2012年12月27日ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  世にも残酷な一寸法師 


世にも残酷な一寸法師

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

昔話はじつは残酷な結末だった、という話はよく聞きます。

先日。
わたしは『一寸法師』について残酷な事実を知りました。

わたしの記憶にある一寸法師は。
子どものいないおじいさんとおばあさんが、神社にお祈りしたら、子どもをさずかった。
あまりに小さいので一寸法師と名づけた。
おじいさんとおばあさんは一寸法師をかわいがった。
一寸法師は青年になると家を出て都に行く。
そこで名門のおうちに居候することになった。
都を荒らす鬼退治をして大活躍の一寸法師。
鬼から奪った打出の小槌で大きな男になることができ、名門の娘と結婚することができた。
その後、おじいさんとおばあさんも呼び寄せて幸せに暮らしましたとさ。
めでたしめでたし。
という内容でした。

ところがじつは。
原作では。
一寸法師はおじいさんとおばあさんから、あまりに小さいため化け物だと疎んじられ、家を出てしまうのです。ちなみに、そのときおばあさんの針や、おわんや箸を盗んでいます。
その後、一寸法師は名門の家に入り込むのですが、そこの娘ほしさに悪知恵を働かせ、父親が娘を勘当するよう謀るのです。
悪いやつめ、一寸法師!でも人間くささを感じるよ!
そして2人でその家を出た後、鬼に遭遇。なんとか退治。まんまと打出の小槌で大きくなって、計画通り娘と結婚して幸せに暮らすのです。
ところが、最後。
おじいさんとおばあさんは金持ちになった一寸法師に呼び寄せてもらえず、貧しいまま死んでゆく、という話なのです。
あのときおじいさんとおばあさんが一寸法師にやさしくしていればねえ、というシニカルな教訓つき。
苦いよ、一寸法師!
ビターすぎるよ、一寸法師!

と、一瞬思いますが。

これはこれでちゃんと教訓があってよいと思うのです。
渡る世間は鬼ばかり。
むしろ、大人としてはこっちの話のほうがおもしろいと思うのです。

では、わたしが思う残酷な事実とは。

なんと。

一寸法師のおばあさん、41歳ってよ。

わたしと同い年ってよ。

いや、昔は数え年だから、ひとつ年下ってよ。




一寸法師 2012 12・27





世の中、熟女だ美魔女だ、うだうだうだうだ、言ってるけれども。
室町時代に行ったら、全部、ばあさんだってよ。
あ~、残酷。

初老って、案外はやくにやってくるものなのね。

それでは~


とりぶう


関連記事
スポンサーサイト

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです