2013年07月ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  GATSBYアジサシドカ食いダイエットブタ!天女の羽衣 


GATSBY

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

レオナルド・ディカプリオ主演『華麗なるギャツビー』のCMを見て、カメ氏は、

「うわっ!この映画、これの名前パクってる!」

と騒いでいたのですが。



ギャツビー 2013 7・1



『GATSBY』の汗ふき取りシート。

カメ氏よ。

『GATSBY』のほうが、『華麗なるギャツビー』からパクったんだと思うよ。

ところで、『華麗なるギャツビー』を見たい見たいと思っているのですが。

なにぶん離島なもので、今年中に見られるかどうかあやしいもの。

そこで、1974年制作のロバート・レッドフォード版を見ました。

わたしは原作を読んだことがあるので、ぼんやりとあらすじはわかっていたのですが。

初めて見たしかちくは、

「イメージとはだいぶ違う」

という印象を持っていたようです。

とくに最後、ギャツビーが・・・・・

あ、ここからネタバレありますので、まだネタバレを読みたくない、というかたは、アイマスクをつけてお読みください。(なんでやねん)

この話は、若いころ、貧乏ゆえに手に入らなかった高嶺の花のお嬢様を手に入れるためにがんばったギャツビーさんの話。

なんとか大富豪になったギャツビーはようやく高嶺の花、デイジーと再会。

しかし彼女はもう人妻。

とはいえ、大富豪の夫の女遊びに心を痛めているデイジーは、ギャツビーの登場に心を奪われるのです。

おたがい、過去を取り戻せると思っていたはずが。

悲劇がおこるのです。

ギャツビーがデイジーの夫の愛人の夫に(ややこし~)殺されるという悲劇。

しかし、ほんとうの悲劇は最後、ギャツビーが殺されたことではなく、

実は、すでにデイジーは、ギャツビーの欲しかったデイジーではなかったという残酷な事実なのかもしれません。

男心を狂わせるほど美しく無垢だったデイジー。

ギャツビーは、ほんとうにこの人と一生を生きて行きたいと、ふさわしい男になるべく唇を噛みしめ耐えた苦しみ。

そんなギャツビーとは裏腹に、デイジーには夫との生活があり、

どんな夫であれ、長年ともに生活していると、夫婦のあいだで乗り越えているものは多いのです。

その乗り越えてきたものを失うのは、自分の否定にもつながります。

デイジーは浮気夫のために苦しみますが、それを救ってくれるのは悲しいことにギャツビーではなく、夫を許すという彼女自身の心なのです。

そうして傲慢な浮気夫だけれども、ひとりの人間として心を裸にして接してゆくことができるのは、妻であるデイジーだけなのです。

ギャツビー、かわいそうに。

お金の作り方はさんざん学んだけど、女の気持ちについては、読み違えていたのかもしれません。

これらはあくまで1974年版を見たわたしの感想なので、違った意見を持ってる人もたくさんいるでしょうし、そうでなきゃ、とも思っています。

最後に。

この映画は当時の風俗に忠実に撮っているのか、当時はまだクーラーなどがないという設定のため、

俳優陣の汗がもうすごかったです。

かなりそればかり気になってました。

ロバート・レッドフォードも、三つ揃いスーツでびしっとキメてるのですが、

汗だく。

上着くらい脱げばいいのに・・・と思いましたが、そうもいかなかった世の中なのでしょう。

上流階級のかたがたも大変なのだなと思いました。

思わず、GATSBYの汗ふきシートでおでこを拭いてあげたくなりました。


それでは~



とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

アジサシ

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

とりぶうと名乗るだけあって、わたしは鳥が好きです。

しかし、鳥が好きだからとりぶうと名乗ってるわけではなくて、

『とり』のマネをしていたから、『とりぶう』と呼ばれただけです。

いまではその『とり』のマネ、おどろくほど鳥に似ていない。

しかしながら、名は人を育てるというのか、

『とりぶう』と名乗っていると、なんだかわたしは鳥の代弁者にならねばならぬ!

というような使命感を持ってしまいます。

なに?

「そんなおばさんに鳥の代弁者になってほしくない!」

ですと?

うるさいやつらは焼き鳥にしちまうぞ!(その突っ込み引くわ)

さて。

このあいだ、泳ぎに行ったときのこと。

ちなみにわたしたちは夏の間の週末は、かならずどこかで泳いでいます。

優雅に泳いでるわけではなく、やたらめったら泳いでます。

ときどきはTシャツと短パンのまま泳いでます。

そしてそのまま歩いて帰ったりしています。

そんな格好で泳いでいるときに限って、知り合いにあったりして、かなり気まずかったりします。

アノヒトたち、オトナなのに、チュウガクセイみたいなカッコウで、オヨイデル・・・。

と、いうような目で見られてしまうと、こちらの目が泳いでしまいます。

だから、なるべく人に会わないような浜で泳ぐことにしています。

そのときは、数人の観光客がシュノーケルをしてるところで泳いでいたのですが。

砂の状態もよく、穴場だなと思っていたら。

鳥がいました。

いっぱいいました。

群れでした。

かもめみたいに白っぽく、羽の部分は灰色。

くちばしは黒いやつと赤いやつがいて、飛んだらツバメみたいな尾っぽ。

ハトくらいの大きさで、岩場や砂浜にたくさん集まっています。

見るとかれらはお互いのカップルを見つけてる最中。

集団婚活中です。

カップル成立したかと思いきや、横取りしにくるオスもいて、

オレのメスは渡さんぞ!とそいつを蹴散らしてる最中にメスに逃げられたり、

せっかくプレゼントの小魚をくわえて飛んできたのに、

そこにいた複数のオスたちに一斉に「テメーは帰れ~!」とばかりにぎゃあぎゃあ鳴かれて仕方なく帰っていったり、

そのあいだにも波打ち際で水浴びをしている鳥たちが、

波が来るといっしょにつる~んと流されたり、

かわいくておもしろくて、

見ていて飽きません。

わたしの頭の中はすでに『ダーウィンが来た!』(NHKのいきもの番組)状態。

『ここ、宮古島にはナントカ鳥の群れが生息しています。
ナントカ鳥はこの岩場に巣をつくるのです。
おや、あちらではカップルが成立したようです。
求愛のダンスを踊っていますよ』

太ったアナウンサーの声すら聞こえてきそうでした。

このナントカ鳥の名前を調べたところ。

二種類いたかれらはともに『アジサシ』。





アジサシ 2013 7・2




とくにくちばしが黒いほうのアジサシは、

『エログロオジサン・・・・

じゃなかった、(むりやり間違うな)

『エリグロアジサシ』といって、夏に奄美大島よりも南で見られる種類なのだとか。

絶滅危惧Ⅱ種のめずらしいやつだそう。

でもいっぱいいたよ。

オーストラリアから飛んでくるそうなのですが、

かもめよりも華奢な印象で、どこにそんなに体力があるのかと不思議になるくらいでした。

もとはといえば、恐竜を祖先にもつ鳥たち。

いまでは面影を残さないくらい華奢になってるけど、

かつて地球上を支配した最強遺伝子は、かれらの中に受け継がれていて、

地球を自分の力で移動できるくらい、強くなってるんだなあ。

鳥の代弁者として、なんだか誇らしくなってきた。

最近まったく雨の降らない青い青い宮古島の空を見てると。

わたしもいつか飛びたいな~って気になるんだなあ。


それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

ドカ食いダイエット

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

地球の外側には宇宙空間があって、

宇宙にもきっと果てがあって、

その外側は何なんだろう?

そもそも、宇宙ができる前はなんだったんだろう?

そのはじまりのはじまりのビッグバンの先っぽにあるのは、どういう状態の宇宙なんだろう?

なんてことを考え出すと、不思議すぎて夜も眠れる。

眠れるんかい!

眠れる。

ごはんも普通に食べられる。

考えるのは楽しいけど、生活に支障はきたさない。

だって宇宙がどれだけ広くても、

わたしが生きる世界ではその広さは感じることができないもの。

しかしながら人間は、地球って、宇宙って、ほんとはどうなってんだこりゃ、ということに対して追求しまくっているため。

だんだんいろんなことがわかってきてるんだよね。

わかってくるのはいいんだけど、するとここはどうなってんだこりゃという新しくわかってないことが出来てしまう。

いたちごっこなんだよね。

むかしむかしのインドの人は、地球の下にはゾウとかカメとかヘビとかがいて、

そのものたちがこの世界をがっちり支えてくれてたと考えてたというけど。

そう考えてても、生きてく上ではとくに支障はないよね。



宇宙 2013 7・3




わたしもこれからときどき、そう考えようかな。

そう考えたら、ふとした瞬間、

「ああ、このときにもゾウやカメやヘビががんばってるんだな」

と思えて愉快。

さて。

今日言いたいのは、地球のことでもカメやヘビのことでもなくって、

つまり昔の常識と今の常識は違うってことなのです。

しかちくは常に、

「常識とされている医療法は、すぐにくつがえされるのでアテにならん」

と言ってます。

たしかに、歯磨きのしかたひとつとっても、

縦に磨くか横に磨くか、その時代でよいといわれるやり方は違います。

いままでのやり方は間違いだった!といわれてもいまさら・・・

ということ、多いですよね。

ダイエット法なんかは、とくにそうです。

先日。

しかちくが、顔をゆでたてのジャガイモみたいにほくほくさせています。

「あのな、いままで食事は何回にもわけて食べるほうが、ダイエットにはええ、っていうてたやろ?
あれは違うということが証明されてん」

非常にうれしそうです。

しかちくが言うには、

今までの常識では、お相撲さんみたいに、1日2回をドカ食いするのは太る。
同じ量でも5回にわけて食べるほうが、ダイエットには良い。
とされてたんだけれども。
同じ量を食べるのであれば、2回で食べるほうがやせるというのです。

どちらかというと、しかちくは少数ドカ食い人間。

ダイエットにはそれじゃあかん、とやさしい鬼嫁に言われていたのだけれど。

これで大手を振ってドカ食いできるというもの。

ばんざーいばんざーい、とほくほく顔だったのです。

「な?常識はくつがえるやろ?」

と得意げなのはいいけれど。

しかちくの考え方でいうと、

ドカ食いダイエットという常識もくつがえることがあると思うんだよなあ。

ともあれ。

寝る前にドカ食いがよいとはまだ証明されていないので、

ぜひこれが医学的によいとされないものか、と願ってます。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

ブタ!

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

金髪ブタ野郎!

といわれたのは春風亭小朝さんでした。

まれに聞く強烈なののしりことばに思えたのですが。

『金髪』も『野郎』もそれほどののしりことばとしては強烈ではなく、

あの名言(?)を名言たらしめたことばはすなわち、

『ブタ』

なのです。

ブタ!

といわれると、なんだか傷つく。

太って頭が悪いようなイメージがある。

西遊記だって、猪八戒役に抜擢されたら、ちょっと複雑。

『紅の豚』という映画だって、

ブタが「かっこいいとはこういうことさ」と言うから、

でもあんたブタやんか~、というそのギャップがいいのです。

このように、『ブタ』ということばには、軽蔑の響きがあるものです。

しかしながら。

すでに一部のブタ知りからは、常識のように言われているのが、

「ブタは太ってない」

ということ。

そういうひとに対して、

「やーいやーい、ブタヤロウ~」

とののしろうものなら大変。

「ああよかった、ブタって体脂肪率15%前後だから、

別に太ってるわけではないということだよね」

とうざい安堵をされてしまいます。

ブタ、わたしよりもかなり体脂肪率低いよ。くー

そのうえ。

ブタ知りに言わせると、ブタはかしこいのだそう。

以前、とある動物園にいったとき。

ブタの飼育員のお姉さんが言ってました。

「ブタって、犬よりもかしこいんだよ~」

って。



ぶた 2013 7・4




しかし、その直後。

ブタは同居人(?)のリクガメのエサを横取りしてた。

がっつりと横取りして食べてた。

「リクガメの大好物、スイカだよ~」

とリクガメに与えられたスイカを、ブタが横取りして全部食べてた。

リクガメはなすすべもなく。

ザンネンすぎる光景だった。

「おねえさん、その行為、かしこいと言えるんですか!?」

と聞きたかったけど、お姉さんのブタ愛が相当強そうなのでやめた。

あるいは。

お姉さんの愛を知りながらの行為なのだとしたら、

ブタのやつ、相当ワル知恵が働くな。

かしこいとはそういうことか・・・

とつぶやきたくなった。

ブタは鏡を認知できる数少ない動物のひとつらしく、

知能は高いらしいのだけれども、

じゃっかんモラルという面では問題ありなのかもしれません。

あの人みたいにさ。(だれやねん)

最後にブタ情報。

じつは、ブタの臓器とか皮膚とかの状態や大きさは、類人猿よりも人間に近いため、

ブタからの臓器移植が研究されてるらしいです。

そうなったら、くれないの豚ではなく。

臓器をくれる豚になるということだなあ。

わーっはっはっはっは~!(そんなにおもしろくないよ)

それでは~



とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

天女の羽衣

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

今朝、道端でとても美しいチョウをみました。

うすきみどりでやわらかい夏の素材でできたような羽。

ふわりふわりと飛んできて、葉っぱにとまるさまは、

まるで天女のはごろものようでした。




まるで天女の羽衣 2013 7・5




調べたところ、沖縄より南によくいるウラナミシロチョウとかいう種類だと思いますが、

わたしの中ではテンニョノハゴロモチョウとしてインプットされています。

こういうきれいなチョウを見ると、

「イモムシ時代を耐えてよかったね」

と声をかけてあげたくなります。

ところで。

天女の羽衣で思い出す昔話。

ひとりの若い男が、ある日、天女が水浴びしているのを発見。

あまりに美しいものだから羽衣をこっそり自分の家に持って帰る。

「あのう、うちの羽衣知りませんやろか?」

とさがしに来た天女にたいし、

「そんなもん、わし知らんがな。

ていうか、嫁に来い」(強引やな)

と、男はまんまと天女を自分の嫁にしてしまう。

その後。

隠していた羽衣が天女に見つかってしまう。

羽衣を見つけたからには天に帰ると言い張る天女。

男は、

「そんな殺生な・・・!

どうやったら会いに行けるんやろか・・・」

とすがりつく。

天女は、このウソつきブタヤロウめ、と思いながらも、ひとつの可能性を告げる。

「わらじを千足編んだらよろしいわ。
それで天にいけるはずです」

と。

「よし、わかった!」

男は来る日も来る日もわらじを編む。

そうしてとうとう999足。

あと1足というところで、この男、またぞろセコイ性格が出てきて、

「1足くらいわからんやろ・・・」

と999足でチャレンジ。

結局、とどかなかった。

という結末。

(あるいは、天女が手をさしのべてくれたというバージョンもありますが、わたしとしては、とどかなかったほうがしっくりきます。)

この話をしかちくにすると、

「ありえへん。オレなら間違って数えた可能性も考えて、2、3足多めに作っとくわ」

とのこと。

石橋たたくタイプ。

しかしながらわたしはどちらかというと、この物語の男の気持ちがよくわかります。

999足=ほぼ1000足。

ちょっとくらいわからんやろ・・・・

と絶対考えてしまいます。

見切り発車OKタイプ。

だって早く会いたいもん。

そうして、天上から天女がのぞいているのを見て、

「ちょっとあんた、天女、そこで見てんと、手貸してえな!頼むわ!後生やから!
会いたい気持ちが数を間違えさせたんや!なあ、頼むわ~!」

と懇願すると思います。

どこまでいってもずるいな、この男。

と、天女はあきれかえるでしょう。

ごめん。

男のかわりに謝っとく。

でもね。

こんなずるい男やから、羽衣をこっそり持って帰ったり、

どこにあるか?と聞かれても、わし知らんとシラをきったり、

挙句の果てにはちょっとの苦労を惜しんで不幸になるという、ドラマが生まれるのです。

きっと結婚してるときは、天女も楽しかったんじゃないの?と思うのです。

男はきっと、必死になって天女を楽しませたと思うもん。

わたしだったら、罪ほろぼしにそうする。

もしこの男がまじめな好青年だったらうまれなかったドラマ。

世の中はちょっとずるいヤツがいるからおもしろいんじゃないの?

とわたしは思います。

たぶん、賛同者はすくないとおもうけど。

昔話にはこういうおろか者の話が多いので、わたしは昔話が好きです。

わたしもおろか者だから。

そうして。

さいきんでは夫婦そろって、おろか者になりつつあります。

脂っこい食べ物がなかなか消化せえへん・・とか、

もう近いものが見えない・・・とか、

OH~老化者や~、ということです。

なんじゃそれ。


それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     リンクエリア1
このバナー使ってほしいな!
ショートショートとりぶうの読むコント宮古島へのリンク
右クリックで名前をつけて
画像を保存して使ってね。

相互リンク一覧も見てね

のぶちんと神様の日記
ずっと♪CuteMama
今日は何しましょうか?
自分を探して
現代語訳「今昔物語」
one more time
空想Cafe 日ごろ景色
モエレ沼公園通り
プリモプエル奮戦記
ゆみぴい日記
宮古島に移住した介護士のブログ「ゆうむつ青板」
うつ病トマト自分探し旅
すくわか グルメ
羊飼いな日々
日吉丸の買い物日記
デイリー・ロク
哲雄&AKIの不純愛講座
「おとなの恋愛小説」倶楽部
雨のち虹。時々とまと
線香花火
OLミユキさん
癒しの宮古島
宮古島ナビ
宮古島オンライン
もう少し生きてみようじゃないか
トモにゃん日記
官公庁のバイトさん
~怪しい探検隊~
アパート経営で副業生活
ちょっと一息
健康・薬・美容のあれこれ
kurosio note
サミタ帝愛カジノ『沼』攻略への道
路地裏ニライカナイ
腹ペコ番長の三ツ星ブランチ
1日10分 1年で創る自分史
COCOマミーのケ・セ・ラ・セ・ラ
きのこにっき
こころと体に光を
こころのかたち。
日本一のみかん農家
いしまり総統の独身OL帝国
笑い話千夜一夜
ノラ家の日常・非日常
人生楽ありゃ苦もあるさ
FIELD & STREAM
するめ日記
ワクワクの森
短編物語
クマゴローYOGIYOGI
ぽんぽこりん日記
シナモン「飛行船の殺人」
小説人気ランキング娯楽部
りくの日記
回転!揺りイス固め
ドラッグストア店長日記
通販ショップ Ring
眠気耐えられないサラリーマン
のほほん お散歩日記
あざらし☆BEAUTY
ガケップチ我が侭コラム
過ぎ行く日々の雑事
富山市・中心街通信
リハビリ病棟は今日も大笑い
よっちゃん’s BAR
さぼりのクリーニング日記
トビナナフシ日記
映画レビュー
極楽トンボの思うこと

リンク切れと判断した場合は削除しますが、見落としてリンク切れと判断してしまった場合は教えてくださいね。
FC2リンクに追加する



     おかげさまです

     ランキング
人気記事ランキング10
面白いサイトがいっぱいなのでぜひ見に行ってくださいね。自分のブログにリンクを貼ってクリックするだけで参加できます。SNSからのリンクはカウントされません。