2018年11月27日ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  スポンサーサイト明治のキラキラネーム 


スポンサーサイト

テーマ : ジャンル :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治のキラキラネーム

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

夏も近づく八十八夜、

風に言うと。

暮れも近づく11月の末、

突然、ひらめいた。

わたしのおじいちゃんの名前は、「実(みのる)」であったが、

これってひょっとしたら明治のキラキラネームだったのではないか、ということに。

それまで隆盛とか利通とか博文とか諭吉とか、

たぶん立派な意味があるのだろうけど、はっきりとは意味がよくわからんというやつか、

房之介とか龍之介とかなんとか太郎、かんとか次郎みたいな、

「介」や「郎」みたいな、名前専門漢字を使ったものが名前の常識であったのが。

実=実る、

て、動詞やんか、と。

それまでの常識では考えられなかったんちゃうの?と思う。

しりとりの禁じ手みたいに、

「動詞はあかんやろ」

というのが名前に関する不文律だったのが、

だれかがその禁を破り、動詞名前をつけたら、

案外、イケるんじゃなかろうか、ということで流行になり。

その後なぜか男子限定であるが、動詞名前が流行したのではないだろうか。

茂(しげる)、悟(さとる)、学(まなぶ)、勝(まさる)、徹(とおる)、昇(のぼる)、など。

今では特に名前としてなんの不思議もないけれど。

明治のその時代では、ひょっとしたら、

「なんと、ハイカラな名前!江戸は遠くになりにけり、やな!」

と驚かれていたのかもしれん。

そんな話をしかちくやカメ氏としていて、

外国人風の名前もあるし、

花鳥風月、海や空など自然も名前につかわれてるし、

もう名前のバリエーションは出尽くしたのではないか。

だとしたら次に出てくる名前はなんだろうか。

と話していて出た結論が。

「打ち消しネーム」である。

「負けない」とか「くじけない」「あきらめない」「へこたれない」など、

前向きになれる打ち消しの言葉。

これが名前にはなるのではないだろうか。




うちけしネーム 001





そんなわけないよ~、

と、思われるかもしれん。

が、これまで日本の名前は、

そんな名前おかしいよ~、

の連続だったのだ。

30年後くらいには、

「山田負けない」とか、「鈴木くじけない」や、「佐藤あきらめない」などが

小学校の名簿にずらりと並ぶのではないかと考える。

断言してもいい。

もしそんなことになってなかったら、わたし自身、改名する所存である。

そのときには、「おぼえてない」という名前にしようと思うんだなあ。

それでは~


とりぶう


関連記事
スポンサーサイト

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。