2018年07月06日ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  見るだけで朝食を ~沸く沸く、沸いてる!八重山 (14) 


見るだけで朝食を ~沸く沸く、沸いてる!八重山 (14)

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

旅の楽しみのひとつは、食べ歩きにある、と思っているわたしたちにとって。
ホテルの朝食はとくに期待していなくて、
むしろなくてもいい、
どこかおいしいパン屋でブランチとか、早目の昼食をとるとか、そんなのがいい、
と思っていたりする。

今回泊まったホテルは、ダイビングショップに毛の生えたようなカジュアルなものだったので、
当然、朝ごはんに期待はしていなかった。
しかし、一応ついてるという。
パンとコーヒーくらいの軽いものはつくという。
それはまあそれでうれしいではないか。

ということで、朝食をとりに食堂に行くと。
カウンターの上におばちゃんがてきぱきとおかずを盛った皿をのせてゆく。
わたしたちより早く来ていたお姉さん、
というにはけっこうなお年だけど、
お姉さんと言わなければ機嫌が悪くなりそうな女性が、
その皿をとって、パンを2枚焼いていた。

一瞬、この皿のおかずは選ばれし人々のみに与えられたものなのでは?
と思ったが。
食堂のおばちゃんは迷いなくわたしたちのために味噌汁をよそってくれたので、
「いただきま~す」と言って、遠慮なくいただいた。

皿の上には、サラダとマカロニ、
沖縄でおなじみのポークと卵。
けっこうなボリュームである。
さらには味噌汁もついてる。
当然、パンもついてた。
頼めば白ゴハンも食べられた。
ジュースやコーヒー紅茶、いろいろ飲み放題だった。
そのうえ、おばちゃんの機嫌が良いときには、好意でてんぷらなんかももらえるらしかった。
おばちゃんの目をぬすんで、もう一皿余分にもらってもわからないくらいだった。
さらには、おばちゃんに余裕があれば、卵料理の目玉焼きがオムレツになっていた。
要するに、世界はおばちゃんで回っていた。

しかちくは、
「パンも食べようかな」
という。
大口たたいとるな。
とわたしは思った。

というのも。
しかちくはふだん、朝食はくだものしか食べない。
それもリンゴ4分の1個くらいなのである。
つねづねわたしは、彼の食欲は子猫なみだと思っていた。




キティちゃんか 001




わたしがいくら、
「パン食べる?」
「おにぎり食べる?」
とわたしの食べているものをすすめても、
「ええわ」
と断り。
くだものがないときには、
「きゅうりでええわ」
と、あんたキリギリスか、みたいな発言をし。
長いこと、朝食にパンなど食べたことない人が。
けっこうな量のおかず+パンとか、絶対むりだろうと思っていた。

立ち上がってパンを見学に行ったしかちく。
「ふ~ん」
と言いつつ、パンをひとしきりながめ。
手ぶらでもどってきた。
「パン食べへんの?」
と聞くと、
「いやあ、ちょっと腹いっぱいやわ」
と答える。
見ただけでお腹いっぱいになったらしかった。

しかちくは買い食いもあまりしない。
おいしそうな甘いものがあっても、
わたしが食べてるのを「ひとくち」もらうだけでいいという。
わたしは「ひとくち」あげるのもほんとのところイヤなのだけど。(心狭いな)
情けはひとのためならず。
しかちくに「ひとくち」あげるようにしている。
この行いはきっと神様がごらんになってらっしゃるだろう。
しかし、あまりにもたくさん食べようものなら、「あ!」と言って阻止するようこころがけている。
神様もそれくらいはご容赦してくれるだろう。(どんな神様やねん)

しかちくはこのごろでは、和菓子をちょびっとだけ食べるのを喜びとしとる。
そのうち霞を食べて生きてゆくようになるかもしれんなあ。

つづく


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです