体重や身長を測られているあいだ。

先代のおばあちゃん助産婦が、みかんを食べさせてくれるという。

それはこの助産院の恒例行事で、ここで出産した先輩ママたちは、

「あれはこころにしみた」

という、ほんわかする行事なのだそうで。

わたしもほんわかするのか、と思っていたところ。

なんと、みかんは冷凍みかん。

それをひとつずつ、口に入れてくれる。

ただでさえ寒い寒いと震えてる身には、そのみかんを食べるのが辛くてしかたなかった。

でもおばあちゃんの、

「どうや、こんなとき、冷凍みかんがおいしいやろ?」

という自信に満ちた口ぶりに、

「はい、ありがとうございます・・・・」

としか言えなかった。



ようやく、あなたはきれいになって、かわいい服を着せられて。

わたしの横に寝かされた。

体重2736グラム、身長46.4センチの。

小さな赤ちゃんだった。



あなたができるまで34 2・2 





感動するのかと思ったけど。

実際、感動よりも呆然とした感じで。

やっと終わったという安心感がいちばんだった。

あとからじんわり、みんなありがとう、と思え。

鬼だと思った助産婦さんが、ちょっと神々しく見えた。

疲れたけど。

おなかの中でぐるぐる動き回ってた正体はこれかと思うと、おかしかった。

そうして。

わたしの妊婦生活が終わり、あなたの人生が始まった。



つづく

(次回、最終回です!)

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

娘へ (最終回)~あなたができるまで 35

テーマ : エッセイ ジャンル : 小説・文学



※よろしかったら最初からどうぞ→あなたができるまで



娘よ。

いちばん最初に言ったように。

わたしはデキのよくない母だ。

あなたがうまれてからずっと、いい母になろうと思ってきた。

でもうまくいかなくて泣いて、怒って、しかちくとケンカしたときもたくさんあった。

そのたび、自分というものはなんてダメな人間なんだろう、と情けなくなった。

しかし、さいきん考えるよ。

この世はデキのよくない母であふれてるんじゃないだろうかと。

母だけじゃなく、人間みんなそうだ。

みんな悩みながら、反省しながら、毎日を生きている。

なんで、反省なんかしなくちゃいけないのか。

なんで、悩まないと進めないのか。

それは、きっと自分の好きな自分になるためだ。

いまでももちろん、わたしは子育てについて悩む。

自分の出来てなさを反省する。

それは、わたしが自分の悔いないように生きるために、必要なことなんだ。



いまあなたは。

テストで100点をとったり、絵が入賞したり、かけっこで優勝したりするとほめてもらえる。

そういうわかりやすい評価の世界で生きている。

それはそれでしんどい世界なんだけど。

そういう世界が終わったときから、ほんとうの人生が始まる。

できないことはだれのせいでもなくて、ましてや親や社会のせいでもない。

自分のせいになる世界。

だからこそ、やらないことをだれのせいにしてもいけない。

自分の思い通りにならないことを、人のせいにはできない。

困難を乗り越える答えはいつも、自分が持っている。

自分と対話することを忘れてはいけない。

この世界では。

がんばっても、だれもほめてくれないことがたくさんある。

そこから先、あなたをほめるのは、あなた自身なんだ。



もしあなたが。

失敗したら、許しなさい。

苦しいけれど、自分を許しなさい。

思いっきり落ち込んだあと、自分を許すんだ。

人間は、失敗することもある。



だから。

やりたいことを思いっきりやったらいい。

わたしたちがあなたに望むことは、自分の好きな自分でいてくれることだけだ。




いまでもしかちくは夢を追い、自分に叱られる毎日だ。

わたしはくだらない失敗をして、反省しきりの毎日。

それでも毎日、かならず笑う。

笑うことはわたしたちのなかで空気のように必要なこと。

しんどいときでも、笑いはなにかを救う。

あなたがいつかしんどいことで身動き取れなくなったら。

ネットで『とりぶうの読むコント』を読むといい。

笑いがあふれてるはずさ。

最後に自分のブログの宣伝かい、と思ったろうけど。

わすれたらあかん。



それが あなたの母。 




あなたができるまで35 2・3



<おわり>






(追記)

みなさま、長いシリーズにお付き合いいただきありがとうございました!

