2012年10月24日ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  ドンゴロス 


ドンゴロス

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

大阪にいたとき、天王寺動物園はよく行く場所のひとつでした。

動物の動きというのはほんとうに見ていて飽きず、

へんてこだなへんてこだな、と思いながら見ていました。

中でも、興味を引いたのがオランウータンの檻。

オランウータンというのは、みればみるほどしぐさや表情が人間にそっくり。

とくに子どものオランウータン、子ランウータンは人間の子どもにとてもよく似ていて、

子ランウータンがベビーカーに乗っていても人間と思ってしまうだろうな、と思っていました。

げんにわたしはカメ氏と子ランウータンを間違えたことがあるほどです。

ウソですけど。(あたりまえや)

あるとき。

いつものようにオランウータンの檻にやってきてメスのオランウータンを眺めていると、

なにやらきたない布のようなものを抱きしめています。

なんだろうと思っていると、看板があり、そこにオランウータンが何時何分に何をするというのがかかれてあり、その時間メスのオランウータンが遊んでいるのは『ドンゴロス』であることが判明。

その気持ちわかる!

わかりすぎる!

と、わたしはものすごく親近感を覚えたのです。

というのも。

子どものころ、わたしにはお気に入りのふとん『においかーくー』というのがありました。

わたしはそれをいつもはなさず、ぼろぼろになるまでずーっと持ち続けていたので、父や母から、

「いつまでそのドンゴロス持ってるんや」

とあきれられていたからなのです。

ドンゴロスを見たことがなかったわたしでも、なんとなくけなされているということはわかっていたので、

「ドンゴロスって何?」

と聞いたときの答えが、

「汚い袋」

と言われてもそれほど傷つかなかったのですが。

ちょっと恨んでます。(傷ついてるやん)

今日、ひさしぶりに、ドンゴロスを思い出し、その語感がなんとなく日本語っぽくなかったので、

「はて。いったい『ドンゴロス』ってほんとはどんな意味なんだろう?」

と思い調べてみたのですが。

なんとなんと!

なんとみごとな平城京!

なくなうぐいす平安京!(なくなだったら797年になるぞ)

ドンゴロスのもともとの意味は『ダンガリー』だったのです!

そう、あのデニム生地のシャツ、ダンガリー!





ドンゴロス 2012 10・24






ダンガリーといえばカジュアルなコーディネートには欠かせなかったアイテム。

わたしはダンガリーが大好きで、学生時代、非常に愛用していました。

近年、復活のきざしがあるようで、女性誌などでもダンガリーの特集が組まれるくらい。

そのダンガリーがドンゴロスの語源だったなんて!

知らず知らずのうちにおしゃれアイテムを身に着けてしまってたわたしとオランウータン。

うふふ、おしゃれ人間はこれだから。(片方はサルや)

ひさしぶりにドンゴロスのシャツでも買ってみようかしら。

みなさんも、今年は『ドンゴロス』ってことば、流行らせてみない?(いやだ)

それでは~


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです