2018年11月14日ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  スポンサーサイトたらぴん登場 ~多良間島一周マラソン参戦記 (2) 


スポンサーサイト

テーマ : ジャンル :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たらぴん登場 ~多良間島一周マラソン参戦記 (2)

テーマ : 日記 ジャンル : 日記





みなさんこんにちは。

多良間島一周マラソンの続きです。

11時より多良間小学校の校庭で開会式が始まる。

居並ぶ主催者の中で、ひときわ子供たちの声援を集めていたのが。

ゆるキャラの「たらぴん」。

あたまでっかちでよちよち歩く姿は、かわいくてかわいくて、わたしはいっぺんにファンになった。





たらぴん 001




たらぴんは「多良間ぴんだ」の略だと思われる。

「ぴんだ」というのはヤギのこと。

多良間島では「ピンダ」、宮古島では「ピンザ」、沖縄本島では「ヒージャー」と呼ばれるヤギ。

「ピ」とか「ヒ」とかがヤギにつくのは不思議だけど、語源はよくわからんでごわす。

ヤギといえば「アルプスの少女ハイジ」でおなじみなので、寒い地方で育てられるものだと思われがちだが、

実際、沖縄にはヤギが多い。

ヤギ料理も多い。

中でも多良間はヤギがめっちゃ多い。

いたるところにヤギがいる。

しょっちゅう、べ~、べ~、聞こえる。

各家庭にかならずるの!?というくらいヤギがいる。

ヤギは島民にとても愛されているのだ。

さて、開会式も終わり、スタート10分前。

わたしたちもスタートラインに並ぶ。

わたしたちがそれまで参加していたマラソン大会は、少ないものでも300人はくだらなかった。

が、多良間一周マラソンの23.75㎞コースは100人もいない。

周りを見回すと、どの顔ぶれも猛者ヅラをしている。

ふざけた格好をしている青年もいるが、足を見るときっちりと鍛え上げた筋肉を持ってなさる。

そして高そうなランニングシューズを履いてなさる。

むうう。

そんな中、ビーチサンダルの人もいるではないか。

ふざけたやつもいるものだ、とよく見たら、知り合いだった。

「ちょっと、ビーサンで大丈夫!?」

と聞くと、彼は、

「まあ大丈夫っしょ」

と余裕である。

たしかに彼も100キロマラソンなどのウルトラマラソンに参加する猛者。

24キロなんか、ビーサンで余裕っしょ?という感じなのである。

むうう。

どう見てもわたしたちよりも遅いランナーは見当たらないではないか。

「めざせ、最後尾!」とはいうものの。

レース直前になると、やはりそこは色気というものが出てくる。

「最後尾だけは避けたい!」

という思いがふつふつと湧き上がってくるのだった。

「スタート1分前です」

アナウンスがあり、猛者たちは「走るぞ!」モードに突入。

わたしたちはたいして走り込みもせずやってきて、ここにきて心の準備もできていないことに気づき、

いや、ほんまに走るん?

と思ってるうちに。

パーーーーン

スターターピストルが大きな音を上げた。

ランナーたちが一斉に駆け出す。

歓声があがる。

すでに遅れてるわたしたち。

たらぴん並みのよちよちで走りたかったけれども。

「がんばれー、いってらっしゃーい!」

の声援を受けると、このストリートだけはとにかく走らねばなるまい、という気になり、

わたしとしかちくは、あくまでも自分たちのペースで駆け出したのだった。

めざせ、最後尾よりもちょっと前!

つづく


それでは~


とりぶう

関連記事
スポンサーサイト

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。