2018年05月ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  なまけもの道目を大きく見せるためには最強殺人生物勇者なんですあこがれの殺し屋稼業 


なまけもの道

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

「けものフレンズ」というアニメがとても流行っているそうで、

「けもフレ」と略され、

知ってる人はめっちゃ知ってるし、知らない人はまったく知らないという、

それくらい有名なのだけど。(どれくらいよ?)

自称「なまけもの」としては、「けもの」の流行にはおだやかでいられない、

こともなく。

なまけものなので、とくになにかにひたむきに取り組むでもなく。

ちんたらとナンプレに取り組んでる毎日。

「けもの道」といえば、

「一般人の平穏な生活とは違う人生や生き方の比喩として使われることもある」

とウィキペディアでも書いてあるように、

なにかしらアウトローなにおいを感じるのだが。

じつは、わたしもそれに似た道を歩いている。

そう、「なまけもの道」。




なまけもの道 001





いま、なまけものフレンズにしかちくを誘っている最中。

けもの道が、一般人の平穏な生活以外の道だとしたら。

なまけもの道は、一般人にさぼっているところを見つからないように歩く道である。

うむ。

なんだかこんな定義をしてしまうと、立派な武道のようにすら思える。(どこが)

道場でもつくろうかなあ。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

目を大きく見せるためには

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

きのうブログに、なまけもの道をきわめるために、道場でも開こうかなあと、書いたあと。

道場運営についていろいろ考えた。

そもそも、なまけものの道をきわめるのであるから、道場に毎日通ってくるような人ではいけない。

毎日通うような人には、

「そんなにまじめに通うな」

と指導する必要がある。

根本からなまけものの道を教えてやらねばならないとなると、けっこう大変だ。

基本、サボりがちであれ。

知らないあいだに辞めていろ。

こういう人を育成せねばならぬ。

考えていると、大変そうだ。

やっぱり道場はやめよう。

なまけものはあまり人を導く側にいてはいけないのだ。

ところで。

先日、文鳥モコを買ったホームセンターに行った。

そこのペットコーナーで売られている文鳥をひとしきり観察するのが、その店でのお約束なのだけど。

白文鳥が2羽いた。

白文鳥もかわいいな、

と言い合いながらふと思った。

白文鳥のほうが、ふつうの文鳥よりも目が小さく見える。

下のイラストを見ていただきたい。




錯覚 001





ね?

左の白いほうが、目が小さく見えるでしょう?

なぬ?

どっちもおんなじ?

いや、そんなことないっしょ。

白いほうが小さいっしょ?

お願い、小さいっていって!

みなさんがうなずいたところで。(むりやり?)

これで思ったのが。

白は膨張色であるので、顔そのものが大きく見える。

ふつうの文鳥のほうは、顔の中央まで黒いので、締まって見える。

そのために同じ大きさの目でも、白文鳥は小さく見えてしまうのである。

だとしたら。

目を大きく見せたい女子は、黒の帽子を目深にかぶるとよいのではないか。

あるいは、前髪を目を覆うくらいまで伸ばすとか。

さらに、日焼けすれば出来上がりである。

とにかく、まわりを黒でかこむこと。

これが大きく見せるコツであると思う。

パンダも目そのものはそんなに大きくない。

まわりの黒い毛を目に見立ててるのである。

目つきも案外悪いのに、かわいく見えてしまう不思議。

目の錯覚はすごいなあ。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

最強殺人生物

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

以前、沖縄本島にある動物園に行ったとき。

アメリカ人のおじさんと、日本人のおばさんのカップルがいた。

距離感からしてどうやら夫婦ではなさそうで、これから始まる関係か、はじまって間もない関係と見受けられた。

わたしは動物も気になるけど、そのカップルも気になり、

動物観察と平行して、そのカップルの会話にも耳をそばだてていたのだけど。

アメリカ人のおじさんは、かなり動物に詳しいらしく、しきりに日本人のおばさんに向かって、この動物はあーだこーだと説明していた。

そうして、カバ舎に来たとき。

おじさんは、待ってました!とばかりにいかにカバが恐ろしい動物であるかを説明しはじめた。

「じつはカバはこんなユーモラスな見た目だけど、人を殺すことにかけてはライオン以上なんだ」

的なことを嬉々として語っている。

カバが年間に襲った人間の数もきっちりと覚えているもよう。

が。

おじさんが真剣に語っている横でおばさんは、

「どうでもええわそんな話」

という顔つきであった。

カバに熱い視線を送り続けるおじさんがそれに気づくことはなかった。

わたしはものすごくそのおじさんに親近感を持った。

わたしも常々、カバの恐ろしさを人々に伝えることを楽しみとしている。(いやな楽しみ)

しかしそれを喜んで聞く人はまれで、話し出したとたん、

「日本で野生のカバに会うこともないのに、その知識必要?」

という反応しかなく、結局、「変な動物オタク」的扱いを受ける。

ああ、わかってほしいよ、カバのこと!

カバは動物界で最強なのに!



最強伝説 001





しかしながら。

カバが一番人間を殺している数が多い動物なのかどうか自信がない。

調べてみた。

なななんと。

おどろくな蚊れ。

カバは最強ではないではない蚊。

もっとほかに大量に人を殺してるやつがいるではない蚊。

それはなに蚊というと、

じつはじつは、

蚊!

なのである!

あの小さな虫けらが最強だというではない蚊!

なに?

うすうす気づいてた?

なんでやろうなあ。(しらじらしい)

蚊は病気を媒介するために、殺す数も半端ではない。

おまけに、犬のほうがカバよりも人をたくさん殺しているし。

カバ最強伝説はもろくも崩れ去った。

しかし、カバを怖がってもふだん目にする機会はほとんどない。

半面、蚊と犬はほぼ毎日、目にする。

わたしたちは毎日、最強殺人生物と隣り合わせで生活していることになる。

カバを怖がるどころの話ではない。

「カバ最強」から「蚊は最強」伝説。

あのアメリカ人のおじさんも、この事実、知ってるかなあ。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

勇者なんです

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

今朝、庭に一羽のキジバトがいた。

木のそばでじっとしていた。

本人(鳥)的にはうまいこと隠れる保護色だったのだろうけど、

実際、そこにキジバトがいることはすぐにわかった。

しかし自信満々なキジバトは、わたしが横を通ってもがんとして動かなかった。

ハトだけに、ハートの強いやつだ。

華麗なダジャレがきまった金曜日。

モコ日記です。







ぼくはモコです。

三代目文鳥です。

とりぶうさんは日々、なにかを発見することを楽しみとしているようです。

このあいだも、テレビの裏側で、

「100円玉発見!」

していたし、また別の日には衣装ケースの底のほうから、

「探してたTシャツ発見!」

していたし、ただ単に忘れてたものを見つけただけでも「発見!」と名付けたら前向きになれるらしく、日々発見しているようです。

そんなとりぶうさんが、今日は昔の歌で発見したといってカメ氏さんに語っていました。

「あのさあ、よくよく考えたら『イカロスの歌』って変やんな。
ロウの羽で太陽に向かって飛んで落ちたのに英雄扱いでさあ。
だけどぼくら~はイカロスの、鉄の勇気を受け継いで~、
て、そんな愚か者の勇気、受け継いだらあかんでなあ」



ろうの羽 001





熱く語っていたとりぶうさんだけど、カメ氏さんにはまるで意味不明だったようで、

「なに、イカロス?その歌、知らんけど」

と言われていました。

「知らんか~?むか~しギリシャのイカロスは~の歌。
勇者イカロスがロウの羽で飛んで落ちる歌」

とりぶうさんが説明すると、カメ氏さんは、

「『ユウジャ』イカロス?『ユウシャ』イカロスやろ?ユウジャって!」

と笑います。

「勇者はユウジャやろ。お母さんはユウシャとか使ったことないで!」

あれこれ言い合ったけど、ふたりの意見は平行線で、しかちくさんに意見を求めに来ました。

「なあなあ、しかちゃん、『勇ましい者』て書いて、『ユウシャ』て言う?それとも『ユウジャ』て言う?」

聞かれたしかちくさんはしばらく首をかしげたあと、

「両方言うんちゃう?兄者のときは『じゃ』やし、達者のときは『しゃ』やし」

と答えたのだけど、

「それはそれやんか。兄者のときに『あにしゃ』て言わんし、達者を『たっじゃ』とは言わんやろ」

とりぶうさんに言われると、しかちくさんはパソコンのキーをたたき、勇者について調べていました。

「ああ、あのな、どっちでもええみたい。王者は『オウジャ』やけど、『オウシャ』て言うてもええんやて」

「はあ?王者のことはどっちでもええよ!ユウシャかユウジャかそれを聞いてるんやんか!」

「ああ、そうだった。忘れてた」

「えー、この一瞬で!?」

なんだかいろいろぐだぐだになっていたのだけど、ようやくしかちくさんが調べたところによると、

「あのな、ユウジャ、ユウシャ、どっちでもええみたいやわ。そのうえヨウシャでもええらしい。
で、軍人はユウシやて」

「どうでもええことくっつけたらややこしいよ!」

結局のところどっちでもいいということらしいです。

ひょっとしたら、ある年齢以上は『ユウジャ』、それより下世代は『ユウシャ』とか、そういうふうになっているのかもしれません。

『勇者』の読み方に違いがあるとわかったのが、とりぶうさんの今日の発見のようです。








勇者はじつは、『ゆうじゃ』では変換せず、『ゆうしゃ』で変換する。

どっちも読むとはいいながら、なんだか負けた気がするんだなあ。

それでは~


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

あこがれの殺し屋稼業

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

アクション映画などで、殺し屋がビルの屋上からターゲットを狙うとき。

バラバラのパーツの銃を、手際よく組み立て、

仕事し、

そして仕事が終わったあとは、

手際よく解体し、

去ってゆく。

かっけ~~、

と思っていた。

余分な動きがひとつもなく、必要最小限の時間で仕事をこなす。

かっけ~~。

あの手際のよさ。

あこがれのあの作業。

じつはわたしもそれに似たことを日々行っている。

じつはわたしも手際がいいんである。

なにを組み立て、解体しているかというと。

それは掃除機。

去年、掃除機が壊れて新しく買ったのだけど、

それがなんというかさいきん流行りのコンパクトなやつで、

しかし、けっこうお安いものだったので、電源コードが自動で巻き込まれない式のもの。

だから、収納するにはいちいち掃除機の吸い込み口およびホースのような部分を外し、

本体にくっつけ、電源コードも本体にぐるぐる巻きつけるのだ。

それで解体完了。



解体完了 001





その一連の作業が終わると、殺し屋もこんな気分なんだろうか、と考える。(ぜったいちがう)

掃除機を使うときはその逆。

組み立ての前に、掃除機内のゴミを捨てる。

それも紙パック式ではないので、中のゴミがたまる部分をいちいち歯ブラシでかきだす。

丁寧にかきだす。

毎日それをする。

面倒だけど、面倒じゃない。

だってわたし、殺し屋ですもの。(ちがうし)

殺し屋というのは、ぜったいに間違いがあってはならない仕事。

そのため、決まった手順は絶対に守る。

めんどくさくても守る。

そんな思いで掃除機をかけている。

そういえば殺し屋は掃除屋とも言われる。

ということは。

掃除屋を殺し屋と言ってもいいんではないだろうか。

そう考えると、わたしの毎日はなんだかスリル満点なんだなあ。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです