2017年11月ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  尊敬する師10年遅いわ文化の香りなんです念願を乗りこなすバブルな人 


尊敬する師

テーマ : 日記 ジャンル : 日記





みなさんこんにちは。

以前、掃除をしていたとき。

カメ氏の中学時代のプリント類が出てきて、何気なくみていると。

「ぼくが尊敬する人」

的な内容のものがあった。

なになに?

カメ氏はいったいぜんたいだれを尊敬してるというのだい?

母親であるあたしかい?

と興味深く読んでみると。

「ぼくが尊敬するのは○×師です」

と母親でも父親でもなく。

だれやねん、それ?

という、なんかよくわからん老師的なひとの名があった。




ナントカ老師 001




ときどき男子はよくわからん行動に出るし、

よくわからんものをありがたがる。

きっとカメ氏もそのとき諸子百家とか中国的ななにかにかぶれてたのだろう、

と思っていた。

ら。

○×師は、中国の諸子百家ではなく。

「米津玄師」さんという日本の若いミュージシャンだった。

よねづけんし、と読むらしい。

画像検索してみると、わたしのイラストとは真逆のスタイリッシュな若者であった。

わたしはまた農業に貢献した中国の思想家か何かだと思った。

名前の中にある「玄米」にひきずられてることはまちがいないんだなあ。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

10年遅いわ

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

今度の休み、しかちくとともに、ひとりぐらしのうさQのところに行くに際し、

うさQがおいていった冬物やうすい毛布をいっしょに持ってゆくことになったのだけど。

どのカバンに詰めて持ってゆくか、ということでひと悶着あった。

いや、毎回、こういうときにはひと悶着ある。

わたしはリュックで持っていきたい派なのにたいし、

しかちくはキャリーバッグで持っていきたい派。

ここまで書いて、客観的に読んでみると、わたしだって、

「そら、キャリーやろ」

と思う。

「なんでわざわざ毛布をかついでいくねん」

と思う。

げんにしかちくにも、

「毛布かついでいくなんて乞食かとりぶうだけや」

などと言われた。

なぬう、と思ったけど。

わたしにはこだわりがあった。

ちょうど、20年前。

しかちくとわたしはニュージーランドに1年間、ワーキングホリデーに行った。

一応、スーツケース2個に荷物を詰めて行ったが、NZ国内やオーストラリアに旅行に行くときはバックパックを使った。

15キロのバックパックをかついで走れるくらいタフであることが、わたしに課せられた最低限の責任であると思っていた。

貧乏旅行は機動力が大事。

何キロ、何十キロの道のりを歩ける恰好でなければならない。

荷物はひたすらコンパクトに、そしてかつげるものでなければならない。

いざというときにはひざにのせても大丈夫で、枕がわりにもなるソフトタイプのものでなくてはならない。

だからわたしのごとき若者が、スーツケースやキャリーバッグの類のバッグで旅行するなんて10年早いわ、

若いときの苦労はしておくべきなんだ、と思っていたのだ。

が。

今日、しかちくに、

「もうあれから20年たってるんやで」

と言われ、初めて気付いた。

10年早いわ!と思っていたけど、すでに10年遅いくらいだったなんて。




あれから20年 001




びっくりしたー。

いつのまにか若者ではなくなってたわー。

失われた20年を返せ。(だれにいうてるん?)

ということで。

荷物はキャリーバッグに詰めた。

しかちくは、

「とりちゃん、毎回、どのかばん持っていく?て聞くけど、毎回キャリーでええ、てオレいうてるで」

という。

そうだったんか。

忘れてた。

この忘れっぽさ、若者ではない証拠やな。

さらに、

「このこと、日記に書こうと思ったけど、スペースなくて書かれへんかった」

という。

しかちくの日記は別名『エンマ帳』。

わたしにダメ出しすることが網羅されているいやらしい日記である。

だから、わたしが自分の日記に書いておいた。

『しかちくとカバンでもめる。楽しい』

きっと次回もカバンでもめる予感はするんだなあ。


それでは~


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

文化の香りなんです

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

宮古島に住んでいると、Tシャツは必須。

4月から11月まで、1年のほぼ3分の2はそれだけでオッケーなのだけど。

なぜかTシャツにお金をかける気にはならない。

年がら年中、マラソン大会でもらったTシャツか千円くらいの安物ですませている。

そうして、それは自分の仮の姿だと思ってる。

が。

1年の3分の2がそうなら、もうそれが本来の姿なのでは?

と気づいた金曜日。

モコ日記です。






ぼくはモコです。

三代目文鳥です。

今日は文化の日なのだとか。

「文化」というのはいったい何なのでしょう。

人間さんはそれぞれの生きている国や年齢、性別なんかで行動や持ち物が変わるらしいです。

それはみんな違ってみんないいらしくて、それを文化というみたいです。

ということは人間さん以外の生き物たちには、持ち物という考えがさいしょからないので、文化がないといえるのかもしれません。

ぼくはそれはそれで気楽だと思います。

文化はときどき、違う者同士の争いを引き起こすやっかいなものだからです。

でも、今の時期にいう「文化」はそういう文化とは少し違うみたいです。

なにかアタマをよくするみたいなひびきがあります。

美しい音楽を聴いたり、すばらしい絵を鑑賞したり、みたいなことです。

本を読むのもそうで、読書の秋なんだそうです。

だからなのか、このごろ、お休みになるとしかちくさんはせっせと本を読んでいます。





読書の秋 001




ぼくもいっしょに読んでいます。

しかちくさんは、

「モコがマンガの上に乗ってくる」

と言うのだけど、とくに払いのけられることもありません。

だからいつもいっしょに本を楽しんでいます。

本のにおいは小鳥のエサとか米とか豆苗のにおいと違います。

これが文化の香りなのかなあ、と思っています。

それがわかるのはぼくが「文」の字を持つ鳥だからなのかもしれません。







モコを放鳥するときわたしがかごに手を入れると、いつもぎゅるるるるると、威嚇の声を出す。

ひとしきりそれをやったあと、素直に指に乗って出てくる。

モコのルーティンなんだろうなあ。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

念願を乗りこなす

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

この週末、沖縄本島のうさQのところに行った。

今回の目的はズバリ、「ロデオに乗る!」である。

ボーリング場「ラウンド1」に併設された「スポッチャ」で、ロデオに乗るという目標。

スポッチャというのは室内にいろんなスポーツ施設があり、

なんかやたら楽しいらしい。

なかでもロデオに乗れるというのが売りのようで、

しかちくは、

「今がいちばんのチャンス!」

という。

それはマラソン大会後の今がいちばん体が絞れて腰の調子がいいからだそうだ。

ご存知のように、ロデオというのは暴れ牛や暴れ馬を乗りこなす競技である。

スポッチャにあるのは当然、ロデオマシンであるから、本物とはかなり違うものの。

腰に爆弾を抱えた中年男性であるしかちく。

腰がイテテテ・・・のときにロデオに乗るのは地雷に足を突っ込むような行為である。

ならば、そもそも乗らなければいいのではないか?

と、

いう、

ような質問は、

するだけ無駄である。

彼が乗りたいといえば、乗るに決まってるのである。

失敗するのもありなのだ。

やれやれ。

と思う。

「腰、大丈夫?」

念のためにきくと、

「それはわからん。でも来年は今よりも悪くなるはず。

今がいちばんええねん!」

と力説。

まあ、そこまで言うのなら、と思いながらうさQとともにスポッチャに赴いた。

沖縄宜野湾にあるスポッチャは、半分以上がアメリカ人であった。

基地の近くではあるが、こんなにアメリカンなんか~!とおどろいた。

受付をすますと、すぐ横にもうロデオがある。

アメリカンのキッズがきゃっきゃ言いながら楽しんでいた。

おお、もうあるんか。

と拍子抜けだった。

イメージでは、フロアの中央で人々の視線を浴びながら拍手喝さいでやるものだと思ってた。

ひょっとして1時間待ちとかかもよ・・・

とも思ってた。

が、意に反し。

待ち時間は3分ほどだった。

10歳くらいのアメリカンキッズは体全体でロデオマシンにしがみつき、必死である。

牛の形のマシンはまわりながら上下にぐんぐん揺れる。

なんか酔いそう。

と一抹の不安があった。

アメリカンキッズが振り落とされて、しかちくの番になった。

いそいそとマシンに近づいてゆくしかちく。

が、すぐにふかふかマットに足を取られて転ぶ。

おいおい。

まだロデオに乗ってもねーよ。

わたしたちの総突っ込みを受け、乗り込んだしかちく。

牛の頭のところにあるレバーのボタンを押し続けると、牛が動き、落ちたら止まるしくみ。

しかちくの乗った牛がゆっくりと動きだした。

ぐいんぐいんと上下に動き、いつ素早く動くんだろう?

と思ってみていても、速さは変わらず。

さっきのキッズはもっと揺さぶられてたのだけど、大人はそれほどでもないのか、

なんか、静かなロデオであった。




念願かなう 001




その後、うさQとわたしも挑戦したのだけど。

酔うかも、という心配は杞憂に終わり。

あれ?

それくらい?

というかんじだった。

しかちくは、

「腰にくるどころか!」

と余裕たっぷりの顔つきだった。

「今しかない!」

と必死の形相だったけど。

思ったほど腹をくくらなくてもよかったロデオだった。

それよりもわたしには、ダーツのほうがずいぶんと難しかった。

まったく矢が刺さらんかった。

刺さらないうえに、隣のアメリカンカップルの足元に転がって大笑いされた。

あんなもん簡単やろ、と思ってたのに。

どこにむずかしさが転がってるかわからんもんだなあ。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

バブルな人

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

スポッチャの続きです。

スポッチャにはローラースケートリンクもあった。

わたしは20年前に一度、ローラースケートをしたことがある。

あまり記憶にはないが、ピースサインで笑顔の写真が残ってるので、

「ああ、ローラースケートしたな。けっこうちゃんと滑れたはずやな」

と思っていた。

が。

今回、20年ぶりにやってみて驚いた。

まーったく滑れんよ。

20年前、あんなに滑れたのに!(自己申告)

ひたすら手すりにしがみついてよちよち歩きするしかなかった。

そんなわたしをよそめに。

しゃーっ、しゃーっ、とヘビの威嚇のような音をたてて通り過ぎるものがいる。

なんと、しかちくではないか。

あんた、そんなにローラースケート上手だったっけ!?

おどろいた。

初挑戦のうさQが、

「さすがバブルの人やな」

と感心していた。




バブルな人 001



しかちくもローラースケートは20年ぶりだというけれど。

なんだろう、この差。

しかちくは、

「たぶん、あそこでは最年長だったはず。最年長であれだけ滑れたら、まあまあやな」

となんか自慢げであった。

がすぐに、

「いや、最年長はとりぶうやわ、ごめんごめん」

と言い直した。

そこはどうでもええよ!

しかし、バブルってへんてこなものが流行った時代なんだなあ。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです