2011年03月10日ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  スポンサーサイトぜい肉フェチ 


スポンサーサイト

テーマ : ジャンル :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぜい肉フェチ

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

あなたなにフェチ?なんてことばがわりとよく聞かれるようになりました。

水族館にいるのは、ちなみにシャチです。

おごってくれない上司はケチです。

正月、喉につまるのはモチ。

韻を踏むのもこれくらいにして。

いまでは『フェチ』ということばは、異性のどこにグッとくるか、という意味で使われてるようです。

わたしは若い頃はだんぜん、手。

手がきれいな人が好きでした。

ところが年とともに、手なんてどうでもよくなってきました。

手 → 筋肉 → 胸板 

と好きな部分は変化し。

なんと今では、

男性のちょっとしたぜい肉が好きだ!

と断言するまでになってしまいました。

筋肉とぜい肉の同居。

これが理想だ!

と壇上でこぶしを振り上げるくらいになってきました。

今まではそんな女、どっかの物好きのおばさんだけだろうと思ってました。

まさか、わたし自身がどっかの物好きのおばさんになろうとは!

人間 いたるところに青山はあるもんです。

だから、さいきんの若い男性のすらりとした肉体を見ても、あんまりいいな~とは思いません。

むしろ、中年以降の「あらこの人、太っちゃって」という人にこそ、色気を感じるのです。

なぜだろうかと自分でブンセキしてみたのですが。

あっという間に答えが出ました。

安心感。

これにつきる。

ちょっとぽっちゃり目の女性が好みの男性は、母性を求めてるといわれるように。

わたしはちょっとぜい肉気味の男性に、安心感を求めているのかもしれません。

父性、という意味では、わたしの父はぜい肉のない人だったので、ちょっと当てはまらない気がします。

わたしの勝手な想像なのですが。

ぜい肉気味のオトコというのは、女にやさしい。

ぜい肉気味のオトコというのは自分にもやさしい。

だから、人生、わりと楽しい。

そうして、筋肉があるということは、ちょっとは厳しいいちめんもある。

このバランスが好もしいのです。

だいたい、自分自身が盛りをはるかに過ぎてしまって、若いスラリとした男と話するって考えただけで大変です。

楽しい話題をこちらから提供しなければ、きっと向こうは仏頂面になるだろうし。

てかマジ、ウザイんスけどー

とか言われるに決まってるし。

お付き合いしてください、と言われても丁重にお断りしようと、イケメンといわれる若い男性のめんめんを見ていて、いちいち思っています。

ふはははは!

そうだよ、ちょっとアホなおばさんだよ!



そうして。

オトコっていうものは、筋肉・ぜい肉・責任・信頼など、いろんなものを背負ってからが華だなと思うわけです。

ぜひだれか、女もぜい肉ついてからが華だよ、と壇上でこぶしを振り上げてもらいたいものです。




ちなみに。

わたしは手乗り文鳥モコにおいては、『ピヨの部分』フェチです。



モコのピヨの部分 2011 3・10



『ピヨの部分』というのは、首のところでちょろっとはみだした羽です。

モコがふわりとしているときは、見ているだけでいやされる~。


それでは~


とりぶう
関連記事
スポンサーサイト

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。