2016年08月09日ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  はるばる来たで、宮古島 


はるばる来たで、宮古島

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

先週末、和歌山から実家の母と妹と甥っ子が宮古島に来ました。

母は一度来たことがあるのですが、妹と甥ははじめて。

ここは姉としてしっかりとおもてなしをしなければならぬと、思いました。

だってわたしは子どものころから自他共にみとめるしっかり者なのだから。

物心ついたときから、

「とりぶうはしっかりしてる」

と言われてたものだから、人に自分の長所を聞かれても、

「しっかりしてる」

と堂々とカミングアウトしてたし。

どうやらわたしは、しっかりするという性質が自ら作り出すものではなく、

A型B型みたいに、血液型がそれぞれ違うのと同じように、

おっとり型しっかり型というのができてしまうものだと考えていたふしがある。

そのため、自分のやることなすことすべてがしっかりしてるのだ、と人生の途中まで考えてたので、

バイトをやりだしたとき、

「しっかりと聞いておいてね」

と目を見て言われて、はじめて、

「あ、わたしはうっかりした人間でもあるのだな」

とようやく気付いたのです。

さて、しかし。

うっかりした部分もあるとわかっているので、これは綿密に計画しなければならぬ。

和歌山の母や妹は、500円貯金をこつこつ貯めて、はるばる宮古島までやってくるのだから、がっかりさせてはいけない。

そんなことを考えると、いきおい掃除に熱が入る。

熱は入ったものの。

ふだんから手抜き掃除しかやっていないものだから、あっちもこっちもそっちもやっておきたい部分が目に付いてしょうがない。

しまいには、「掃除しなくても死なん」という魔法のことばを持ち出して自分を納得させていた。

掃除はどうにか死なんということで片付いたものの、(片付いたん?)

そういえば、わたしは、お客様でいることには慣れてるものの、おもてなし側には慣れていない、

ということに気付き。

さて、どうしたものか、なにをしたらよいのか。

と、いうことを考えたり考えなかったりしながら、(どないやねん)

ついにその日をむかえました。

関空からの直行便は、予定よりも10分早く到着。

ひさしぶりに会う妹は、開口一番、

「おばあちゃんをトイレにつれていったって」

と言い残し、荷物を取りに戻る。

母はひざを悪くして歩きづらそうにしてるものの、すこぶる元気そう。

医者からは「やせろ、やせろ、といわれてる」と聞いていたので、かなり太ったのかと思ったけど、それほど変わりはない。

そういえば、母はいつ見ても同じ。

「ちょっとやせないとあかん」が口癖だけど、見事に変わらん。

そしていつ聞いても「胃腸だけは丈夫なのでよく食べる」話。

本気でやせる気はないんやろうなあ、と改めて思う。

むしろ、やせてないから「ああ、お母ちゃんやな」と思う。

しかし、いつも驚くのは甥っ子の成長ぶり。

前回会ったのは2年前。

2年前でも180センチ以上あった身長が、さらに伸びて186センチ。

思わず、

「うちの布団におさまるかな」

と思ってしまった。







キリンとパグ 2016 8・9



ともあれ、無事に宮古島で再会でき、2泊3日、彼らの宮古島旅行がはじまるのでした。

つづく


それでは~


とりぶう


関連記事
スポンサーサイト



少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです