2014年06月20日ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  スポンサーサイトゆるくないキャラ 


スポンサーサイト

テーマ : ジャンル :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆるくないキャラ

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

アメリカの子どものほぼ100%が知ってるキャラクターといえば、

それはドナルド。

ドナルド・マクドナルド。

日本でもよく知られるマクドナルドのマスコットキャラクターのピエロです。

わたしはあのお方をテレビで見たとき、ワオ衝撃~!と思いました。

あんな怖い顔のおじさんがマスコットキャラになるアメリカってすごい!

かわいくないにもほどがある!

と文化の違いを感じたのでした。

しかしながら。

アメリカ人はドナルドをきっと怖いと思ってないのだと思う。

日本人なら、病室に赤いアフロの白塗りの、真っ赤な口紅の黄色のつなぎのおじさんが、にやにやしながら不思議なテンションでやってきたら、

「で、でたーーー!」

とおそれおののくと思うのですが、アメリカ人大歓迎。

ワーオ!ウエルカムドナルド!ヨクキタネドナルド!

と少々の病気ならなおってしまうくらいの喜びようだと思うのです。

ドナルドを生涯の伴侶にしたら一生シアワセになるかも!

と考える人もいるそうです。(しらんくせに)

キャラクターを考えるときの日米の違いには、きっと相当の開きがあるのでしょう。

たとえば、セサミストリートに出てくるビッグバード。

あれもワオ衝撃~!くらい、かわいくないと思うのです。

むしろこわい。

ビッグな鳥というだけで怖いのに、あの目、あの足、あの手、微妙に人間を感じさせるフォルム。

動きもなにやら玄人さんの感じ。(なんの玄人?)

おなじ『黄色の鳥』という川を流れているとは思えない。

同じ川でも、森に囲まれた上流と、工場が並び立つ下流くらいの、はるかなる違いがそこにはあります。





黄色い鳥イロイロ 2014 6・20




観察してみると。

日本のいわゆるゆるキャラなどは、なにごとにもたどたどしい。

歩き方も動きもたどたどしさがかわいさになるのですが。

アメリカのキャラはデキる感があります。

いろんなことを人間並みにできる。

ディズニーキャラクターだって、動物だけでなく、ランプみたいな単なるモノですら、玄人っぽい動きで人間顔まけです。

もしかしたら、それは日米における子どもに対する目線と同じなのかもしれません。

かわいいものの代表、赤ちゃんは、日本人はよちよち歩きで、たどたどしいことばを発するときにこのうえなくかわいいと思うのに対し。

アメリカ人は、次々できるようになる子どもをかわいいと思うのかもしれません。

しゃべるオウムみたいに。

日本人が考えるかわいいは、守ってあげたくなる存在。

アメリカ人が考えるかわいいは、楽しませてくれる存在。

そんな違いがあるのではないだろうか、と思いました。

アメリカ人に知り合いもいないので、この考えが正しいかどうかは調べようもないですが。

ゆるさのかけらもないキャラクター、ドナルドを見るたびに、

「アメリカ人はこれがこわくないんだな~」

と不思議になるのでした。

そう考えると。

ふなっしーはゆるいけど動きがたどたどしくない。

新感覚だから人気なのかもしれんなあ。

それでは~


とりぶう


関連記事
スポンサーサイト

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。