2011年03月01日ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  スポンサーサイトダンボール棚 


スポンサーサイト

テーマ : ジャンル :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンボール棚

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

きょうは気分が江戸っ子なので、そのつもりでお読みください。




あたしゃね。

むかしっから、無性に部屋の片付けをしたくなるときがあってね。

こういうことは、女なら、だれしも経験あるとおもうんだけどさ。

ここに棚があったらいいなあ、なんて思い立つときが一年に1、2回あるってわけさ。

それでね。

亭主のしかちくに言ったわけさ。

「ここに棚が欲しい」

とさ。

すると、亭主しかちくは、

「あかん。そんな思いつきでいっつもモノを増やそうとする。

次々増えるばっかりやぞ。もっと片付けをきっちりやったらええんちゃうか」

みたいなことを言ったわけさ。

あたしゃ一瞬、今畜生め、しかちくしょうめ、と思ったけどね。

よく考えると、なるほどそれもそう棚、そのとおり棚。

と思ってね。

金のかからないダンボールで棚を作ろうと思い立ったわけさ。

さっそくダンボールを集めた。

これは我ながらいい思いつきだと思ったよ。

思い立ったが吉日。

あたしゃ この言葉が大好きだよ。

ところでこの言葉で思い出したんだけどね。

『思い立った が 吉日』 なのか 『思い立った ら 吉日』 なのか、

どっちが正しいのか、高校のころ論争になってね。

たしかテストに出たんだよ。

で、あたしゃ、間違えたんだよ。

あのとき二度と間違えないと誓ったけどさ。

覚えてるのは間違ったってことだけでさ。

どっちが間違いだったのか、忘れちまったよ。

ほんに知識は屁のようなもんさ。

テストで思い出したんだけどね。

中学の国語のテストで『冬瓜』の読みを書かせる問題があった。

これにはみんな、頭を抱えたね。

なにしろそれまで冬瓜を食べたことあるやつなんていなかったからさ。

スキーに行ったことがあるやつと同じくらいの少なさだったろうね。

テストが終わってから、あれはなんと読むんだ、という論争になったよ。

『ふゆうり』『とううり』『ふゆつめ』、いろいろ出たよ。

だいたい、『つめ』って言ってるやつはその時点でアウトだけどね。

ひとりの子が

「あれはたぶん『とうがん』って読むと思う」

というもんだから、みんなポカンとした。

なんだよ、とうがんって。

金田一さん、あんた、この人が犯人ってそりゃないでしょうよ

と突っ込む警部みたいな気分だったよ。

先生に聞くと、たしかにあれは『とうがん』と読む。

というじゃないか。

おまけに、冬の瓜と書くくせに、夏に出来るというじゃないか。

なんですと?

金田一さん、アリバイがあるのに犯人ですかい?

という気分だったよ。

閑話休題。

ダンボール棚に戻るよ。

あたしゃね。

下手の横好きを地で行く人間でね。

なんでも手作りしたがるわりには、工作が異常に下手でね。

小学校のころ、工作があんまり下手くそなもんだから、出来あがったのを先生に見せて絶句させたことがあるよ。

「とりぶう、ほんっまに これで完成でええんか?」

と何度も念を押された。

あたしゃ「はい」と胸をはって答えた。

あきらかに間違ってるのに自信満々に『ファイナルアンサー』って答えるやつ、いるじゃないか。

ああいう感じだったと思うよ。

そういう腕前なもんだから、あたしゃ今回ばかりはしかちくをもあっと言わせるものを作ろうと心に決めた。

だいたいあたしゃ、早く作ることに精力を注ぎすぎて、丁寧さにかける。

あと、正確さと辛抱強さにもかける。

それらを克服してやろうじゃねえか、と思ったわけさ。

棚を作るにあたって、あたしゃネットで作り方を検索したよ。

簡単に作れてかっこいい棚。

適当なやつが見つかったので、すぐに作りはじめたのさ。

作り始めて十分もたつと、さっそく飽きてきた。

丁寧にも限界が見え始めたよ。

自分なりのアレンジをくわえ始めた。

経験上、自分なりのアレンジをくわえてうまく行ったためしはない。

なのに今回はうまくいくと思ってしまうんだな。

毎回。

そうして30分後。

匠の技は完成したよ。

やっつけ仕事でやったわりには、なかなかのデキだった。

あたしゃさっそくモノを並べて、しかちくに報告したよ。

しかちくはあっと驚いたね。





ダンボール棚 2011 3・1




すでにかたむいてる。

すでにこわれかけのオーラが出ている。

横から見ると、平行四辺形だった。

それでもけなげに立ってる棚。

かわいいじゃねえか。

あれから3ヶ月以上たつけど、かたむきはますます厳しくなってきたけど、まだ立っている。

こうなったら崩れ落ちるその日まで、見届けてやろうじゃねえかって気になるのさ。

ま、こういうことがあるとつくづくあたしゃ、思うわけさ。

あたしゃ、江戸っ子じゃねえ、ただの農民出身さ。

工作より、耕作のほうが得意だってね。



それでは~


とりぶう
関連記事
スポンサーサイト

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。