2017年05月02日ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  ハモれるヨロコビ 


ハモれるヨロコビ

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

ひとりっ子はうらやましいなあ、と思っていたけれども。

ひとりっ子じゃなくてよかったなあ、と同時に思うこともあった。

それは、ハモれる相手がいるということ。

子供というものは、やたら歌を歌うもので、

中でも耳につくCMソングなどはうってつけ。

声をはりあげてよく歌っていました。

やみくもに歌ってゆくうちに気づいたのが、

「ハモる楽しさ」。

自分の歌声が楽器のように、ハーモニーを奏でる。

それが楽しく、よくハモっていました。

いちばんよくハモっていたのが、「まるだいハンバーグ」の歌。

~♪ハイリハイリフレハイリホー ハイリハイリフレホ・ホー♪~

というハミングのような歌声ののちに。

「大きくなれよ」

というおじいさんのセリフのあと、

~♪ ま・る・だ・い・ハンバーグ ♪~

という部分。

その「ハンバーグ」のところがハモれる場所で、

下からハンバーグというか、上からハンバーグというか、

順番を決めて歌っていました。

べつに友達と歌ってもいいんだけど、子供心にこれはしょうもない歌だ、と思っていたので、

そういうしょうもない歌を堂々と歌うには、きょうだいというのはちょうどよかったのです。



まるだいハンバーグ




「ハンバーグ」と歌うだけなのに、

ハモるのはとても楽しく。

姉や妹と、何度も何度もハモっていました。

ひとりだとこうはいかんからな。

と思いました。

あと、「かっこう」の輪唱。

あれもよくやった。

妹があとから歌い始めると、絶対つられてしまうのがおもしろく。

つられないようにと必死に耳をふさいでいたのを覚えている。

そういえば。

うちの子どもたちも、小さいころよくでかい声で歌っていた。

ひとりが歌いだすと、かならずもうひとりがあいの手を入れるように歌い添える。

練習してなくても、自分のパートをよくわかってかぶさらないように歌う。

しまいにはかなりの大音量になるので、車の中で歌い始められた日には辟易したものだ。

いまはもう物理的に離れているので、大声で歌い始めることもなくなったけれども。

きっとひとりが歌い始めたら、もうひとりが歌い添えるのは変わらないのだろう。

とすれば。

わたしもいつかきょうだいに「まるだいハンバーグ」の歌をふっかけてみたい。

応じてくれたら笑えるなあ。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです