2012年12月24日ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  スポンサーサイトレ・ミゼラブル 


スポンサーサイト

テーマ : ジャンル :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レ・ミゼラブル

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

映画、『レ・ミゼラブル』を見てきました。

以前、ミュージカルで見たときは、泣けて泣けて、もう鼻水ずるずるだったのですが。

思い返してみても、

「ハテ。なんの場面で泣いたのだろう?」

といまひとつシーンがよみがえってこないのです。

今回、泣きのポイントはどこにあったのか確認しながら見ようと思っていました。

そして、わかりました。

歌が上手いと泣ける。

と、いうこと。

かわいいだけだと思っていた、プリティプリンセス、アン・ハサウェイの歌声にノックアウトされました。

こんなはずじゃないわたしの人生、夢を持っていたはずなのに・・・

娼婦になってしまった自分の境遇を嘆き歌い上げるその迫力。

歌の力ってすごいと再確認しました。





レミゼラブル 2012 12・24





それにしても出演者のそろいもそろって歌の激ウマなこと。

あの歌を聞くだけでもお金を払った価値があると思えるような映画でした。

さて。

たった一本のパンを盗んだだけで、生涯追われる身となったかわいそうな男、ジャン・バルジャン。
市長までのぼり詰めても、まだ過去は自分を苦しめる。ああ、無情!というイメージがつきまとい、

ずっと『レ・ミゼラブル』はかなりの悲劇だと思っていたのですが。

この映画を見てその考えが少し変わりました。

『ああ無情』と日本語ではおなじみですが、本来は『哀れな者たち』の意味で、決して主人公ジャン・バルジャンだけがかわいそうなのではなく、その時代を生きた人々すべてに対して当てはまることばなのだと思いました。

「正しく生きる」ということに最後まで忠実だったジャンバルジャン。

正しく生きるという点では、ジャン・バルジャンを追う警部も同じでした。

しかし警部の『正しい』は『法』。

あるとき、警部はジャン・バルジャンに命を助けられます。
それでも自分はこの男を追い続けるのか?
何のために?
『法』のため?
この男が犯した罪、一本のパンを盗んだことのため?
オレは何を信じたらいいのか?

警部は自殺してしまいます。

ああ、哀れな警部。

革命に生きた青年たちもそうです。

この国の明日がもっとよくなるために。

命を捨ててまで戦うのです。

ああ、哀れな青年たち。

そんな中。

ジャン・バルジャンはけっこう生きます。

64歳でなくなる設定なので、当時としてはまずます生きたほうなのではないでしょうか。

何よりも。

彼は自分を変えようと思ったその瞬間から、たゆまなく自分を変えたい方向へ向ける努力をしてきました。
それがあったがゆえ、むしろ彼自身の生涯は幸せかどうかはともかく、満足ゆくものだったような気がするのです。

満足する人生を送れるかどうかは、毎日毎日、ひたすら自分の信念にゆるぎなく生きるということなのでしょう。

時代をこえても、そのメッセージは力強くわたしを揺さぶるのでした。

自分の人生は手抜きなどできない。



今日はふつうに映画レビューでした。

ただ、ちょっと長いのでおしりが痛くなりましたとさ。


それでは~


とりぶう

関連記事
スポンサーサイト

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。