2014年08月ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  父の遺言まさかの土偶冷やし中華、認めました。わかっちゃいるけどやめられない立ち読み夏が来れば思い出す 


父の遺言

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

郷ひろみさんと結婚するということで、当時、激しく注目された二谷友里恵さん。



二谷友里恵 2014 8・1



すいません。

イラストが思ったよりもずいぶん似てないです。
でも若い人たちは知らないだろうから、オッケーだ。
いや、このブログ、そもそも若い人は読んでくれていないと思う。
まあ、それでもオッケーだ。

二谷友里恵さんにまつわるエピソードはいろいろあったはずですが、
わたしがいちばん覚えているのが、彼女の卒論テーマが、
『向田邦子作品におけるファザーコンプレックスについて』
だということ。
自分自身の卒論テーマすら、うろ覚えなわたしですが、
なぜかこれだけははっきり覚えています。
まるで、母校の校歌は覚えていないけど、野球が強かったので応援していた和歌山代表箕島高校の校歌は歌えるのと同じ。
向田邦子はファザーコンプレックスだったのだな、
と、向田作品は読んだことなかったけど、その事実はわたしの記憶にインプットされていたのでした。
そのころ、わたしは『ファザコン』というのは、お父さん大好きなひとたちなのだなと思っていました。
やさしいお父さんにかわいがられて育った幸せな人々だと思っていたのです。

しかし、そういう理解のしかたがひょっとしたらおかしいかもしれないという出来事がありました。
大学時代、アナウンサーになりたかったわたしは、テレビ局の主催するアナウンススクールに通っていました。
そこで朗読の授業があったとき、教材が向田邦子作品だったのです。
そのとき初めて向田作品を読みました。
おどろきました。
お父さん、怒ってばっかり!
わたしの父といっしょだ!
という感想しかありませんでした。
ファザコンとは逆のイメージ。
こんなお父さんだったら、嫌いになるはずだ!と思わせる内容でした。

わたしはその朗読で、先生にほめられました。
絶賛されました。
そのスクールであとにも先にも褒められたのはそれだけだったので、よく覚えています。
ふだんは、無声化ができていない、鼻濁音がダメだ、とダメ出しのオンパレード。
劣等生感をびしびし感じていたので、そこでほめられたことはとてもうれしかったのです。
先生は、わたしがお父さんのセリフを読むのが上手だとおっしゃり、
「やたらと声を荒げて怒るのではなく、淡々と感情を押さえて怒るというのがよく出ています」
と評価してくださったのでした。
しかし向田邦子はファザコンということが、ずっと納得いきませんでした。
怖いお父さんの影をひきずっているということであれば、わたしもファザコンということになるじゃないか。
当時、できるだけ父とは距離を置いておきたいと思っていたわたしは、向田邦子のエッセイに登場する怒りんぼの父が、娘たちを愛していたという結論に達していることが、はなはだ理解不能だったのでした。

7年前。
宮古島に移住して、しかちくとふたりで立ち上げた仕事は、まだ先が見えませんでした。
やっていけるかどうか見通しも立たず、やみくもに一日を終えていました。
皮膚を剥かれたむきだしの肉に、塩を塗られるようなひりひりした痛みを感じる毎日。
そんな7年前の今日、8月1日。
父がなくなったという知らせがきました。
生まれ故郷の和歌山からはるか遠くの沖縄県宮古島。
わたしは扇風機の前で涙を流したことを覚えています。
そのころのことは、まだいい思い出にするにはつらく苦しいのが本音です。
わたしがナニモノかになる前に、いちばんみっともない姿のときに、父がなくなった。
自慢できない娘でごめん、と思いました。

それでも、いまは少し違った感情を持つことができるようになりました。
小学校低学年のころ。
夏休みは、わたしは風通しのよい仏間で、父と布団を並べて寝ていました。
応接間にある唯一のクーラーは、来客があるときにだけ稼動し、ふだんは扇風機だけでやりすごしていたのですが、
まだ熱帯夜もすくなかったあのころは、それでも十分でした。
そのときの恒例行事として、布団に入ってから、父はわたしの手を握り、
「とりぶう、がんばれよ」
とぎゅうっとするというのがありました。
わたしは渾身の力をこめて、
「がんばるよっ」
と握り返すのでした。
父が痛がるくらい力強く握り返したい、と思うのですが、父は涼しい声で、
「そうか、がんばれよ」
と言うのでした。
お調子者で気分屋でよく怒る父でしたが、そのときは頼もしいと思いました。
お父ちゃん、あたしがんばるで。
そのときだけは心底そう思ったのです。

子は親を選べない。
ハズレくじみたいな父だったと思ったこともありました。
それでもこのブログでも何度も父のエピソードを書くということは、わたしもファザコンなのかもしれません。
父の最後の瞬間には立ち会えませんでしたが、ひとつも後悔していないのは、
きっと、
「がんばれよ」
とあのとき言った父のことばを、いまだに忠実に実行しているという自負があるからだと思います。
握り返す手はないけれど、わたしは渾身の力をこめて毎日がんばっている。


それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

まさかの土偶

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

日本人のルーツは、縄文人と弥生人だということですが。

濃い縄文人と薄い弥生人。

わたしは弥生人だなと思っていました。

そういう意味でいうと、

土偶とはにわも、濃い土偶と薄いはにわ、

わたしはダンゼン、はにわ顔だと思っていたのですが。

さいきんしかちくがわたしの顔を見て

「どぐう・・・」

とつぶやくようになりました。

ははん。

歴史嫌いのしかちくのこと。

はにわと間違ってる、と思いました。

わたしが、

「しかちくが言うてるの、『はにわ』やろ?
ぽけーっとした顔の、シンプルなやつ」

と聞くと、

「違う。目が線になってるやつ」

と首をふります。

わたしの中の土偶イメージは、やたらごてごてと装飾がちの濃いおばちゃん、という感じ。

目もけばけばしかったような気がしていたのです。

そう言ってもしかちくは土偶だといってききません。

調べてみました。

ほんま。

しかちくのいうとおり、土偶はまわりはごてごてしているものの、

目は線だった。

まるでぱっちりしてなくて、はれぼったい目だった。



土偶だったとは 2014 8・4




わたしが似てるといわれるのも、わかる。

わかるのがくやしい。

とくに、寝起きのむくんだ顔が土偶だった。

いままで土偶になにも親近感をもったことはなかったけど、

これからは自分に似たものなのだと感じながら生きてゆこう。

プロフィールの欄には

似てる有名人=土偶

と書くように心がけたい。

それでは~


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

冷やし中華、認めました。

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

今日、ラーメン屋さんの前で『冷やしラーメン』ののぼりがたっていました。

「あたし、冷やしラーメンだったら、熱いラーメンでええわ」

というと、しかちくが、

「へー、とりぶう、あんなに冷やし中華好きやのに」

といいます。

「えー!あたし、冷やし中華好きって思ったことないけど!
むしろそうめんのほうが好きやけど!」

と返すと、

「うそ、あんなによく冷やし中華作ってんのに?」

と言うではありませんか。

そう指摘されてはじめて気付きました。

あたし、冷やし中華、よく作ってる。

下手したら週一で作ってる。

好きだと思ってるそうめんより、むしろずいぶん頻繁に作ってる。

なのに好きだと思ったことはない。

なぜだろう?

たぶん、夏になると『冷やし中華始めました』の張り紙がそこかしこで見られるようになり、

そのたびに、

「冷やし中華なんか、そんなにおいしくないやん」

とどこかで思っていて、それを確認するかのように、冷やし中華を食べていたのです。

その行動が、

「とりぶう、冷やし中華好き」

とカン違いされるようになったのだと思います。

しかしながら、そのうち、

「今日は冷やし中華の気分だな」

と思い始めるようになり。

「夏は週一くらいで冷やし中華作るか」

という流れになり。

今日などは、ゴーヤとさらしタマネギのサラダを作ったときに、

「これは冷やし中華の上に乗っけるといいに違いない!
ああ、こんなときになぜ麺がないのだ?」

とまで思うようになったのです。

そうか。

あたし、冷やし中華好きだったんだ!




冷やし中華認めました 2014 8・5



今日、やっと。

冷やし中華、認めました。

以前、『美味しんぼ』で冷やし中華対決をしていたときに、

冷やし中華は認めたらあかんような食べ物だという記憶が残っていたのですが。

今日、その呪縛から解き放たれました。

冷やし中華は美味いじゃないか!

わたしはこれから冷やし中華を擁護しながら生きてゆきたい。

夏のどうでもいい決意表明でした。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

わかっちゃいるけどやめられない立ち読み

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

元書店員として、できるだけ本は本屋で買いたいと思ってはいるものの。

アマゾンがあまりにも便利すぎて、頼ってしまうのが現実。

離島の宮古島までも、送料無料で送ってくれるなんて、だれか泣かして成り立ってるはずだ。

いや、いい意味で。(どこにいい意味が?)

でも新刊のコミックは地元の本屋で買うと決めています。

新刊情報はいつもカメ氏によってもたらされ、

「お母さん、『進撃の巨人』の新刊、8日に発売らしいで」

と、今日も教えてもらったのですが。

カメ氏は友だちに借りた雑誌などで先に読んでいることが多く、

「あんた、もう内容知ってるんやろ?」

と聞くと、

「いや、『進撃』は月刊やから内容は知らん」

となぞめいたことを言います。

「何だったら知ってるん?」

「週刊のジャンプのだったらわかる」

といいます。

「だれか買ってんの?」

「ああ、コンビニで立ち読みー」

と、しれっとして言うではありませんか。




元書店員のなげき 2014 8・6





やめて!

あんた、書店の敵!

わたしは苦々しく思いましたが。

思い返してみると、わたしも子どものころは立ち読みをよくしました。

週に一度、ピアノを習っていたとき。

バスで通っていたのですが、そのバス停が書店の前。

毎週毎週、きっちりと立ち読みしてた。

すくないお小遣いで買えるものには限りがあるので、じっくり立ち読みして吟味したうえで買ったものでした。

子どものころは気にもしてなかったけど、

たぶん書店員は、

「あの子、毎週よく立ち読みしてるな」

と思ってたに違いない。

ああ、恥ずかしいけど、なつかしい。

図書館と違って、売れるかどうかわからない玉石混交の新しい本たちが並ぶ書店で立ち読みするのは、

本好きにとっては至福な瞬間でした。

ああ、久しぶりにじっくり立ち読みしたい。

忙しい時期にかぎって、そんなことばっかり思ってしまうんだよなあ。

それでは~


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

夏が来れば思い出す

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

夏が来れば、

夏が来れば思い出す~、という歌を思い出します。

替え歌でお読みください。

夏がくれば思い出す

はるかな尾瀬、それはどこ~

霧の中に浮かびくる

日本のどこかにある尾瀬よ~

ミズバショウの花が咲いてる

ハスかと思ってたら、

まるでちがった




ミズバショウ 2014 8・7




しゃくなげ色はピンク色

はるかな尾瀬~

遠いとこ~

来年の夏からはきちんとミズバショウを思い浮かべながら思い出すことができそうだ。

それでは~


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     リンクエリア1
このバナー使ってほしいな!
ショートショートとりぶうの読むコント宮古島へのリンク
右クリックで名前をつけて
画像を保存して使ってね。

相互リンク一覧も見てね

のぶちんと神様の日記
ずっと♪CuteMama
今日は何しましょうか?
自分を探して
現代語訳「今昔物語」
one more time
空想Cafe 日ごろ景色
モエレ沼公園通り
プリモプエル奮戦記
ゆみぴい日記
宮古島に移住した介護士のブログ「ゆうむつ青板」
うつ病トマト自分探し旅
すくわか グルメ
羊飼いな日々
日吉丸の買い物日記
デイリー・ロク
哲雄&AKIの不純愛講座
「おとなの恋愛小説」倶楽部
雨のち虹。時々とまと
線香花火
OLミユキさん
癒しの宮古島
宮古島ナビ
宮古島オンライン
もう少し生きてみようじゃないか
トモにゃん日記
官公庁のバイトさん
~怪しい探検隊~
アパート経営で副業生活
ちょっと一息
健康・薬・美容のあれこれ
kurosio note
サミタ帝愛カジノ『沼』攻略への道
路地裏ニライカナイ
腹ペコ番長の三ツ星ブランチ
1日10分 1年で創る自分史
COCOマミーのケ・セ・ラ・セ・ラ
きのこにっき
こころと体に光を
こころのかたち。
日本一のみかん農家
いしまり総統の独身OL帝国
笑い話千夜一夜
ノラ家の日常・非日常
人生楽ありゃ苦もあるさ
FIELD & STREAM
するめ日記
ワクワクの森
短編物語
クマゴローYOGIYOGI
ぽんぽこりん日記
シナモン「飛行船の殺人」
小説人気ランキング娯楽部
りくの日記
回転!揺りイス固め
ドラッグストア店長日記
通販ショップ Ring
眠気耐えられないサラリーマン
のほほん お散歩日記
あざらし☆BEAUTY
ガケップチ我が侭コラム
過ぎ行く日々の雑事
富山市・中心街通信
リハビリ病棟は今日も大笑い
よっちゃん’s BAR
さぼりのクリーニング日記
トビナナフシ日記
映画レビュー
極楽トンボの思うこと

リンク切れと判断した場合は削除しますが、見落としてリンク切れと判断してしまった場合は教えてくださいね。
FC2リンクに追加する



     おかげさまです

     ランキング
人気記事ランキング10
面白いサイトがいっぱいなのでぜひ見に行ってくださいね。自分のブログにリンクを貼ってクリックするだけで参加できます。SNSからのリンクはカウントされません。