2011年09月01日ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  スポンサーサイト宮古島旅行 (前編) 


スポンサーサイト

テーマ : ジャンル :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮古島旅行 (前編)

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

約一週間、夏休みをいただいていました。

その間、なにをしていたかというと、

ゴルフ(千円)をしたり、

映画をみたり、

ボーリングをしたり、

休みを満喫していたのですが。

一泊二日の旅行にも行きました。

行き先はなんと・・・宮古島!

地元やん!

車で30分で行けるやん!

そんなことないよ!

急いだら25分で行けるよ!

どうでもええわ!



そうなのです。

島内旅行です。

宮古島は観光に力を入れてるだけあって、ステキなリゾートホテルがたくさんあるのです。

各部屋にプールがついたそれはそれはゴージャスなホテルが。

しかし、子どもふたりも連れてゆくため、そんなゴージャス、いけるはずもなく。

そのホテルの系列の、家族で利用しやすいお値段のホテルに行きました。

朝、九時ごろ家を出ると、九時半にはすでに到着。

「どうする~?」

と言いながら、もう何回も来たことがあるみやげ物屋を物色。

試食のちんすこうを買う気もないのにいただくも、

子どもたちは「おなかすいた~」を連発。

「だって、朝ごはん なしやもん」

と不服そうな口ぶり。

なにをぜいたくな。

朝ごはん、なしでええやないか!

あ、朝ごはん、梨 でええやないか。

わたしはこの時期、毎日わんさか梨を食べることをモットーとしているのです。

だっておいしいもん。

身勝手なモットーでごめん。

まだレストランはどこもあいておらず、ホテルの駐車場に寝ていた野良猫2匹とひたすら遊ぶ。

それでもようやく十時半。

しょうがなくホテルのロビーでうろつくことにします。

こんなとき、関西弁というのは便利なもの。

いくらうろついても、

「ああ、観光客だな」

と思われて、怪訝な顔もされません。

ホテルのロビーでは、アクティビティの受付もしているのですが、

あいにく台風接近中のため、海のアクティビティはすべて中止。

「昼から、何する?」

と、言い合いながらようやく十一時になり、近くのレストランでごはんを食べました。

レストランのテレビでは『世界陸上』がやっていました。

とくにすることもないので、家族4人で『世界陸上』に注目。

夏といえばスイカ、みたいに。

世界陸上といえば織田裕二、ということになんとなく安心し、

織田裕二、なぜあんなにも変わらないのか、ということに愕然。


さて、食後。

海のアクテピビティがダメだということなので、

「シーサーを作ろう!」

ということになりました。

ホテルのちかくにシーサーを作れる工房があって、観光客に人気なのだとか。

わたしたちが訪れたときは、満員だったのですが、どうにか場所をあけてもらい作ることができました。

ひとりにひとかたまりずつ、ガムテープふた巻きぶんくらいの大きさの粘土が配られます。

なつかしい思いがこみ上げてきました。

というのも、わたしの小学校では毎年、なぜか陶芸をやらされて、灰皿だとかコップだとかを作っていたのです。

下手に作ると、焼くときに割れるので、なかなかうまく行かないことも多かったのですが、

わたしは犬の置き物を作り続けて、割り続けていた記憶があります。

なぜそれほど犬の置き物にこだわったのか、いまではナゾです。

わたしは粘土を前に、昔取った杵柄と、さっそくコネコネしはじめました。

「粘土、こねてええんか?」

と疑わしげに聞くしかちくに、

「粘土はこねないとあかんねん!

しっかりこねないと、あとで割れる!

あたしは小学校6年間、ずっとやってきたからわかんねん!」

と鼻息をふんふんしながら言いました。

しかし教えに来てくれた陶芸家のおにいさんは、まったく粘土をこねることなく、さくさくと作り方を教えてくれるのでした。

しかちくが、

「粘土はこねなくていいんですか?」

と不必要な質問をすると、おにいさんは、

「あ、ぜんぜん大丈夫です」

と気軽にこたえました。

昔取った杵柄、役に立たず。

おにいさんのいうとおりに作ってゆくと、あら不思議。

難しそうに見えるシーサーでも、簡単に作れてしまいます。

正直、わたしはかなり楽しかったです。

シーサーなんてとくにかわいくもないのに、と思っていたのですが、自分で作ってみると愛着がわき、とてもかわいく思えてしまうのです。

絵をかいたり、物を作ったりすることが、はなはだ苦手なしかちくも、おとなしく粘土をまるめてはくっつけて行きます。

意外なことこの上なし。

十五分間、座ることが苦手な子どもと同じように、こういうことはすぐに飽きるしかちくが。

みちみちとシーサーを作ってるよ。

そう思うと、笑えてきてしかたありませんでした。

そうして。

出来上がったしかちくのシーサーは。











シーサー作り 2011 9・1








↑上のような目になっていたので、

「寝てるの?」

と聞いたら、

「ううん、笑ってる」

と答えたので、ちょっと驚きました。

どおりで、しかちくは、

。・∀・)ノ゛    こんなのとか、

_| ̄|○      こんなのとか、

| `Д´|ノ     こんなのとかの意味が、

まったくわからなかったわけだ。

基本、絵文字が読めないようです。

そんなこんなで、シーサーはできあがり。

一ヵ月後、焼きあがりが楽しみです。



まだチェックインもしていないのに、長くなってしまいましたので、今日はこれくらいにしておきます。

まだまだ宮古島は、やる気のある夏が居座っているもよう。

ちょっと涼しくなってほしいなあ。

台風の進路にあたるみなさん、どうぞお気をつけ下さい!

それでは~



とりぶう


関連記事
スポンサーサイト

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。