2016年04月28日ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  タヌキオヤジギャグ 


タヌキオヤジギャグ

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

みなさんこんにちは。

小学校1年のとき。

校長先生が教えてくれた歌が、

春が来~ 春が来~
ど~こに~来~
山に来~、里に来~
野にも来~

というもの。

なぜ最後の「た」を歌わないのだろう?

と思っていたら、校長先生はにやりと笑い、

「これはタヌキの歌です」

と言うではありませんか。

わたしはカミナリに打たれたように、感動しました。

ほんまや!ぜんぶ「た」抜きや!

先生はなんと粋な歌を歌うんだろう!

洗練とはこういうことか!

と思いました。

今思うとただのオヤジギャグなのですが、三つ子の魂百まで。

それ以来、わたしのギャグはオヤジギャグがちになったのです。

ところで。

そういえば、子どものころタヌキの死がいが庭にあって、剥製にするとかなんとか言ってたな、という話をしかちくとうさQにしたところ。

二人とも、リアルタヌキを見たことがない、と言います。

え~、里山の動物代表、タヌキやで?

と思いましたが。

彼らはとくに里山に縁がないので、それもしかたがない。

わたしは得意になって、

「タヌキは中型犬くらいで、遠目には犬みたいに見える」

と言うと。

「うそ!タヌキって丸顔でアライグマみたいなもんちゃうの?」

としかちくが言うので、

「アライグマよりもおっきいで。それに鼻面が長くて、そんなずんぐりむっくりしてない」

とわたしが答えると、

「タヌキといえば、置物しか知らんからなあ」

と、二人とも感心しきり。

「この年になっても新しく学ぶことがあるんやなあ」

としかちくなどは半ばわたしを尊敬の目で見つめます。

どやどや。

という心持ちで、今日、タヌキとアライグマの画像をネットで見てみると。






思ったより似てる 2016 4・28





正直、ものすごく似てた。

体つきなどはそっくりと言ってよかった。

おまけに体長はアライグマのほうがじゃっかん大きいし。

うろ覚えでいい加減なことをいうと、こういうことになる。

そして、こういうことはわたしの人生、とても多いです。

しかちくや子どもたちがいつもその餌食になる。

まあ、彼らにはタヌキにだまされた、という気持ちでいてもらうしかないんだなあ。

春が来~ 春が来~

それでは~


とりぶう

関連記事
スポンサーサイト

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです