2018年06月ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  かぶってないんですいまさらバイオハザード悪魔が出てきてアリの巣コロリあのときのあたしのアホ一点透視図法の一点張り 


かぶってないんです

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

きのう、海の横でヨガをしている女性二人がいて、

そのひとりがびっくりするくらいよく日に焼けていたので、

「あたしがいうのもなんやけど、あの人すごい焼けてるな」

と言うと、

「いや、ほんま!とりちゃんだけには言われたくないで!おんなじくらい黒いで、あんた!」

と返された。

その返答にびっくりした。

自分が驚かれるくらい黒いとわかった。

金曜日。

モコ日記です。







ぼくはモコです。

三代目文鳥です。

さいきん、髪を切ったしかちくさんに、とりぶうさんはよく、

「ついにかぶったか!」

と言います。

なんでも、髪を切ったにもかかわらず、髪の量が多く見えるため、カツラをかぶったのか?という意味らしいです。

このごろ、換羽で羽が抜け、はげはげになったぼくも、かぶれることならかぶりたいです。




かぶろうかな 001





ところで、日本には江戸時代、わざとハゲにするちょんまげという髪型が流行だったらしいです。

とりぶうさんはいままで、

「あれは、ハゲがエライという象徴やで。
江戸時代は『大老』とか『老中』とか『若年寄』とか、とかく年寄りがエライという風潮があったから、わざわざハゲにしたんやで」

と見てきたように語っていました。

でも、実際は違ったようです。

なんでも戦のときに武士はカブトをかぶります。

でも汗でとっても蒸れるのだそう。

それをふせぐためにわざと剃ったのがはじまりで、それが江戸時代にも引き継がれたということらしいです。

ヘンテコな髪型だけど、涼しいのに違いありません。

ぼくもこれから暑くなるので、見苦しくなかったらハゲのままでいいんだけどなあと思います。








換羽のモコは飛ぶのが少しへたくそなので、すぐにつかまる。

いつもはしかちくでなければなかなかつかめないのだけど、

いまの時期はわたしでもつかめる。

それだけはうれしいんだなあ。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

いまさらバイオハザード

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

せっかく家にWiiのゲーム機があるのに、使わないのはもったいないではないか、

ということで、最近。

始めました。

ゲーム始めました。

始めたのは『バイオハザード』。

怖いゲームの先駆けとされるあれである。

シリーズ化され、ミラ・ジョボビッチ主演で映画化もされ、

世界中で人気のあれである。

何が怖いって、ゾンビらしい。

バイオハザードといえばゾンビ。

ゾンビがいきなり「ぞ~んび~」と出てくるから怖いというあれである。

あれの中古ソフトを1780円くらいで購入し、

毎週末、ゾンビ退治にいそしんでいるのだ。

ところで、わたしはゲームがへたくそである。

スーパーマリオブラザーズをやったときも、

「とりちゃん、文句ばっかりだったな」

と、しかちくに言われるくらい、楽しいと思えなかった。

単純にただただボタンを押しておくだけだと思ってたら、

Aボタンを押してなんたらかんたら、とか、

AボタンとBボタンを同時に押してなんたらかんたら、とか、

とにかく注文が多い。

それを駆使してクリアしたところで、なんだかやりがいを感じない。

日本が世界に誇るゲームの代表、スーパーマリオを楽しいと思えないのだから、

わたしはよほどゲームには不向きの人間なのだろう、と思ってた。

が。

そんなわたしが、しかちくいわく、

「バイオハザードは文句言わんとおとなしくやっとる」

という。





文句いわずにやっとる 001





たしかに。

正直、わたしはバイオハザードが楽しいのだ。

しかちくは、ときどき「怖い」というが、

わたしはゾンビが「ぞ~んび~」と出てきても、不思議と怖さを感じない。

前世、ゾンビだったんかな。(いやな前世)

なによりも世界観が単純なのがいい。

ロールプレイングゲームをやったことがないのでわからないが、

ああいうたぐいのゲームは、やたら世界観がめんどくさそうなのだ。

いちいち文章を読んで、あっちに行くとかこっちに行くとか選択しなければならなかったり、

だれそれを仲間に加えるとか、薬草を拾うとか、敵と遭遇したらだれを戦わせるかとか、

ゲームの中でフクザツな人間模様を体験させられそうで、おそろしい。

一方、バイオハザードは単純だ。

ただただゾンビを倒すだけ。

それだけでいいという単純さがいい。

まだまだ腕前はABCのランクのCであるが、

不思議とふてくされることなく、「精進します」という気になる。

「めざせAランク!」を掲げて頑張る所存である。

ただ、ひとつだけ。

毎回文句をいうところがある。

それは、バイオハザードに出てくる女性隊員(?)の服装。

「そんな恰好でゾンビと戦うアホがおるかい!」

と突っ込みたくなるようないでたちなのだ。

一応、武器を装備できるようにはなっているが、

肩が丸見えのタンクトップである。

「ゾンビがウヨウヨいるようなとこ、そんな恰好でほっつきまわるアホがおるかい!」

と毎回言ってる。

ゲームを作ったほうは、まさか46歳のおばさんがプレイすることは想定していなかったのだろうなあ。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

悪魔が出てきてアリの巣コロリ

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

すでに宮古島は、暑くて暑くて、目からも汗が噴き出るいきおいの毎日。

もはや汗なのかなみだなのか区別がつかん。

そういえば、寺山修司さんはなみだについてうまいことをいいなさった。

「なみだは人間の作るいちばん小さな海です」

わたしもこれに似たのを思いついた。

「おしっこは人間がつくる二番目に小さな海です」

うますぎてすんません。(どこがやねん)

汗VSおしっこ では、このところの暑さで、汗のほうがたくさん出ているだろうということで、

僅差でおしっこが二位になりました。

あしからず。(どうでもええわ)

ところで。

この前の日曜日、あ、雨降らすの忘れてた、と空が思いついたのか。

ものすごい勢いで、雨が降った。

すると、虫たちがとたんにどわっと出てきた。

とくにアリとヤスデが大量に出て、にぎやかなことになった。

にぎやかなことになったけれども、わたしとしては迷惑千万。

さっそくアリの巣コロリを買ってきて、アリたちの通り道に設置した。

今朝、設置して20分後。

すでにアリの巣コロリには無数のアリが群がっていた。

ひっひっひっひ。



ひっひっひ 001




もう、悪魔の笑い声しか出ない。

そうだ、お前たち、精一杯、アリの巣コロリから毒餌を運び出すがよい!

そして巣まで運び込んで、一網打尽になるがよい!

悪魔の親玉として心の中で叫んだ。

悪魔といえば。

2週間ほど前、自転車で転んで手のひらをけがしたしかちく。

毎日、毎日、すりむいた傷を眺めていて、なにかしら愛着がわいたのか、

その傷口を『魔界の窓』と名付けだした。

毎日、魔界の窓の開き具合を報告してくれた。

先週は、

「もうすぐに魔界の窓が閉じてしまう」状態であったが、

今日は、

「魔界の窓があったことがかろうじてわかるレベル」にまで閉じてしまったらしい。

うれしいのか、残念なのか、ちょっとよくわからん言い方だった。

傷とはいえ、二週間もいっしょにいたので同士のような気持ちだったのかもしれん。

まるで教育実習の大学生なんだなあ。

それでは~


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

あのときのあたしのアホ

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

基本的に自分を責めない人間であるわたしでも。

たまに、

「わたしバカよね~、おバカさんよね~」

と、言いたくなる瞬間がある。

さいきんも、そんな瞬間があった。

去年、ドン・キホーテでヨガパンツを買った。

それまではなんだか重くて動きにくそうだな、と思ってたのが、

はいてみたら、真逆だった。

ニッカボッカーズみたいなシルエットであるが、腰回りも太もものまわりもゆるくて動きやすく、

「まるではいてないみたい!」

なのである。

またたくまにとりこになり、しかちくにも、

「ヨガパンツはええで。足を上げるのがラク」

とすすめていた。

その影響で、今年。

しかちくもヨガパンツを購入。

ついでにわたしももう一枚購入した。

さて、そのときのことである。

しかちくは着衣はゆるゆるが基本。

ジーパンでも「そのまま脱げるやん!」くらいのダボッとしたものを好む。

そのためヨガパンツも大き目を買っていた。

しかし、わたしは。

いままではいていたLサイズを最初手にとったものの。

「いや、Mでも大丈夫ちゃう?」

とどこからか魔の声が聞こえ、

「Lサイズはゆるゆるやから、じゃっかんシルエットもゆるかったし、

Mのほうがかっこよく見えるんちゃう?」

という魔の声に従い、Mサイズを買ってしまった。

これが間違いだった。

ヨガパンツのウエストはゴムであるが、幅広のゴムが毎回わたしのおなかをこれでもか!と締め付ける。

それをはくたび、青息吐息、

自分を責めたくなるのである。




あのときのあたしアホ 001




昨夜、そのヨガパンツをはいて寝ていたら、苦しくて途中脱いでしまったくらい。

つくづく、なんであのときあたしはMを買ったんだ?

と自分がアホに思えて仕方ない。

ラクを求めて買ったはずが、思わぬ苦痛を強いられることになった。

きっとあのときは、

「もうちょっとウエスト細くなる予定やから、Mでええか~」

と思ったはずなのだ。

そして、お察しのとおり、あのときから1ミリもウエストは細くなんてなっていないのだ。

どーだ。

思った通りだ。

これからは魔の声に絶対耳を貸さないぞ、



思うのは、毎度。

また来年あたり、同じことで後悔してるような気がするんだなあ。

それでは~


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

一点透視図法の一点張り

テーマ : 日記 ジャンル : 日記





みなさんこんにちは。

いまではもう安全上の理由で行われていないかもしれないが。

わたしの通った小学校、中学校では、春になるとかならず「写生大会」なるものが催された。

丸一日、外に出て絵を描いてくるのである。

学区内であればどこに行ってもよく、生徒たちはめいめい、画材道具を抱えて外に出て行った。

何を描いてもよい、といわれても。

絵になる構図を見つけるのはなかなかに難しいもの。

そもそも、小中学生にとって「絵になる」ということがどんなことかもよくワカラン。

だからみんな無難なところで描くことになった。

無難なところというのは、コンクール入賞の常連となる構図である。

小学校のときは、それはお寺の絵であり、中学校になると港に船が停泊しているのがそれであった。

なにしろ、そういうものはやたらフクザツである。

それを根気よく描くというだけで、入賞に値するのかもしれなかった。

しかし。

わたしはあまのじゃくであり、めんどくさがり。

みんなが描くようなものはいやだ、という気持ちと、

寺の瓦や、船のごちゃごちゃした部分、描くのがめんどくさい、という理由から、

一度もそれらの絵を描いたことがなかった。

そのうえ、寺や港まで行くのがいちばんめんどくさかった。

そのため、学校のすぐ近くに腰を落ち着けることが多かった。

小学校6年のとき。

学校のすぐそばの川の風景を描いた。

それは自分で選んだ構図ではなく、

見回りをしていた担任の先生が、ぶらぶらしているわたしを見かけて、川を描いたらどうだとすすめてくれたから描いただけのことである。

が。

その絵が特選に選ばれた。

わたしは読んで字のごとく、自画自賛したのは言うまでもない。

中学に入り、わたしはまた同じように川を描こうと思った。

二匹目のドジョウを狙いに行ったのである。

しかし、中学の横には川はない。

ずいぶん遠くまで行かねばならぬ。

めんどくさい。

そう考えたわたしは、学校のすぐ横の道の風景を描くことにした。

道も川もおんなじように伸びているので、描きやすいと思ったからである。

すると、なんと。

その絵も特選に選ばれたのである。

ドジョウおったわ~!とわたしは小躍りした。

美術の先生は、わたしの絵を見て、

「かならずしもデッサンなどがうまいわけではないのだが、構図がいい。

色の塗り方が、ちょっと印象派をほうふつとさせる」

とほめてくれた。

ただたんにきっちり塗るのがめんどくさかったので、ぼんやり塗っておいたら印象派の称号を得たのだ。

なにごともきっちりしないに限る。

こうなったらもう道や川はわたしの構図である。

中学校3年間、道ばっかり描いた。

3年のときなどは、もう外に行くのがめんどくさかったので、学校のベランダから見える道を描いた。

それでも入賞した。

やはり構図がよかったらしい。

いまでは、中学でも習う構図、「一点透視図法」。




一点透視図法 001






これ一本で乗り切った。

美術の先生もおっしゃったように、

「かならずしもデッサンなどがうまいわけではない」

ので、わたしはきっちりした絵は苦手だった。

いまだにブログの絵は適当すぎるけれども。

きっちりしないほうがいいこともある、という教え(?)を守っているんだなあ。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです