宮古島旅行 (後編)ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  宮古島旅行 (後編) 


宮古島旅行 (後編)

テーマ : 日記 ジャンル : 日記





みなさんこんにちは。

今日はきのうに引き続き、宮古島旅行のはなしです。


<前編のあらすじ>

いつまでもかわらない体型だと思い込んでいたとりぶうであるが、4年ぶりに乗った体重計でびっくり。
ずっと50キロだったのが、53.6キロになっていた。
このままではいかん、ということで夏場走りこみを始める。
夏の間、毎日2キロを走っていたので、徐々にその成果が現れると思い込んでいたとりぶう。
しかし、夫しかちくのモモは、日に日に成長して筋肉がっちりになり、洋服もぜんぜんゆるゆるにならないのであった。
それを横目で見ながら、自分は気持ちゆるめになってるよな、とひとりほくそえむとりぶうなのだった。



え~っ、そんな話だったっけ!?

と、驚いたみなさん。

そんな話ではありませんでした。

伏線を張っておいたのです。

伏線の張り方がよくわからなくてすいません。

障子の張り方だってよくわからないもので。

どうでもいいですが。

さて。

チェックインまでの時間つぶしも終わり、

午後2時。

さっそく部屋へ。

ツインの部屋にエキストラベッドを二つも入れてるものだからぎゅうぎゅうだろうと思っていたのですが、思ったよりは広めな印象で、

「ホテルのベッド~!」

と子どもたちは大満足なのでした。

ふだんおふとんで寝ているので、かれらはベッドというだけで目の色が変わります。

こんなことで喜ぶのだから、ぜいたくはさせられんな、と実感。

さっそく着替えてプールへ直行しました。

ふだんは(※このホテルへはランチバイキングを食べにたまに来る)プールで泳いでるひとをあまり見かけなかったのですが、今回はぎゅうぎゅう。

海のアクティビティが中止のため、泳ぎ目的で来ているひとたちはみんなプールに集まっていました。

「子ども多いな」

と、カメ氏が自分も子どものくせにつぶやきます。

ぎゅうぎゅうのプールで泳いでいると、ふと大阪時代のことを思い出しました。

大阪にいたころ、夏休みの日曜日はかならず、ちかくの市民プールに行ったなあ。

大きなプールが4つくらいあったけど、どれもぎゅうぎゅうづめで、行くたびに『イモ洗い』という言葉が浮かんだっけ。

荷物の場所取りもひと苦労で。

それを思うと、いまは天国といえるのかもしれん。

ひとしきり泳いでいると、子どもたちが

「おなかすいた~」

と言い出しました。

「え~、もう!?」

と答えたのは、しかちくだけ。

しかちくはいつも、けっこう食べるわりには、食べるという行為を軽視しがちなのです。

「オレ、おなかすくっていう感覚あんまりない」

などということもあり、

「それだったら、あんまり肉食べるな」

と妻に心の中でののしられていたりします。

協議の結果。

清水の舞台から飛び降りて、焼肉を食べよう!ということになりました。

というのも。

その焼肉屋は、宮古島一高級な感じで、わたしたちも一度だけ行ったことがあるのですが、(しかも開店記念半額セールのとき)

なかなかどうして、有効求人倍率 0.4 の宮古島にしては、ええ値段するやないかい、という店なのです。

きっと、各部屋にプールがついてる敷地内のゴージャスホテルの客向けにつくられているのだと思います。

その焼肉屋のいちばん気軽に頼めるひとり3500円のコースを食べることに決定しました。

そうと決まれば話ははやい。

さっそくプールをあがってホテルの大浴場に直行しました。

さあ、ここで伏線が生きてくるのですよ。

大浴場には体重計があり、ひさしぶりに体重計でも乗ってみようかな、と思ったわけなのです。

このまえ乗ったときは53.6キロ。

それから毎日、汗を流して走ったもんな。

暑い日も蒸し暑い日も、風が吹いてるのに暑い日も、走ったもんな。(全部暑い日やん)

わたしは期待しながら体重計に乗りました。

結果。

53.6キロ。

なんじゃそりゃ!

まったく減ってないやないか!

毎日毎日走って流した汗はなんだったのか?

気持ちゆるめの洋服は、ほんとに気持ちだけだったのか?

わたしの中でむなしさという風が吹き荒れていました。

走ったからおなかがすいて、ふだんよりちょっと多めに食べたりしてたんやけど。

まさかそれが原因ってことはないだろうに。(明らかに原因)

焼肉を前に、わたしの心は折れそうになりました。

しかし、ここで折れたら食いしん坊を自称するものの恥。

体重と食欲の問題は、切り離して考えるべき!

と勝手な解釈をして、焼肉を堪能したのでした。

焼肉はひじょうにおいしく、一枚食べるごとに、

「とける!」

「あまい!」

などと、『アイスか!』みたいな感想を述べ合っていたのでした。

さて。

焼肉を満喫したあと。

「おなかいっぱい~」

と言いながら、近くのフードコートをぶらぶらしていると。

『やきとり』 ののぼりが。

子どもたちから、まさかの 「やきとり食べたい」 コールが。







親を超えた夏 2011 9・2








無念。

子どもたちの食欲は、わたしをもう凌駕していました。

ながいこと、わたしのまわりでわたし以上に食いしん坊な人を見たことがなかったけど。

ここに来て、子どもに『王の座』ならぬ、『坊の座』を譲る日が来たことを実感しました。

食べた後、ホテルに戻るともうすでに暗く。

「せっかくやから夜のプールで泳ごう!」

ということになり、夜のプールを楽しみました。

ライトアップされた夜のプールは、わたしたち以外だれもおらず、まるで宇宙遊泳のような気分でした。

翌日。

またまた大浴場へ。

わたしは便通もあり、けっこう泳いだりしたので、きっと体重は減っているのではないかと期待していました。

結果。

53.6キロ。

まったくいっしょかよ!

この体重計、53.6しか表示する気ないんちゃう?

と疑っていると。

娘うさQが体重計に乗り、

「あれ~、減った~」

と言ってるではありませんか!

便通もなく、あんなに食べまくったうさQが減ってるなんて!

若さというのは、よくわからんけどいろんな活動が活発で、消費が激しいんだと思いました。



子どもたちの食欲は親を超え、

親は肥えた夏でした。



それでは~



とりぶう






少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

なに?

4年で3.6kg?
俺の方が成長度が高いな( -_-)フッ

この私、まだまだ成長しますよ
┌( ̄0 ̄)┐ ワーッハッハッハッ・・・・

(それが体重でなく身長ならいいのにね)<神の声>

(◎_◎;) ドキッ!!

No title

私最近思ったんですが・・・
私も一時減る体重ですが・・・
結果 また戻ってる事があります。
これが 今の私の理想体重なのかしら・・・ 笑)
でも 身体が思いのも事実ですから・・・違うんですよね~

今は 汗をかくってことが気持ち良いから・・・・って気持ちでいいわ~
ってことで ナットクするようにしてます。

焦らず 継続は力なり・・・ですよ!!

私もたまにホテル泊まってみようかな~
エステとかして・・・楽しそう ^^)

楽しいホテルライフ

満喫されましたね~。
“(体重)増えてない”
これ重要です!!

あらあら・・(笑)

こんにちわ、とりぶうさん。。

焼肉って、そう言えば食べてへんなぁ~
プールで運動して、お風呂に入って、焼肉、最高の流れですね。
でも・・・
そうですかぁ~。。減ってませんでしたか・・・
でも、増えてへんしOKってことで。。(笑)
楽しい旅行になりましたね。
皆の笑顔が目に写りますよ!!

のぶちんさん。

ほんとに、体重だけはきっちりと成長してゆきますよね~。
4年で3.6キロだったら、あと4年たったら7.2キロ!
40年後には36キロ増!?
ありえなくもないからコワイです~!!

イノぶたさん。

そうそう!
わたしも、これがわたしの理想体重なのかもって思ってます。
体を動かそうが動かさまいが、体重はそれほどかわらないんだったら、これでいいんじゃない?って。
でもほんと汗かくのはいいよね。老廃物が出て行く~という感覚がいい!
地元ホテルもいいですよ!
エステは子どもが育ってからにしようと思います!

ルーままさん。

そうか!
増えてないことが重要なんですね~。納得。
ムリに減らすより、体がすこやかに動くということが重要ですもんね!
ホテルライフ、満喫しすぎてチェックアウトぎりぎりでした。ははは。

さすらいの阿呆鳥さん。

おかげさまで、ほんとにゆっくりできました~!
大浴場っていいですよね。
とくに窓から海が見えるのがステキでした。
体重は減っていませんでしたが、健康でいられることに感謝!ということですね。
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです