2012年12月20日ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  自己紹介 


自己紹介

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

わたしはわりと恥の多い人生を送っていると思います。

言わなきゃいいのに・・・というひとことで恥ずかしい目におちいることもしばしば。

特に自己紹介などという場面においては、かなり恥ずかしい発言もしてきました。

というのも。

自己紹介というのは自分をアピールする場。

他人はどうあれ、わたしにとっては月並みな自己紹介は恥だ、と考えていたからなのです。

中学校入学直後の自己紹介では、2年前、用水路に落ちてケガをし、右まゆ毛が縫い傷で欠けていることをだれにも指摘されていないのに、自らアピール。
「顔に縫い傷がありますが、ヤクザとは関係ありません」
と発言。
失笑を買いました。

中3になると、
「おニャン子クラブに入ることが夢です!」
と自己紹介。




生き恥をさらしていたころ 2012 12・20




クラスの男子から、
「おまえがおニャン子クラブに入れたら、オレは裸で逆立ちしてグランド一周したるわ!」
などと暖かい声援をいただいたりしました。(どこが)

さいわい、わたしが入ろうと思ってるうちにおニャン子クラブ解散により、入ることができなくなったので、あの男子はラッキーだったな、と思っています。(自分がラッキーやろ)

しかし。
こういう自ら招いた恥ずかしい発言というのは、
「あ~、若かったな~」
というだけで自分を苦しめることはありません。

わたしがもっとも恥ずかしい自己紹介だと思っているのは、大学入学直後の自己紹介です。
クラス全員がひとりずつ前に立って自己紹介をするのですが、
全国各地から集まってきた初対面々の前で堂々と発言するのは、かなり勇気がいることでした。
なのに、いきなり笑いを取りに行く生徒もいます。
すごいなあと感心しているうちにも、順番は進みます。
50人ほどのクラスに女子はたった7名。
おっさんみたいな男子もいる前で、何を言ったらよいのかうろたえました。
わたしの前にいた女子の番になりました。
彼女は名前と出身地を言った後、
「右も左もわかりませんが、どうかよろしくお願いします」
とそつなく言いました。
そつがないけど月並みだな。(失礼やろ)
と思いましたが次がわたしの番。

緊張しながら、前に立って教室を見回すと。
静まり返ってわたしを凝視しているたくさんの目にひるみ、
考えていたことは全部飛びました。
「あの、あの、・・・」
と口ごもり、ようやく自分の名前と出身地を言い、そのつぎにひとこと何か言わなければと焦ったわたしは、あろうことか、
「右も左もわかりませんが、どうかよろしくお願いします」
と言ってしまったのです。
言いながらわたしの頭には「言うな、言うな、言うな」という別の声がまわっていました。
まさかのパクリ。
月並みなせりふは恥、どころか。
月並みなせりふをパクるとは。
恥の恥。
月並みなせりふでも、きちんとパクらずに言えることのほうがずっとクールだ。

わたしは席にもどって、
もっと他に言うこと、山のようにあったはずやろ・・・!
何度も自分を責めましたが、戻ってこないのが時間と貸したマンガ。(マンガは戻ってくる)
その記憶は、ずっとわたしの心の恥のスペースにしまわれることとなったのです。

人によっては、なんだそんなこと。
と思うでしょう。
それよりも、おニャン子発言のほうがずっと恥ずかしいわ、と。
でもみんなそれぞれ、ちっぽけでくだらないポリシーを持っています。
それを大事にできたときに、やった!と思えるのでしょう。

その後。

自己紹介する機会があるたび、そのことを思い出し、
恥かしいことを言ってもいい、でも、自分のことばで恥をかこう、
と思い続けています。

そうして実際に恥を書いてネタにしてるんですけどね。

わはははは!(なにもおもしろくない)

それでは~


とりぶう

関連記事
スポンサーサイト



少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです