2015年11月ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  体験ダイビング体験!記 (1) ~ウソを見抜けず耳抜けず~大分(ダイブ)前からいろいろ渦巻く ~体験ダイビング体験!記 (2)~日の目を見たライセンスとヘタレの座 ~体験ダイビング体験!記 (3)~人はみかけによらないのだ ~ 体験ダイビング体験!記 (4) ~出陣前のナマケモノ ~ 体験ダイビング体験!記 (5) ~ 


体験ダイビング体験!記 (1) ~ウソを見抜けず耳抜けず~

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

みなさんこんにちは。

ワイは紀の国のサルや!山登りは得意やで!

と、豪語しているわたしも。

海の中はからっきしダメでした。

だって紀の国、海ないもん。(まわり海だらけやん)

きちんと息つぎをしながらクロールで泳ぐことができるようになったのは26歳のときだし、

足のつかないところで立ち泳ぎがこわくなくなったのは、宮古島に移住してから。

すでに35歳でした。

そんな泳ぎデビューの遅いわたしに、あるお誘いが舞い込みました。

「宮古島に行くので、いっしょにダイビングをやってみませんか」

というお誘いが。

誘ってくれたのは関西在住の友人、キューピー夫妻。

キューちゃん(夫)もピーちゃん(妻)も、数年前にダイビングをはじめて、すっかりその魅力にハマってしまい、

「宮古島みたいなダイビング天国に住んでダイビングをしないのは、

香港に行って飲茶を食べずにマクドナルドのハンバーガーを食べるようなものである!

いや、アフリカのサバンナに行って、ペットショップのインコだけを見て帰るようなものである!

いやいや、買い物しようと町まででかけたが財布を忘れたサザエさんである!」

と、ありとあらゆる殺し文句、は言いませんでしたが。(言えへんのかい)

「ぜったい楽しいって!」

と力説するので、しかちくが、

「ぜひやってみようではないか!」

と大乗り気。

「だいたい、オレは宮古島でいちばんやりたかったことはダイビングやねん。

移住する前からずっとダイビングやりたいって言うてきたやろ?

ついにそのときが来た!風が吹いた!」

ともうやる気まんまん。

そのうえ、

「オレひとりだったら、とりぶうぜったい『やる』って言えへんからな」

とイタイところをつく。

はらたつ。

おもえば。

17年前、オーストラリアを2ヶ月旅行中に、ひとりでダイビングライセンスをとりにいったしかちく。

当時妊娠中のわたしはとくにダイビングに興味もなかったので、

一応、「あんた、妊婦おいてひとりでダイビングって、いい身分やな」的ないやみは言ったものの。

重いタンクをしょって海にもぐるなど、わたしの人生、いくら長くてもないな。

とばくぜんと思っていました。

しかし、しかちくはそんなことはつゆしらず。

わたしにもいつかダイビングをやらせてやろうという野望をいだいていたらしく。

移住してからも一貫して、

「海にもぐるには耳抜きができないとあかん。

ダイビングの基本。

これができないと耳を傷める」

と、海に行くたびにわたしに耳抜きできるようになれと指示。

耳抜きというのは鼻をつまんだまま息を吐いて、耳の気圧をととのえる作業。

小学生だった子どもたちといっしょに、水中耳抜き特訓をしていたのですが。

あるときカメ氏が、

「耳抜きできた!」

とイチぬけ。

ほどなくしてうさQも、

「できるようになった!」

とニぬけ。

あとはわたしだけになったのですが。

元来のナマケモノ。

切磋琢磨する相手がいなくなったら、ひたすらマイペース。

のら~りくら~りとしかちくの小言をやりすごしていたのですが。

右の耳はふつうに抜けるのですが、左がどうにも抜けにくい。

右はプシュとすぐに抜けるものの、左はブジジュジュ、と抜けてるのかどうかわかりにくいのです。

あまりにもしかちくや子どもたちに「耳抜きもできへんのか」とバカにされるものだから、

ここはわたしもがんばってるというところを見せようと、

あるとき、

「できた!」

といいました。

いいましたが、ほんとうはできてませんでした。



耳抜けず 2015 11・2




耳抜きするのはヘタクソでも、言い逃れは上手な女、とりぶう。

耳抜きできたかどうか、確認することなんてそうそうないだろうから、べつにちゃんとできてなくてもええやん。

くらいに思っていたのです。

ところが。

ここに来て、耳抜きできてナンボの世界、ダイビングにチャレンジときた。

しかちくは、

「とりぶう、もう耳抜きできるから大丈夫やな」

と言うので、正直に、

「あれ、ウソやねん」

と答えました。

「・・・え?」

「あのな、あたし耳抜き、ちゃんとはできへんねん」

「でも、できるようになったって言うてたやん」

「あれ、ウソやねん」

「・・・え?ウソなん?」

しかちくは遠足中止になったと聞かされた小学生みたいな、えもいわれぬ悲しげな表情をうかべました。

「いや、できるようになることもあるとおもう」

わたしはしかちくが気の毒になって意味不明の気休めをいいましたが、しかちくはきゅうに大笑いし、ひとしきり笑ったあと、

「とりぶう、ようそんなウソつけるなあ」

となにか珍獣でも見たような顔つきでしみじみといいました。

しかしそれでもときは進む。

3週間後にダイビングに挑戦。

わたしも腹をくくって耳を抜くときがきたのだな、

とにわかに緊張感がおなかの中をぐるぐる泳ぎまわっているのでした。


『体験ダイビング体験!記』つづきます。


それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

大分(ダイブ)前からいろいろ渦巻く ~体験ダイビング体験!記 (2)~

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

まったくもって苦手としていた海にもぐるという作業を、まさかわたしがやることになるとは。

ダイビングというと、30代独身OLの自分へのご褒美か、

新婚旅行でノリでやっとく?28歳同級生カップルの若気のいたり行動か、

海の近くで生きたり死んだりしたいと思ってる都会育ちの18歳男子の夢だとしか思っていなかったので、

わたしのごとき40代の、力こぶばかりがたくましくなる主婦がチャレンジするようなものだとは思っていませんでした。

まるで頼んでもないのにクモの糸をたらされたカンダタの気分。

ちなみに、カンダタというのは『蜘蛛の糸(芥川龍之介)』に出てくる悪党の主人公です。

悪党が主人公になれる小説はいいよね。

親近感がわくよね。

さて。

ダイビングにチャレンジすると決めて、しかちくはことあるごとに、

「空気は口で吸って口で吐く、片方だけ耳抜きできてなかったら、そっちの耳を上に向けても一回耳抜きやってみる、水中メガネに水が入ったときには上を向いて水中メガネの上の部分を押さえて鼻でふんっと息をする」

とまくしたてます。

あー、もうそれはお経にしか聞こえない。

とりあえずそのつど頭の中を整理してイメージトレーニングをするのですが、

イメージの中ですら息苦しくなってしまい、毎回、プハーと深呼吸するハメになるのです。

まったくもって、ほんとにダイビングって楽しいのか?

そんな思いばかりが渦巻き。

「なあなあ、ダイビングで見れる魚とシュノーケルで見れる魚、いっしょちゃうの~?」

としかちくにとりあえずいちゃもんを付けに行く毎日が過ぎ。

台風来い、みんなが納得して中止になれ、と思ったりしながら。(どんだけヘタレやねん)

あっというまにダイビング前日。

それまでの一週間はほぼ天気もよく、暑いくらいだったのに。

前日、やたら風がつよい。そして涼しすぎる。

白波が立ち、遠くに見える船たちも、いつもよりも激しく揺れて見える。

「わ~~~~~、最悪~~~!もう無理ちゃう?こんなんでだいじょうぶ!?」

わたしは悲壮感たっぷりです。

頭の中には南極近くのマゼラン海峡を、風があばれまくる中、決死の覚悟で航行するちいさな船が浮かびます。

はぁ~~~~~

もうため息しか出ない。

近くの港では今まさにダイビングに出発する船が、機材と人々を積み込んでいます。

ダイバーたちは嬉々としています。

嬉々が危機になるともしらずに。(なれへんわ)

そんな後ろ向きなことばかり考えながら、夕方、友人キューピー夫妻と合流。

キューピー夫妻はとてもしっかりとした社会人なのですが、

アホ加減がとてもわたしたちと合うので、たちまち不安な気持ちがほぐれ、

しまいには、

「よっしゃ、いっちょやったるか!」

くらいにノリノリになれてしまいました。

教訓 : 不安なことは大人数でやるのがオススメである。

そして当日。

キューピー夫妻とともに待ち合わせの場所に行くと、すでにダイビングショップの方がいらしてるようす。

その人は、

「おはようございますー。ご予約のキューピーさんですよね?」

とにこやかにほほえみます。

「おはようございます~」

とわたしたち4人は答えたものの。

心の中では、




ヒー?シー? 2015 11・3




このひとは、ボーイッシュなお姉さんなの?

それとも、女子力高めなお兄さんなの?

というクエスチョンマークが渦巻いているのでした。

結論として後者の女子力高めなお兄さんだったのですが。

わたしよりもずっと女っぽく見えてしまいました。

色の黒さや髪の長さは同じくらいなのに。

彼からはダイビング以外にも学ぶことがありそうだな、と思いました。



「体験ダイビング体験!記」 まだ続きます。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

日の目を見たライセンスとヘタレの座 ~体験ダイビング体験!記 (3)~

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

『失われた時を求めて』(マルセル・プルースト著)という長編小説は、

1913年から1927年まで刊行されたひじょうに長い小説です。

計算したら、14年くらい失われた時を求めとったんやな。

とわかります。

おもしろいかって?

それは各自で判断してください。

わたし?

わたしは読んだよ。

何回も何回も、タイトルだけは。(なんじゃそれ)

その小説の失われた時がなんなのかはよくわからんですが。

しかちくにとって、ダイビングの時間というのは、ライセンスを取ったときからずっと欲していたものであり。

それこそ、17年間失われ続けていたのが、ダイビングの時間。

年をとってもうダイビングには適さなくなるまでにはどうにかもぐりたい!

その思いを抱き続けて17年。

ようやく日の目をみることになったライセンス。

ダイビングショップのオネエぽいお兄さんに、カード見せてくださいといわれて見せたカード。

それは『PADI』の文字がさんぜんと輝くカードでした。

しかし。

そのカードの写真のしかちくは、

失われた時がなかったんじゃないの!?

というくらい老けてて、

むしろ今のほうが若く見えるんじゃないの!?

というくらいなんやかや突っ込みどころ満載で、

ともすれば、

いつ帰化したの!?

と聞きかねない勢いの外国人ぽさがムンムンとただよい、

それを見せられたキューピー夫妻も、思わず絶句のカードなのでした。





若いけど・・・ 2015 11・4





キューちゃんもピーちゃんも分別のある社会人なので、

指名手配犯!?みたいな風貌の写真のしかちくを見ても、

いちおう、「わかいわかい」的なことをいってくれてたのですが。

「このひと、ほんとに日本人?」

という疑念がわいたのを感じました。

オネエぽいお兄さんは、事務的な書類をチェックしたあと、停泊している船を指し、

「いまからあれに乗って行きますね」

と平然と言います。

え、もう!?

と思いました。

わたしとしてはいったんどこかの建物で講習めいたことをして、

ふむふむ、ダイビングというのはこういうふうにどやこやするんやな。

と頭に叩き込んだ上でするものだとおもっていたので、かなり面食らいました。

しかちくもキューちゃんも、とくにおどろくことはなく、

どよめいているのは、わたしとピーちゃんでした。

ピーちゃんはライセンスも持ってて、ダイビングも何度か経験済みなのですが、

「ほんとにダメ!すっごくパニックになるから!」

とヘタレの座をわたしから奪ういきおいです。

わたしも、

「なにいうてんの!ぜったいピーちゃんのほうが上手やから!
あたしは初めてもぐるんやで!」

と負けずに主張するのですが、

「とりぶうちゃんのほうが、絶対上達するから!」

「ウソばっかり!ピーちゃんは先輩やねんから!」

「そんなことない!」

となぜかわたしたちはヘタレの座を奪い合うことに専念していました。




「体験ダイビング体験!記」 まだ続きます。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

人はみかけによらないのだ ~ 体験ダイビング体験!記 (4) ~

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

ダイビングというのは覚えることが山のようにあり、

踏み台昇降しながら編み物をするくらい、しんどさとめんどくささのミルフィーユだと思っていたのですが。

体験ダイビングなので、

「耳抜きさえきちんとできればOKですよ」

と、オネエぽいお兄さん(インストラクター)が言います。

あーよかった。

耳抜きだけなら楽勝ね。

と、思わず安心しそうになりましたが。

耳抜きよ ああ耳抜きよ 耳抜きよ

思わず俳句に詠んでしまうくらい、

わたしにとっては不安の権化が耳抜き。

わたしの耳抜き練習には8年のキャリアがあるのです。

そして耳は8年間、抜けてないのです!

どうだどうだ!(自慢にならん)

できるものならあたしの耳を抜いてみろ!

と、思わず一休さんに出てくる将軍様のごとき無理難題をおしつけてやろうと思いましたが。

一生懸命にやさしく説明してくれてるオネエ兄さんを見てたら、謙虚にならなあかんな、と改心。

オネエ兄さんが言うには、耳抜き問題は飛行機で耳が痛くならずに抜けてる人ならOKとのこと。

な~んや、それだったらほぼ大部分の人がOKやんか。

わたしは、ダイビングでは耳抜きにいちばん高度なテクニックが必要だと思っていたのですが、まるでそうでもないことがわかりすこし拍子抜けでした。

前日は荒れてた空も、当日は晴天。

海もずいぶんおだやかです。

それでも不安なわたしは酔い止めを飲んだのですが。

しっかり社会人のはずのピーちゃんが、

「酔い止め忘れた!」

とうろたえます。

よしよし。

その調子。

わたしはすかさず、

「あたしのあげる!」

と差し出しました。

ピーちゃんはこういううっかりしたところがあるので大好きです。

船に乗り込む前、ダイビングスーツ、シューズ、水中メガネなどのサイズをあわせて、そのまま乗船。

心の準備がととのわないまま、船に乗せられてる!

そんな思いでいっぱいでした。

ドナドナの子牛もこんな気持ちなんやろうなあ・・・

とたそがれる間もなく。

船の中では忙しそうにスタッフが走り回ってます。

わたしたち4人の客に対し、スタッフは7、8人はいます。

うわ~、至れり尽くせりやな~。

これって、大名ダイビングちゃうの~。

喜んだのもつかのま。

その半数はお客さんで、ダイビングが達者なため、ひとりでももぐりに来てる面々でした。

ひとりで海にもぐるという行動をするのは、椎名誠とか、岩城滉一 とか、ワイルドおやじの特権だと思っていたのですが。

そこに来てるおひとり様ダイバーは、どちらかというと、草食男女でした。

人はみかけによらないものだ。

さて。

そうこうしてるうちに船出発。

ぶゆんぶゆんと船は波の頭をかすめてゆきます。

あっという間にダイビングポイントに到着。

しかちくとキューちゃんチームはファンダイビング、

わたしとピーちゃんは体験ダイビングのコースでそれぞれインストラクターさんがつくといいます。

てっきりオネエ兄さんがついてくれると安心していたら、どっこいでした。

わたしたちが教わるインストラクターは、

シーサー!?

と見まがう、小柄がっちりのおじさんでした。




シーサー先生 2015 11・5



さすが、沖縄。

シーサー登場。

インストラクターは、『ザ・宮古島の人』という見た目だったのですが。

話してみたら大阪弁。

ちょっと口が悪く気さくな大阪人でした。

人はみかけによらないのだなあ。



「体験ダイビング体験!記」 続く。

それでは~


とりぶう




関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

出陣前のナマケモノ ~ 体験ダイビング体験!記 (5) ~

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

今日は金曜日のモコ日記の日ですが。

忘れないうちにダイビングの話を書いておきたいので、そのつもりでお願いします。

吾輩はモコである。

じゃなかった、吾輩の体験ダイビングの話でアル。

ダイビング体験の話書いてるけど、それって夏のことでしょ?

と思ってるそこのアナタ!(だれよ?)

夏のことじゃないよ!

これ、最近の話アルよ!

宮古島では水温は27度アルよ!

宮古島はなぜか今日も暑く、最低気温25度っていうアル!

熱帯夜逆戻りアル!

もうええやろーと思うのでアル。

ところで、日本語をしゃべるときに、ほんとうに語尾に「アル」をつけてる中国人がいるのか疑問に思うアル。

ほんとにいたらご一報いただきたいアル。

へ~そうなんや~、と思うアルよ。(それだけ?)

さて、体験ダイビング。

シーサー先生についてわたしとピーちゃんがもぐります。

いっしょにもぐるかとおもいきや、最初は別々だそう。

ピーちゃんから先にもぐります。

先生は、

「耳抜きするときにはいうので、そのたびにやってください。

なにも考えなくていいから、指示するとおりにやってればいいです」

といいます。

ピーちゃんは、自分からダイビングをやりたい!といって精力的に活動しているものの、

「あーよかったー、先生が全部指示してくれるんだー」

と喜んでいます。

あんた、大船に乗るの好きなタイプだね?

わたしは同類を見つけてニヤリとしました。

体験ダイビングではいきなりドボンと海にもぐるというのではありません。

船から垂らされたロープをつたって、ちょっとずつ耳抜きしながらもぐるのだそう。

わたしは船の上からピーちゃんと先生の姿が見えなくなるのを見ていました。

しかし、ふたりが見えなくなるとすることがない。

とりあえずスーハースーハーと口で呼吸する練習をしてみるものの。

まわりにだれもいないと、とたんに練習そっちのけになるのはナマケモノの宿命。

すぐに飽きて、船を一周してみました。

せまい船なので、見所がすぐに終了。

そういえば、ピーちゃんは「ランチのおいしそうなにおいがする」と言ってた。

ランチって何なんやろ?

わたしは船をごそごそ見回りましたが、どれがランチかわかりません。

かすかなにおいがするので鼻をふんふんしながらにおいのほうに行くと、

トイレの真横。

え、これってひょっとしたらトイレのにおい?

そうやわ、これ、トイレのにおいやわ。

ピーちゃん、トイレのにおいを「おいしそうなにおい!」て喜んでたんやわ。

かわいそうに!

あとで教えてあげよう。

と、そのときには思ってたのですが、ピーちゃんがあがってきたらそれも忘れてしまいました。

でも忘れててよかった。

だって、そのにおいはやっぱりランチのにおいだったことがあとで判明。

わたしのアホをさらけだす結果にならずにすんだ。

わたしが飽きて昼寝でもしようかなあと思ったころ、先生とピーちゃんがあがってきました。

ピーちゃんは開口一番、

「気持ちよかった~!めっちゃきれい~!地球はすばらしい!」

と宇宙旅行から帰ってきたガガーリンみたいなようす。

ダイビングスーツもなんか宇宙服みたいに見えるし。

「先生が全部指示してくれるから楽だったわ~。

先生きびしいところがステキ~!」

とシーサーをべたぼめ。

シーサーまんざらでもないようす。

キューちゃん(ピーちゃん夫)がここにいなくてよかった。

水のしたたるシーサーは、

「じゃあ、とりぶうさん行きましょうか」

とわたしに言います。

ああ、きた。

とうとう、わたしも宇宙服を着て出陣するときが。




いざ出陣 2015 11・6




わたしはそのときになって、

ああ、もうちょっと耳抜ききちんとできるようになっとけばよかった、

ああ、もうちょっとスーハーの練習しておけばよかった、

と、お約束のちょっぴり後悔をしましたが。

いざというときは弱音を吐けばいいか、

と自分を奮い立たせ(?)、

おそるおそるフィンをつけた足を海にひたしたのでした。



「体験ダイビング体験!記」 続きます。



それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     リンクエリア1
このバナー使ってほしいな!
ショートショートとりぶうの読むコント宮古島へのリンク
右クリックで名前をつけて
画像を保存して使ってね。

相互リンク一覧も見てね

のぶちんと神様の日記
ずっと♪CuteMama
今日は何しましょうか?
自分を探して
現代語訳「今昔物語」
one more time
空想Cafe 日ごろ景色
モエレ沼公園通り
プリモプエル奮戦記
ゆみぴい日記
宮古島に移住した介護士のブログ「ゆうむつ青板」
うつ病トマト自分探し旅
すくわか グルメ
羊飼いな日々
日吉丸の買い物日記
デイリー・ロク
哲雄&AKIの不純愛講座
「おとなの恋愛小説」倶楽部
雨のち虹。時々とまと
線香花火
OLミユキさん
癒しの宮古島
宮古島ナビ
宮古島オンライン
もう少し生きてみようじゃないか
トモにゃん日記
官公庁のバイトさん
~怪しい探検隊~
アパート経営で副業生活
ちょっと一息
健康・薬・美容のあれこれ
kurosio note
サミタ帝愛カジノ『沼』攻略への道
路地裏ニライカナイ
腹ペコ番長の三ツ星ブランチ
1日10分 1年で創る自分史
COCOマミーのケ・セ・ラ・セ・ラ
きのこにっき
こころと体に光を
こころのかたち。
日本一のみかん農家
いしまり総統の独身OL帝国
笑い話千夜一夜
ノラ家の日常・非日常
人生楽ありゃ苦もあるさ
FIELD & STREAM
するめ日記
ワクワクの森
短編物語
クマゴローYOGIYOGI
ぽんぽこりん日記
シナモン「飛行船の殺人」
小説人気ランキング娯楽部
りくの日記
回転!揺りイス固め
ドラッグストア店長日記
通販ショップ Ring
眠気耐えられないサラリーマン
のほほん お散歩日記
あざらし☆BEAUTY
ガケップチ我が侭コラム
過ぎ行く日々の雑事
富山市・中心街通信
リハビリ病棟は今日も大笑い
よっちゃん’s BAR
さぼりのクリーニング日記
トビナナフシ日記
映画レビュー
極楽トンボの思うこと

リンク切れと判断した場合は削除しますが、見落としてリンク切れと判断してしまった場合は教えてくださいね。
FC2リンクに追加する



     おかげさまです

     ランキング
人気記事ランキング10
面白いサイトがいっぱいなのでぜひ見に行ってくださいね。自分のブログにリンクを貼ってクリックするだけで参加できます。SNSからのリンクはカウントされません。