2017年04月ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  おまえさえいなければ名誉めん類サッシュベルト先生えんま帳を手にいれる今じゃないです 


おまえさえいなければ

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

4月。

出会いの春。

わたしがしかちくと出会ったのはもう5年・・・・プラス22年前の春。

要するに、18歳の春でした。

もうあれから5年プラス22年かあ。(素直に27年といえ)

桜爛漫のあのときにはまさか結婚するなどとは思ってもみなかったけど。

人生山アリ谷アリ、紆余曲折アリ。

いまでは本当に大切な人生の伴侶として、日々楽しく暮らしています。

しかちくがいなくなればわたしの人生はたちどころに意味を失うだろう、というくらい、

もうわたしの青春そのもの、人生そのものの存在。

それくらい本当に大切な存在であり、そのことを本人にも毎日言い続けてる。

が。

昨日、その大事なしかちくにたいして、

「おまえさえいなければ」

と言い放ってしまった。

母が子に言ったらあかん言葉ワースト1じゃなかろうかという禁句。

「おまえさえいなければ」

そんな言葉をわたしが言ってしまったのだ。

自分でも驚いた。

驚いたけど、今でもそう思っている。

しかちくさえいなければ・・・・・!


そうすれば、

モコがあたしになつくのに。




おまえさえいなければ 2017 4・3




モコはまあまあかしこい文鳥なのですが、わたしにべったり寄っては来ない。

そういう意味ではアホや。(むしろ賢い?)

ものすご~~く、「しかちくっ子」である。

そのため、しかちくがトイレに行ったときくらいしか、わたしのところに来ない。

来たとしても「早くしかちくさんが帰ってこないかなあ」とそわそわしてる。

そわそわした挙句、ドアのところまで飛んで行ってはUターンして帰ってくるという行動を繰り返して、

しかちくが帰ってきたら、そそくさとわたしの元を去る。

わたしが毎日エサや水を替えてやり、カゴの掃除をしてやり、あまつさえ、気分が乗ればキャベツの切れ端すらやってるというのに。

しかちくさえいなければ、と思ってしまう。

モコは毛づくろいのときも眠いときも、遊んで欲しいときも、すべてしかちくのところにいる。

なによりもうらやましいのが、しかちくの指の上に乗ったまま毛づくろいをすること。

もふもふもふもふした羽毛が鼻先にあたり、小鳥のいちばんかわいらしい状態を楽しめるのだ。

ああ。

うらやましすぎる。

勢い、

おまえさえいなければ・・・・

と思ってしまうのをとめられない。

モコがしかちくの指の上でかわいい表情をするたびに、

ああ~、おまえさえいなければ!

と「青春そのもの」の夫に叫ぶわたしは心の狭い人間なのだろうか?

できるならやりなおしたい。

出会ったあのときから。

5年プラス22年前から、

じゃなく。

半年前、モコと出会ったときから。

あのときからやり直すことができたら、モコをわたしになつかせる努力をする。

そうすると、「青春そのもの」のことを「おまえ」呼ばわりすることもないのになあ。

しかちくはものすごく大切な存在で、もしいなくなってしまったならば、わたしの人生はたちどころに意味を失うだろう。

それはわかっているが。

いまもしかちくがトイレに行き、モコはわたしを敵対心いっぱいのぎゅるぎゅるした鳴き方で威嚇する。

くちばしでつついて攻撃しにくる。

ああ、ああ、

やっぱり、おまえさえいなければ!

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

名誉めん類

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

食べ物の好みというのは、ひとそれぞれ個人個人で違うものですが。

各家庭により形成されるものもあると思います。

すき焼きや鍋料理の具などは本当に各家庭によって違い。

結婚して、「え!あんたン家はそんな具を!?」とか、「え、それってそんなにレベルの高い食べ物扱いなん!?」」ということがお互いに起こり、

そのうち、「でもまあ、それもありか」とお互いの妥協の結果、

じぶんちの味というものが出来あがってくるのだと思います。

しかし、いまいちピンとこないものもあり、

そういう味は、「よくわからんけどあの人は好きや言うてる」もの、「片方モノ」として扱われます。

わたしにとって、しかちくの「よくわからんけど好きや言うてるもの」は、ナッツ類。

わたしはそれほどナッツ人間ではないので、しかちくのナッツ好きがいまいちピンとこなかったのですが。

先日から、カメ氏までがやたら「くるみが食べたい、くるみが食べたい」と言い出し。

日曜日に買ってきて、しかちくといっしょに「うまいうまい」と食べている。

こういう好みは片方モノといえる。

そうしてまたひとつ片方モノで見つけたのが、こんにゃく。

しかちくもカメ氏も、なんだったらわたし以外、一家総出でこんにゃくが好きだ。

わたしは正直、こんにゃくに好き嫌いの感情を持ったことがないので、ふ~ん、くらいのスタンスでいる。

中でもしかちくは糸こんにゃくが大好きで、

「名誉めん類というてもええ」

とか言い出してる。



名誉めん類 2017 4・4




こんにゃくのカルボナーラとかこんにゃくのラーメンとか、絶対おいしいって!

と力説するけども。

「いちばんおいしいのは、やっぱりすき焼きやな」

という。

じゃあすき焼きでは、肉を食べずに糸こんばっかり食べてたらいいのに、と思う。

しかしいつも肉の取り合いになる。

おいしいのは肉だろ!

と言いたい。

カルボナーラの件にしても、

「究極、糸こんにゃくはなくてもええんやけど、あのソースがおいしい」

と言ってる。

ほんまに糸こん好きなんか?

と首をかしげたくなる。

じゃあ、今度ためしに糸こんそうめんみたいなのを作ってあげるわ、というと。

「それは違う」

という。

糸こんそのものの味が楽しめるのに、

「そんなんは食べたくない」

という。

これは糸こん好きというよりも、もともとおいしいものに糸こんをいれてもオレはOKやで、

と言ってるだけではないか。

裁判長、しかちくの糸こん好きはウソだと思います!


それでは~



とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

サッシュベルト先生

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

ここ最近、よく見かけるようになったファッション小物、サッシュベルト。




サッシュベルト 2017 4・5



あれを見ると思い出す人がいます。

それは小学校のときに習っていたピアノの先生。

小学校の1年生のとき。

両親に懇願して、まるで裕福ではない田舎の農家の次女のくせにピアノを習わせてもらっていました。

ぜったいまじめにやるといいながら、まじめに練習せず、

将来必要だからといいながら、一度も必要にならず、

両親にはごめんという思いしかない。

そして、サッシュベルトの先生にもごめんという思いがある。

その先生についたのは1年か2年ほど。

最初は別の先生に習っていたのが、なんか理由はわすれたけど、その若い女の先生に習うことになりました。

たしか親戚の知り合いかなんかで、わざわざわたしの家に通ってくれていました。

というのも、その先生の家がとても遠く。

人の数よりもイノシシやサルのほうが多いような、ものすごく奥まったところだったと記憶している。

田舎のピアノの先生というのは、基本自宅で教えているので、そういうところまで通わせるというのも大変だろうと思ったのか、とにかく週に1度、先生はやってきた。

そんなところ出身のわりには、先生はおしゃれで上品でかわいらしかった。

いつもブラウスとスカート。

そしてサッシュベルト。

サッシュベルトはいつもではなかったのかもしれないけど、やわらかそうな革のベルトをウエストにきりりと巻いていたのがとても印象的で、

「大人になったらわたしもこういうベルトを巻くような格好をしたい」

と思っていた。

先生は上品でかわいらしい人だったけど、わたしは下品でやんちゃくれな女の子だった。

いっしょに習っていた姉はまじめにやってたけど、わたしは不まじめこの上なく。

聞き取った音符を書くときでも、5線譜からはみ出すのは当たり前。

ふざけてやたらでかい音符を書いては先生を辟易させた。

そのうえ練習嫌い。

当然のことながら、上達もせず。

ひたすら先生を困らせていた。

だから先生がやめると聞いたとき、

「あたしが困らせたからかも」

とどきどきして思い悩んだ。

でも結婚するからと聞いて、ほっとした。

中学になってピアノをまじめに練習するようになったとき。

あの先生には悪いことをしたな、と思った。

今のあたしのまじめぶりを見たら、先生はどう思うやろか、と想像したりもした。

先生とはほんの少しの間のつきあいだったけど、サッシュベルトの印象がとても強く。

顔はまるで思い出せないのだけど、先生のファッションはありありと思い出せる。

白いブラウス、赤いスカート、黒のサッシュベルト。

残念ながら、わたしが先生の年頃には、サッシュベルトが流行していなくて巻いたことは一度もない。

今サッシュベルトの流行再来なので、巻いてみたい気もするけど。

下品でやんちゃくれな女の子だったわたしには、いまでもやはり敷居の高いアイテムなんだなあ。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

えんま帳を手にいれる

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

季節の変わり目や、行事のたびに、

「とりぶう、これこれのことを注意するように」

としかちくに言われ続け。

うっかり八兵衛的な立ち位置を不動のものにしているわたしですが。

そもそも、そういうことを言われる原因は、しかちくが10年日記という悪魔のような日記、通称えんま帳をつけているから。

えんま帳では、毎年毎年、4月6日は同じページ。

去年の4月6日はこれこれこのようなことがあった、

というのは一目瞭然。

だからとりぶうのやつにはこれこれこのことを言っておかなければ、

と、しかちくの記憶を呼び覚ます10年日記、えんま帳。

わたしは書店員時代、あれを買う人の気持ちがまるでわからなかった。

「世界の苔図鑑」を買う人と同じくらい、レア人種だと思ってた。

だから、自分の夫が苔図鑑、じゃなかった10年日記を買うといったとき、

「あんた、正気か!?」

とすら思った。

が。

時代は流れ流れ、流れ流れ。

もうすぐ平成ですらなくなるくらい、流れ。

この春、わたしも手に入れてしまった、

えんま帳、

10年日記!





えんま帳を手にいれる 2017 4・6



なぜそんな暴挙に出たかというと。

ずばり、老化である。

わたしはもともと記憶力には自信があった。

だれにも言われたことなかったけど、ひそかに生き字引だと思ってた。

しかし、このところ、いらん記憶は呼び覚まされるのに、肝心な記憶はまるで呼び覚まされない。

昔習ってたピアノの先生のサッシュベルトの色は思い出せても。

おととしのだれそれの誕生日プレゼント何を送ったっけ?

みたいなのは、まるで覚えてない。

いや、そんなんだれでもそうやで、とか慰めんといて。(だれも慰めてないよ)

あたし生き字引やで。(自称やろ)

以前はそういうのも大丈夫だったのが、ここ15年ほどまるであかん。

15年て。

どこが生き字引やねん。

このあいだも、思い出さねばならないことがあやふやだったので、えんま大王しかちくに、

「どこかに書いてないん?」

といわれ、ああもうあたしも限界か・・・と思ったしだい。

そして手に入れたえんま帳。

わたしもえんまの仲間入り。

しかちくは、

「とりぶうはオレの20年後をいつも歩く。

最初はオレのことをけなすけど、結局自分もこっちの道に来る」

などという。

くやしいけどたしかに、そういうことはよくある。

でもわたしはえんま帳を手にいれたので、

「〇月〇日、しかちくに嫌味を言われた」

と書いておくことすらできる。

来年の〇月〇日には、

「あんた、去年の今日、あたしに嫌味言うたなあ」

と教えてやることもできるのだ。

なんか夢がふくらむな。(いやな夢やな)

とりあえず、えんま帳の一行目には、

「えんま帳に手を染める」

と書いておいた。

しかし肝心のことを書き忘れないか、それが今から不安なんだなあ。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

今じゃないです

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

春になるとなにかを始めたくなる。

とりあえず、カメ氏にマンガ「東京喰種(グール)」を借りて読んでるのですが。

ハマってしまい、ほかのことがなにも始められない。

始められないどころか、通常業務も怠るありさま。

まあそんなこともあるわな。

と、開き直る春。

金曜日。

モコ日記です。






ぼくはモコです。

三代目文鳥です。

放鳥されたときは、しかちくさんの肩の上で機嫌よく暮らしています。

しかちくさんの肩は幅広くがっちりしてるので、居心地がいいのです。

安定感がすごいです。

ところで猫さんという生き物は、居心地の良い場所を見つけるのが上手だそうです。

ぼくのいる部屋の前でも、日向ぼっこしてるのをみたことがあります。

とっても気持ちよさそうでした。

ぼくもそれに負けず劣らず居心地のよい場所を見つけるのが上手だと自負しています。

しかちくさんの肩はもちろん、足と足の間は巣みたいであったかく、暑いなと思ったら腕はひんやりして気持ちいいです。

そのほかにもたくさん居心地のいい場所をしかちくさんは持っていて、ぼくはいつもそこでくつろいでいます。

でもそれはとりぶうさんには気に入らないらしく、なにやらしかけてきます。

それにたいしてぼくはつい、ぎゅるぎゅるぎゅる、と威嚇めいた鳴き方をしてしまいます。

やっちゃいけない、と思いながらも、

「今じゃないでしょ!」

という思いが強く、気が付けば、ぎゅるぎゅるぎゅる、と鳴いています。




今じゃない 2017 4・7




それでもとりぶうさんは指をぐるぐる回しに来て、負けていません。

ほとほと、困った人だなあと思います。

おなかがすいたらとりぶうさんのところに行くと決めているので、それまで待ってくれたらいいのになあと思うのです。

とりぶうさんという人は、自分のタイミングですべてを行おうとするので、まわりがときどき振り回されます。

きっとぼくはいちばんの被害者だと思います。

猫さんのようにいつでも居心地のよい場所を手に入れるのは、まだまだ先のことになるのだろうなあと思います。






モコは暑い気候のほうが好きなので、さいきん活発です。

活発なので、ぎゅるぎゅるつつくくちばしもするどい。

親の敵みたいにつつく。

わたしにもなついてるはずだと思うんだけどなあ。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです