2017年08月08日ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  ダチョウに乗った!・・・? ~B面の旅 沖縄・夏 (9) 


ダチョウに乗った!・・・? ~B面の旅 沖縄・夏 (9)

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

ポカリスエットのCMはいつも印象的なものが多いと思う。
中でも、わたしがいちばん記憶に残っているのは、少女がダチョウに乗るやつ。

あれは10年ほど前だった。

思ってたけど。
1995年なんだって。
もう20年以上前って。
ほんまかいな。
10年くらいの前の印象しかないけどさらにあと10年って。
どおりで知らない間に40過ぎてたわけだ。
このままだとうっかりしてたら人生終わるな。

ところでそのCM。
まだあどけない中山エミリさんが、ダチョウに乗ろうと必死になって走るというもの。
大きいとはいえ、ダチョウはそもそも鳥である。
二本足なのである。
それに乗れるなんて。
ダチョウというのはよほど強いものなのだなあと思ったのを覚えている。

あれから10年、
と、12年。(素直に22年といえ)
そのダチョウに、今回、乗ることができたのだ!
向かったのは今帰仁村にある『ダチョウらんど』。

わざわざ向かったっぽく言ったけど、じつはたまたま通りかかった。
「あれ、こんなとこに『ダチョウらんど』」
「ほんまや。入ってみる?」
てな感じだった。

学生の夏休み中とはいえ、平日の午前。
手作り感満載の『ダチョウらんど』は、わたしたちのほかにはだれもいない。
「やってるんかな?」
と不安になりながら、入ってみると。
おばさんがいる。
「やってますか?」
と聞くと、
「はいはい、入場料500円ね。ダチョウに乗るならあと500円。
合計1000円ね」
とのこと。

「ダチョウに乗れるんですか?」
わたしたちが驚いて聞き返すと、
「500円ね」
おばさんはあくまで500円を強調するのであった。

わたしたちは2000円払い、中に入った。
すぐにおばさんの夫であると思われるおじさんが、人のよさそうな顔でやってきて、わたしたちに草を何本か渡す。
そこらへんで適当に折ってきたような草。
「これダチョウにやる草ね。
ダチョウは葉っぱしか食べないから」
という。

おお、えさやり体験もついてるのか。
と、思いながら、園内に入ると。
思ったよりも広い。
ひろびろとした草原で、ところどころ柵で囲まれた中に、数羽のダチョウ発見。
でかっ。
と思う。

おじさんが、
「葉っぱのところだけ食べるから」
というので葉っぱのところだけ食べられるようにやると、
ダチョウたちは近づいてきて、もしゃっもしゃっと食べた。
ダチョウは食べるときになぜか目を瞑るのがおもしろかった。

しかし間近で見ると、あらためてでかい。
それに怖い。
明らかに気が荒そうである。
しかちくは食べる様子を見て、
「かわいいなあ」
などと能天気に言ってたけど。
さすがわたしを見慣れただけある、と思った。
て、だれが怖い嫁やねん!
というひとり突っ込みは置いといて。

わたしはとうていそうは思えず、
「怖いなあ」
としか考えていなかった。
これに乗るのか、と思うととたんに動悸が速くなるのであった。

ダチョウはなぜかみんなところどころ、羽がなくて皮膚むき出しである。
思いっきり羽がないのもいる。
換羽中なのか、それが定番スタイルなのかわからんけど、その感じがなんか大雑把な鳥なんだなあと思う。

おじさんは、
「ダチョウに乗って写真撮るのは500円。
乗って一枚、ピースで一枚、万歳で一枚、で全部で500円」
と言う。
また500円言うてる。
おじさんとおばさんはどうしても500円を取りこぼさないぞ、という使命感で結ばれているのかもしれん。

「さっきおばさんに払いました」
というと、
「ああそう」
とおじさんはあっさり引き下がった。
おじさんとおばさんのチームワークは、うまくいってるんかいってないのかよくわからんのだ。

おじさんに指定されたところに行くと、一羽のダチョウがいた。
おとなしそうなメスのダチョウである。
どうやらさっきの怖いやつではなくて、これに乗るらしい。

暑いので日陰で待つこと5分。
おじさんは車でやってきた。

「この子はハナちゃん。唯一、この子だけ乗れるよ」
おじさんは言った。
てっきりどのダチョウも乗れると思ってたので、意外だった。
おじさんいわく。
「オスは気が荒くてだめ。わたしでも追いかけられると大変よ。
このハナちゃんはおとなしくて大丈夫」
とのこと。

いやいや、わたしはこのハナちゃんだけでもなんだか怖いんだけど。
自分よりもずいぶん背の高いハナちゃんを見てわたしは思うのだった。

しかちくは、
「じゃ、とりぶうから乗りいや」
と言う。
え~!
できることならしかちくからやってほしい。
と思ったけど、尻込みするのもかっこ悪かったので、おずおずと承知した。

おじさんはエサ箱にざざっとエサを入れて、ハナちゃんをせまくて身動きとれないところに誘導。
「こうやって人を乗せるとエサがもらえると教えておくんですよ」
という。
ダチョウは体はとても大きいが脳みそはかなり小さい。
ちゃんとそれ覚えといてよ、
と祈る思いでおじさんが指定するところに足をかけた。

なかなかの高さである。
おじさんがハナちゃんを後ろから固定しているうちに、
「早く!またがって!」
とせかす。
わたしは慌ててハナちゃんの体に乗って足を向こう側の台に載せた。

ハナちゃんの羽は思ったよりもふわふわ。
思ったよりもかわいい。
そんなことを思っていると、
「体重かけないで!ダチョウは細い2本の足で支えてるんだから、体重かけたらだめですよ」
とおじさんから注意が入る。

わたしは用心深くハナちゃんに体重をかけないようにして、苦笑いしてしかちくがカメラを構えるほうに顔を向けるのだった。


乗ってるというよりも 001



おじさんは、
「はい、じゃあ首をもって。なでなでしてあげて」
と指示。
いろいろおじさんのチェックは厳しいのである。

おそるおそるハナちゃんの首を持つと、思ったよりもねっとりしてる。
なんか鳥というよりも、けもの感があった。
いつハナちゃんがこっちを向いてわたしをつつくかわからないと思うと、なでなでどころではなく、やんわり触るくらいしかできなかった。
その後、2枚写真を撮ってわたしの番は終わった。

ダチョウに乗る、というよりも。
ダチョウにまたがる、という体験だった。

あのCMのように、走ってるダチョウに乗るというような颯爽としたものでは、とうていなかった。
ひたすらダチョウに体重かけないように心をくだいた体験だった。

おじさんとおばさんは500円にはこだわっていたけど、ダチョウ愛あふれるやさしい人々であった。
併設するレストランでダチョウの肉も食べられる。
わたしたちもたたきを食べたのだけど、赤身でおどろほどやわらかくくせがなく、鳥とは思えなかった。
クジラとかカンガルーとかそんな味。
ちなみに、そこで出されるダチョウ肉は『ダチョウらんど』のものではないらしい。
食用にするのは10か月のものらしく、ここのダチョウたちはみんな高齢なので食べるのはムリとのことだった。
おばさんが、
「ダチョウは50年も生きるからね」
とうれしいのか悲しいのかわからんようなことを言ってた。
ともあれ、コワかわいいダチョウがたくさん見られる『ダチョウらんど』。
機会あれば訪れることをお勧めします。

つづく。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     リンクエリア1
このバナー使ってほしいな!
ショートショートとりぶうの読むコント宮古島へのリンク
右クリックで名前をつけて
画像を保存して使ってね。

相互リンク一覧も見てね

のぶちんと神様の日記
ずっと♪CuteMama
今日は何しましょうか?
自分を探して
現代語訳「今昔物語」
one more time
空想Cafe 日ごろ景色
モエレ沼公園通り
プリモプエル奮戦記
ゆみぴい日記
宮古島に移住した介護士のブログ「ゆうむつ青板」
うつ病トマト自分探し旅
すくわか グルメ
羊飼いな日々
日吉丸の買い物日記
デイリー・ロク
哲雄&AKIの不純愛講座
「おとなの恋愛小説」倶楽部
雨のち虹。時々とまと
線香花火
OLミユキさん
癒しの宮古島
宮古島ナビ
宮古島オンライン
もう少し生きてみようじゃないか
トモにゃん日記
官公庁のバイトさん
~怪しい探検隊~
アパート経営で副業生活
ちょっと一息
健康・薬・美容のあれこれ
kurosio note
サミタ帝愛カジノ『沼』攻略への道
路地裏ニライカナイ
腹ペコ番長の三ツ星ブランチ
1日10分 1年で創る自分史
COCOマミーのケ・セ・ラ・セ・ラ
きのこにっき
こころと体に光を
こころのかたち。
日本一のみかん農家
いしまり総統の独身OL帝国
笑い話千夜一夜
ノラ家の日常・非日常
人生楽ありゃ苦もあるさ
FIELD & STREAM
するめ日記
ワクワクの森
短編物語
クマゴローYOGIYOGI
ぽんぽこりん日記
シナモン「飛行船の殺人」
小説人気ランキング娯楽部
りくの日記
回転!揺りイス固め
ドラッグストア店長日記
通販ショップ Ring
眠気耐えられないサラリーマン
のほほん お散歩日記
あざらし☆BEAUTY
ガケップチ我が侭コラム
過ぎ行く日々の雑事
富山市・中心街通信
リハビリ病棟は今日も大笑い
よっちゃん’s BAR
さぼりのクリーニング日記
トビナナフシ日記
映画レビュー
極楽トンボの思うこと

リンク切れと判断した場合は削除しますが、見落としてリンク切れと判断してしまった場合は教えてくださいね。
FC2リンクに追加する



     おかげさまです

     ランキング
人気記事ランキング10
面白いサイトがいっぱいなのでぜひ見に行ってくださいね。自分のブログにリンクを貼ってクリックするだけで参加できます。SNSからのリンクはカウントされません。