2013年12月ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  村上春樹を語る・・・ことは難しいなあパンケーキいまからでも将来の夢を語ろういもたこなんきん鳥バカ日誌 


村上春樹を語る・・・ことは難しいなあ

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

夏ごろから、村上春樹さんの『ねじまき鳥クロニクル』三部作を読み返していて、きのうやっと読み終わりました。
あー、分厚かった。
一度読んだことがあるのにもかかわらず、
登場人物の名前以外、まるでなにも覚えていなかった。

村上春樹さんは、登場人物の名前をつけるのがとても上手だと思います。
『ねじまき鳥クロニクル』でも、加納マルタ・クレタ姉妹、笠原メイ、猫のサワラ、間宮中将、赤坂ナツメグ、シナモン親子、
など、どこか現実的ではない名前。
名前がそんなのだから、内容がグロテスクなものであっても、なんだかうすい皮一枚隔てられてるような、おとぎばなしを読んでいるような不思議な感触があるのかもしれません。

さて。

ノーベル文学賞の候補にもあがるくらいのハルキムラカミなのだから、
描写力もすばらしいのだと思うのですが。

もやもやがとまりません。



もやもやする 2013 12・2




ねじまき鳥クロニクルのあらすじは、
妻にいきなり出て行かれた男が妻を取り戻す話。
なのですが、ハードカバーでは分厚い三部作の大作。

村上春樹にかかったら、
「なあ、お前戻ってこいよ。
なにがあったか知らんけど、夫婦はお互い知らんことあってもええやん。
時間が解決してくれるって」
ちゃんちゃん。
とはならないようです。

いろんなナゾというか、比喩がちりばめられていて、なにひとつすっきり解決してないと思うのです。
解決してるのかもしれないけど、わたしはそれが読み取れないのです。
妻を取り戻すというだけの話に、ノモンハン事件とかバットで男を殴り殺すとかが出てくるので、
わーむごいー、ひゃー、ざんこくー、
とか思ってたら、
いったい、何から何を取り戻すんだっけ?となんだかようわからんことになってくるですたい。

ひとつだけわたしが感じるのは、
村上春樹は嫁さんがとっても大好きなんだろうな~
という下世話なことだけでした。

案外、ハルキもそれを伝えたいのかもしれんな。(えらそうに)

読書の秋、といいたかったけど、
すでにもう冬だった。
秋っていっつもいいところで終わる気がするなあ。

それでは~


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

パンケーキ

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

宮古島には案外なんでもあるけど、意外とないものもあります。
案外コンビニと病院はたくさんあるのに、
意外と竹林と田んぼはありません。

わたしは実家の裏山が竹林だっただけに、竹林がないとなんかさみしいなあ・・・
と思ったことは、そういえば一度もありませんが。(なんじゃそりゃ)

竹林を思うと、同時に思い出して食べたくなるものがあります。
それはパンケーキ。
先日も、竹によく似たヤシの木を見て、
「パンケーキが食べたい」
と思わずよだれが出そうになりました。


パンケーキ 2013 12・3




なぜ竹とパンケーキがつながってるの?
とギモンに思われるみなさんは、お若いかお年寄りか、はたまた中年かのいずれかですね?(ぜんぶや)

わたしが連想するのは『ちびくろサンボ』のパンケーキ。

そう。
サンボが竹林で3匹トラに追いかけられて、あわてて木にのぼったら、その木のまわりをトラたちがぐるぐる回り始めてとうとうバターになっちゃった、というあの話。

そのバターでパンケーキを焼き、お母さんのマンボは27枚、お父さんのジャンボは55枚、サンボは169枚食べたというところを思い出し、
「あー、パンケーキ食べたい~」
と条件反射のように反応してしまうのです。

サンボの169枚はムリだろうけど、ジャンボ尾崎の記録ぐらいはいけるかも。(尾崎は余計)
と子どものころに思った記憶がよみがえります。

『ちびくろサンボ』といえば、わたしの子どものころは定番の絵本でしたが、
トラがバターになるという描写がグロテスクだということで絶版になってたそうです。
うそです。
トラがバターになるのはそんなに詳しくかかれてなかった。
トラがぐるぐるまわってたら、おしまいにバターになった。
そんな感じだった。
ほんとは黒人差別だとかなんだとかで長い間、出版したらあかんということになってたらしいです。

しかしながら、わたしの記憶にある『ちびくろサンボ』のお話は、ただもうひたすらパンケーキ一点張り。
ちびくろサンボ=パンケーキ。
どこに差別の要素があったのか、まるで記憶にありません。

さいわい、いまはふたたび読めるようになってるらしいですが、ほんとに差別的なものであれば、こんなに世界で長いこと愛されるはずがないと思うので、わたしたちはこの絵本が伝えたいことをしっかり受け止めるべきだと思うのです。
とりあえずパンケーキはいくら食べても飽きないよ、というメッセージを!(ほんまかよ)


それでは~



とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

いまからでも将来の夢を語ろう

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

I have a dream.

は、おなじみキング牧師の演説。

やると決めたら、男じゃないか

は、おなじみ冠二郎の『炎』。

え?
炎、知らん?

燃えろ燃えろ燃えろ~
アイアイアイライク演歌~
知らん?
おなじみ冠二郎やで?
おなじんでない?
あそう。

わたしもついさっき知ったけど。(なんじゃそれ)
アイアイアイライク演歌~は衝撃的な歌詞だなと思う。
1992年にはけっこう流行ってたらしい。
わたしの生まれる前だから知らんけど。(うそつけ)
わはははは

さて。
将来の夢はなんですか?
と聞かれなくなって久しい。

好きな食べ物はとか、好きな歌手はとか、
すべてそれほど聞かれなくなったけど。
いちばん聞かれないのは、将来の夢。
あんた、もう子どものころからしたら将来のど真ん中だよ!
ということなのか?
たしかにそうかもしれん。
アイドルになるには10年遅い。(30年遅い!)

だから語るところがないので、もう語るよ。
だれにも聞かれないので、自分で語るよ。

わたしには夢がある。
アイハブアドリーム。

それは
『笑い顔』の人になるという夢。
『笑い飯』の人になるんじゃないで。(わかってるわ)

あのひと、いっつも笑ってる~

というおばあさんになるのが夢です。


将来の夢 2013 12・4




ナニソレ、簡単じゃーん。
と思われるかもしれませんが。

わたしにとってそれはぜんぜん簡単なことではないのです。
越えるべきハードルはいくつかあります。
まず、おばあさんに見えるということ。
気をぬいたら、というか、いろいろ手を抜いたら『おじいさん』と間違われかねないので、そこが問題。
そして笑い顔。
ブログでも何度かお伝えしてきましたが。
わたしはどちらかというとコワモテ。
黙ってたら、
「あのひと、なにか怒ってるのかな?」
と思われかねないいかつさ。
だから最近は必死に笑い顔作りに励んでいます。
日課である腕回し体操のあいだ、ずーっと笑い顔を作ってるので腕よりも顔の筋肉が痛いっつーの。
でも80歳になったころにはその顔が板についてるはずだと思いがんばっているのです。
大丈夫。
あと50年はある!(40年もないよ!)

最後がいちばん問題ですが。
そこまで生きるということ。
そのため、日々生きてます。
このままだと死なないんじゃないかな。(それはない)

ということで、冠二郎の登場。

やると決めたら男じゃないか!

はっ!
ちがう!

あたしは女やった!

わたしの顔つきが男っぽくなってしまうのは、

いろいろなチョイスがいつもおじさんぽいからかもしれんなあ。

それでは~


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

いもたこなんきん

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

いもたこなんきん

とえいば、女性が好むもの。

子どものころ、それを何度も聞かされ、げんにわたしの父も兄も芋や南京はそれほど好まなかったので、唯一、芋も南京も好んで食べていたおじいちゃんに対しては、そこはかとなく、
「じつはおじいちゃんは、女々しいのだな・・・」
という目線を投げかけていました。

それとともに、
「こんなおいしい芋を好かないなんて、オトコってもったいないなー」
とも思っていました。

父は、ヤキイモを食べることはなかったものの。
ヤキイモを作ることはとても好きなようでした。

この時期、田んぼには脱穀が終わったあとのモミガラの山が出来ます。
わたしの身長よりも高い小さなピラミッド。
それを燃やすのですが、燃やすついでにサツマイモをひょいと中に埋めておくのです。
当時はアルミホイルも貴重なので、はだかのままずぶっと埋めていました。
しばらくすると、お手軽にヤキイモの出来上がり。
たまにどこに行ったかわからなくて探しまわった挙句黒こげで食べようがなかったなんてこともありましたが、モミガラもサツマイモも自家製なので「まあえっか」というお気軽なものでした。

モミガラヤキイモは、火の調節ができないので、外側はコゲコゲ。
でも中はしっかり金色。
むしろ黒こげがあるので対比としてひときわ金色に見えていました。
ホクホクとしっとりが混ざり合い湯気をあげているのは、見た目にもたいそうおいしそう。
食べてみると、ほろりとくずれる肉(?)にはまろやかな甘みと芋の独特の風味がまざって、まるでスイーツ。
天然でこの甘みがでるサツマイモはすごい!
と心の底から思っていました。




ホクホクのきわみ 2013 12・5




田んぼの真ん中でそれを食べるのはまた最高で、
すっきり晴れた空にモミガラを焼いた煙がひょろひょろとのぼり、
あちっ、あちっ、と言いながらヤキイモを食べました。

コゲコゲが多いときは食べられる部分が少なく、
金色の肉(?)はまるで貴重品。
こげに近いほうのまずい部分から先に食べ、最後に真ん中を食べていました。

ふしぎと、モミガラのヤキイモはストーブで焼くヤキイモよりも甘くおいしく感じられ、
いまだにヤキイモというと、わたしはあのモミガラヤキイモを思い出します。

父はヤキイモをひとくちも食べなかったわりには、ヤキイモ作りは好きだったらしく、
モミガラで作るのだけでなく、
家のストーブでもせっせとヤキイモを作っていました。
今考えると、不思議。

そういえば。
しかちくも芋も南京もそれほど好みません。
もったいないな~
と思いますが、きっと彼はわたしの知らないおいしいものを知ってるはずなので、おあいこだ。

ときどきしかちくは思い出したように言います。
「芋のホクホクしたうまさを表現するときに、『栗みたい』ていうやろ?
なのに栗が甘かったら、『サツマイモみたいに甘い』っていう。
なんか意味わからん」
芋も栗もたいして好きではない彼は、その褒めことばにしっくりこないもよう。

だから栗とサツマイモで出来てる栗きんとんには箸を伸ばしません。
ふだんまったく同じものを食べているわたしとしかちく。
男女の差を感じず生きてるつもりだったけど、
この部分だけは、むかしながらに男と女なのだなあ。

それでは~


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

鳥バカ日誌

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

小柄な人は若く見えるというのを実感するのはモコを見るとき。

わが家の手乗り文鳥のモコ。

小柄なので、すごく若く見えるよ。

ときどき、まだひよこだっけ?と間違えてしまうよ。

「ぴよこちゃん!」
て呼びたくなるよ。(あほや)

しかしながら彼も推定6歳。

人間に換算すると54歳なんだって!

来年には62歳だって!

ひょえー。

すでに還暦越えー!

というモコなので、今年の春。

換羽時期にはしんどいのか、ずっとじーっとしたまま、活動的ではないことがありました。

モコもよる年波にはかなわんのかな。

と、悲しくなったのですが。

この秋の引越し前後から、なぜかものすごく活発になり、一日中ぴーひゃらぴゅるぴゅる鳴いて、人を見たらかごの中を飛び回り、
「おい!オレを出せ!出せったら出せ!」
とアルカトラズ島に収監された極悪囚人のように、テンション高いことこのうえなし。

出してやろうとかごに手を入れると、あまりにも気持ちが先走りすぎて、指にぶつかり落ちるという鳥にあるまじき行動。
そうして止まり木に止まるときには、これまた前のめりすぎて足をすべらせ前に落ちるという、
「あんた、鳥!?」
というありさま。

なぜそんなに急に元気になったのかはよくわかりませんが。

とりあえず54歳であっても、まだまだ衰えが見えないのはうれしいことです。

そんなモコはせまい場所が好きで、前の家でも障子とガラス窓の間を自分の居場所と決め、ぬくぬくと暮らしていましたが。
今度は、小物入れと小物入れの間のわずか5センチの隙間を自分のナワバリときめたもよう。




モコのかくれ家 2013 12・6



かごから出されるとすぐにそこにゆき、
びゃ~びゃ~と、不思議な声で鳴いています。
ある程度びゃ~びゃ~鳴いたら、羽をふくらませ、そこでじっとしてます。
かくれ家ができてよかったね、と思います。

すでに54歳のモコですが。
あと6年生きると人間では100歳になるらしい。
6年で54歳で、12年で100歳って、108歳ちゃうの?
どこかで安売りみたいな数え方が行われてるのか、どういう勘定の仕方なのかなぞですが。
ともあれ、モコにはがんばって100まで生きてほしいです。

以上、鳥バカ日誌定期報告でした。

それでは~


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     リンクエリア1
このバナー使ってほしいな!
ショートショートとりぶうの読むコント宮古島へのリンク
右クリックで名前をつけて
画像を保存して使ってね。

相互リンク一覧も見てね

のぶちんと神様の日記
ずっと♪CuteMama
今日は何しましょうか?
自分を探して
現代語訳「今昔物語」
one more time
空想Cafe 日ごろ景色
モエレ沼公園通り
プリモプエル奮戦記
ゆみぴい日記
宮古島に移住した介護士のブログ「ゆうむつ青板」
うつ病トマト自分探し旅
すくわか グルメ
羊飼いな日々
日吉丸の買い物日記
デイリー・ロク
哲雄&AKIの不純愛講座
「おとなの恋愛小説」倶楽部
雨のち虹。時々とまと
線香花火
OLミユキさん
癒しの宮古島
宮古島ナビ
宮古島オンライン
もう少し生きてみようじゃないか
トモにゃん日記
官公庁のバイトさん
~怪しい探検隊~
アパート経営で副業生活
ちょっと一息
健康・薬・美容のあれこれ
kurosio note
サミタ帝愛カジノ『沼』攻略への道
路地裏ニライカナイ
腹ペコ番長の三ツ星ブランチ
1日10分 1年で創る自分史
COCOマミーのケ・セ・ラ・セ・ラ
きのこにっき
こころと体に光を
こころのかたち。
日本一のみかん農家
いしまり総統の独身OL帝国
笑い話千夜一夜
ノラ家の日常・非日常
人生楽ありゃ苦もあるさ
FIELD & STREAM
するめ日記
ワクワクの森
短編物語
クマゴローYOGIYOGI
ぽんぽこりん日記
シナモン「飛行船の殺人」
小説人気ランキング娯楽部
りくの日記
回転!揺りイス固め
ドラッグストア店長日記
通販ショップ Ring
眠気耐えられないサラリーマン
のほほん お散歩日記
あざらし☆BEAUTY
ガケップチ我が侭コラム
過ぎ行く日々の雑事
富山市・中心街通信
リハビリ病棟は今日も大笑い
よっちゃん’s BAR
さぼりのクリーニング日記
トビナナフシ日記
映画レビュー
極楽トンボの思うこと

リンク切れと判断した場合は削除しますが、見落としてリンク切れと判断してしまった場合は教えてくださいね。
FC2リンクに追加する



     おかげさまです

     ランキング
人気記事ランキング10
面白いサイトがいっぱいなのでぜひ見に行ってくださいね。自分のブログにリンクを貼ってクリックするだけで参加できます。SNSからのリンクはカウントされません。