2018年11月22日ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  スポンサーサイト踊らなソンソン ~多良間島一周マラソン参戦記 (8) 


スポンサーサイト

テーマ : ジャンル :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踊らなソンソン ~多良間島一周マラソン参戦記 (8)

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

多良間島一周マラソンのふれあいパーティーは宴もたけなわ。

ステージの余興ではダンスあり、昭和風歌謡ショーあり、外国人シンガー(たぶんボランティアであろう)の演奏あり、で盛り上がっている。

そしてそれは若い男性3人組のバンドのときに最高潮をむかえた。

地元出身なのかどうかはさだかではないが、

彼らが出てきたときは、あきらかに、「よ、待ってました!」的な雰囲気があった。

座っていたおじさんもいそいそと立ち上がり、最前列に押し寄せるではないか。

まるでよく知らないアイドルのライブにうっかり乱入してしまったような気分になった。

中でも、ある曲では、みんないっしょに踊りだす。

あおるボーカル。

踊るおじさん。

最前列はやたらアツいことになっとるのだった。

覚えやすいその振り付けは、多良間島ではDA PUMP の『U.S.A』なみの浸透ぶりであった。

すごいな~、と目を丸くしていると。

肩から掛けるレイのような帯を持ったおばさんが、わたしたちの肩にそれをかけてゆく。

なにこれ、ハワイ式?

とりあえず何が始まるのかわからないまま、座っていると。

ステージにたくさんのおばさんが登場。

みんなで踊りましょう的な雰囲気ができあがり、

あれよあれよというまに、レイをかけられた人もかけられてない人も、いっしょに立ち上がって踊るのだった。

曲はどこかで聞いたことあるような昭和テイスト。

それにあわせて踊りを踊る。

要所要所におばさんが配置されて、踊りを伝授。

おばさんたちは上手にまわりの人たちを巻き込み踊る。

多良間島では踊ることがなにしろみなさん標準装備。

条例に「曲がかかったら踊るべし」とでもあるかのように、

どんな曲でもなにかしらだれかしら踊りだすのである。

なかなかに愉快な島である。

そんな島なら踊らなソンソン。

わたしもしかちくも見よう見まねでおばさんたちの後に続いて踊るのだった。




てきとう踊り 001





アルコールも入ってるからか、やたら楽しい踊りだった。

この感じ、何かに似てるな、と思ったのだけど。

それはわたしが小学生のころの盆踊り。

昭和の盆踊り大会。

上手とか下手とか関係なくて、とりあえず楽しく踊ることが大事、という感覚。

懐かし楽しいひとときであった。

さて。

パーティーも終わり、宿に戻る。

すれ違う車から、

「お疲れさまー」

と声がかかる。

多良間島ではすれ違う人自体が少ないので、人を見かけたらかならずひとことふたこと声をかけられる。

それもなんだか昭和の田舎な雰囲気が濃厚に漂い、

まるでタイムスリップしたような感覚を持つのだった。

つづく

それでは~


とりぶう


関連記事
スポンサーサイト

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。