行き当たりばったりで書いてたので、当初の思惑とずれた部分も多々あったのですが。

まあ、しょうがない。

自分を許すこと、これが肝心だ。わはははは。

来週からはまた通常通り。

マヤ文明からインカ帝国まで、世の中の七不思議を斬ってゆきたいと思います。

って、そんなことやったことなかった。

そのうえ、マヤ文明からインカ帝国って。

違いがわかれへんで。


とりあえず、気楽におつきあいくださいね!

コメントいただいた方々、ほんとうにありがとうございました!

ものすごく励みになりました。

これからもよろしくおねがいしますね!


それではまた~



とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

カメとムチ

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

宮古島はきのう、暑かったです。

半そでOKな暑さでした。

うはははは。

移住してよかった!

と心から思った日でした。

このように。

年に数回、移住してよかったと思うことがあります。

気を抜いてたら、移住したことを忘れて、なんでこんなに寒いねん!とぼやいてしまいます。

あ~もったいない。

慣れはこわい~。

ボロは着てても心は錦。

のように。

ダウン着てても一応南国。

ということを忘れずに過ごしたいものです。



さて。

息子のカメ氏はさいきん ムチ に夢中。



カメとムチ 2011 2・7




原因はいまさらながらの『インディ・ジョーンズ』なのですが、とにかく、

「ボクは考古学者になりたい!考古学者になって、ムチを使いたい!」

と熱く語っています。

何か間違ってる。

とりあえず、考古学者になる努力は?

と思うのですが、とにかく。

彼は日々、ムチの練習をしています。

しかし、そのムチ。

カメ氏のお手製なのですが、どこかで見たようなヒモ。

「そのムチ、どこにあったん?」

と聞くと、彼は自慢げに、

「体操服の短パンから抜いた!」

と答えました。

まったく。

ロクなことせえへんで。

その上、そのヒモを抜いた短パンは、自分のではなく。

「それ、うさQの短パンのヒモやんかーっ!あほーっ、返せーっ!」

と盛大に姉のうさQに怒られていました。

姉のものを勝手にとったらあかんとかいう、常識は無知。

カメ氏に必要なのは、愛のムチだなあ。





ところで、先週から風邪をひいてしまい、コメントのお返しが遅くなってすいません。

ダウンは着てても一応南国。

南国だけれど風邪は流行。

ということで、シーズン中、ふつうに2、3回、風邪ひいてしまいます。

でもきのうみたいに暑かったら 蚊が出てきて刺されるし。

も~どないやねん。

これやから、南国ってのは・・・・



あかんあかん。

気を抜いてしまった。

移住してよかったわ~。



それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

2月の楽しみ、オリックスキャンプ!

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

今年もプロ野球キャンプの季節がやってまいりました!

オリックスキャンプのために宮古島に移住した と言っては完全に過言になるが、そこそこのオリックスファンにとって、たまらない季節。

ことしは日ハムに佑ちゃんが入ったため、1200人という観客が詰めかけ、大フィーバーになってるらしいですが。

オリックスはいたっておだやか。

あいかわらずマスコミのほうが、ファンよりも多いというねじれ現象が続いています。

しかし。

今年は例年にも増して、マスコミの数が多い。

知り合いのカメラマンのひとに聞くと、

「今年は大物韓国選手が入団したから、韓国メディアがたくさん来てる」

とのこと。

調べてみると、巨人からきた李スンヨプ選手とか、メジャー帰りの朴チャンホ選手なんかが入団しています。

そのすごさ。

例えていうなら、チャン・ドンゴンとイ・ビョンホンが揃ってNHKの朝ドラに出るという豪華さ。

だと推測します。

じつはあんまりよく知りません。

ファンとか言いながらも、そこらへんのフォローがぜんぜんできてないくらいのファンです。

しかし。

通常ならブルペンで投球練習なんか見放題なのに、ことしはマスコミにはばまれて見えません。

朴投手は韓国にとっては、野茂と松坂を足したくらいのすごさのようなのです。

それくらいすごい選手だというなら、一度どんな選手か見てみたいもの。

昼間、比較的時間に余裕のあるわたしとしかちくは、お昼ごはんを食べた後、毎日せっせとオリックスキャンプに通っています。

しかし朴投手は雲隠れにでもあったかのごとく、まったく姿を現しません。

投手たちがみんなそろって球場から移動するのに出くわしたときも、じっと目をこらしていたのですが、それらしき人は見当たらず。

かわりにベネズエラ人みたいな投手が、

「コニチハ」

とカタコトの日本語であいさつしてくれました。

日本人選手はなんにも言わないのに、このベネズエラ人はすごく気さく。

「ああやってフレンドリーにされたら、応援してしまうよなあ」

と『PARK』というその選手を見送っていたのでした。



しかし、調べたところ。

そのベネズエラ人みたいな『PARK』投手が。

じつは朴投手でした。

ぜんぜん、韓国人みたいな顔してない。

メジャーも17年もいると、あっち風の顔になってしまうのでしょうか?

なぞです。

ともかく、今年はオリックスに注目です!

って、毎年言ってるよ!

はやく優勝にからむオリックスが見たい~!

それでは~


とりぶう
関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     リンクエリア1
このバナー使ってほしいな!
ショートショートとりぶうの読むコント宮古島へのリンク
右クリックで名前をつけて
画像を保存して使ってね。

相互リンク一覧も見てね

のぶちんと神様の日記
ずっと♪CuteMama
今日は何しましょうか?
自分を探して
現代語訳「今昔物語」
one more time
空想Cafe 日ごろ景色
モエレ沼公園通り
プリモプエル奮戦記
ゆみぴい日記
宮古島に移住した介護士のブログ「ゆうむつ青板」
うつ病トマト自分探し旅
すくわか グルメ
羊飼いな日々
日吉丸の買い物日記
デイリー・ロク
哲雄&AKIの不純愛講座
「おとなの恋愛小説」倶楽部
雨のち虹。時々とまと
線香花火
OLミユキさん
癒しの宮古島
宮古島ナビ
宮古島オンライン
もう少し生きてみようじゃないか
トモにゃん日記
官公庁のバイトさん
~怪しい探検隊~
アパート経営で副業生活
ちょっと一息
健康・薬・美容のあれこれ
kurosio note
サミタ帝愛カジノ『沼』攻略への道
路地裏ニライカナイ
腹ペコ番長の三ツ星ブランチ
1日10分 1年で創る自分史
COCOマミーのケ・セ・ラ・セ・ラ
きのこにっき
こころと体に光を
こころのかたち。
日本一のみかん農家
いしまり総統の独身OL帝国
笑い話千夜一夜
ノラ家の日常・非日常
人生楽ありゃ苦もあるさ
FIELD & STREAM
するめ日記
ワクワクの森
短編物語
クマゴローYOGIYOGI
ぽんぽこりん日記
シナモン「飛行船の殺人」
小説人気ランキング娯楽部
りくの日記
回転!揺りイス固め
ドラッグストア店長日記
通販ショップ Ring
眠気耐えられないサラリーマン
のほほん お散歩日記
あざらし☆BEAUTY
ガケップチ我が侭コラム
過ぎ行く日々の雑事
富山市・中心街通信
リハビリ病棟は今日も大笑い
よっちゃん’s BAR
さぼりのクリーニング日記
トビナナフシ日記
映画レビュー
極楽トンボの思うこと

リンク切れと判断した場合は削除しますが、見落としてリンク切れと判断してしまった場合は教えてくださいね。
FC2リンクに追加する



     おかげさまです

     ランキング
人気記事ランキング10
面白いサイトがいっぱいなのでぜひ見に行ってくださいね。自分のブログにリンクを貼ってクリックするだけで参加できます。SNSからのリンクはカウントされません。