2017年03月17日ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  アプリなんです 


アプリなんです

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

メイプル超合金の安藤なつさんが、だれかに似てるなあとずっと思っていて、

彼女が2014年のドラマで、消しゴム版画家の故ナンシー関役をやってたとわかり、

あ、そう!ナンシー関!

とすっきりした。

かつてわたしが週刊文春の読者だったとき、ナンシーさんのコラムがいちばん楽しみだった。

40代後半くらいで亡くなったのかと思いきや、39歳だったって。

美人のみ薄命というわけでもないのだな。

いや、ナンシーさんすいません。

金曜日。

モコ日記です。







ぼくはモコです。

三代目文鳥です。

高校生だと思っていたうさQさんが、4月から大学生になるそうで、この家を出てゆくらしくいろいろ不要なものをとりぶうさんに持ってきます。

中でも世界史の教科書がとりぶうさんにはうれしかったらしく、ちょこちょこ読んではしかちくさんになにやら報告しています。

しかちくさんは社会科が嫌いで、とくに歴史語句を覚えるのが苦痛でしかたなかったという人なのに、その人に対して歴史ネタを語れるとりぶうさんはハートの強い人なのだなあと思います。

きのうは、とりぶうさんは「西洋人についてわかったこと」をとうとうと語っていました。

ぼくは、語られるしかちくさんが気の毒でしかたありません。

西洋人は枠組みをつくるのが上手で、アジアやイスラムの発明をアプリとして自分たちの枠組みにあてはめていったのだ、と言われても、それがわかったところで、しかちくさんのふだんの生活になんの影響も与えないと思うからです。

しかちくさんの「し」は辛抱の「し」なんだなと思います。

とりぶうさんはいい気になって語っているのだけど、正直、アプリの意味をあまりわかっていないと思います。

なんとなく今はアプリといえば、何でも応用可能みたいに思って使ってるのだろうなあと思います。

なにかのひとつの部分を担う存在。

そう考えたら、ぼくもしかちくさんのアプリだといえます。




ぼくはアプリ 2017 3・17




しかちくさんの癒し部分を担当しているのです。

責任重大です。

身が引き締まる思いです。

とりぶうさんもしかちくさんのアプリだとしたら、担っているのはしかちくさんの足を引っ張る部分だとぼくは思います。







モコはこのあいだはじめて外で水浴びしました。

タッパーで作ったモコ専用の水浴び容器、通称『モコの湯』。

うれしいのでその後毎日モコをけしかけてるけど、このところちょっと寒くて嫌がられる一方。

あーあ。

暑くなるまでもうちょっとの辛抱なんだなあ。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです