パラドックスショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  パラドックス 


パラドックス

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

きのうのネタ、備忘録を『ぼうびろく』と読んでしまうという記事ですが。

なんと、以前に同じ話をちょこっと書いてたということをしかちくに突っ込まれました。

まったく忘れてた。

備忘録(=忘れないためのメモ)なのに。

忘れて同じことを書いてたなんて。

どうかみなさん、わたしが同じことを書いてても、

「あ~、とりぶうばあちゃん、またおんなじこと言うてるわ~」

とやさしく見守ってください。

さて。

『絶対』ということは、絶対ない!

ということばを聞いたとき。

『絶対』ということはないのであれば、『絶対ない』というのもありえないのでは???

なんてつらつら考えてしまうのですが。

考えれば考えるほど、からまった糸はますますからまってゆきます。

「クレタ人はウソツキだ!」とクレタ人は言った。

というのと同様に、

「ウソツキだ」と言ったクレタ人を信じたら、そのクレタ人は正直者ということになり、

クレタ人の定義がくずれてしまいます。

あ~、ややこし。

こういうことを考えてると、一晩中眠れなくなっちゃう。











地下鉄はどこから入ったの? 2011 11・24









なつかしい漫才、覚えてますか?

ちなみに地下鉄がどこから入ったかというのは、ネットで調べれば簡単にこたえがみつかりました。

ネットて便利だなあ。

ネットがあれば、春日三球(地下鉄の漫才やってたひと)も一晩中眠れないなんてことはなかっただろうに。

クレタ人のお話も、ネットで調べれば、

「それは哲学でいうところの自己言及のパラドックスってやつさ」

とスマートに答えられます。

でも、その内容の不思議さは、いくらネットで調べてもなんだかもやもやしたまんま。

ま、そういうものもあっていいのだなあ。

それでは~


とりぶう


少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

インディアン嘘吐かない?

昔、西部劇に出て来るインディアンの話です。
是が本当の嘘吐きでは…
当時は本気で何処から入れたのか考えました。
東京の地下鉄は何処かで必ず地上に出ます。(笑)
パラドックス? 何かの薬でっしゃろか? ( ..)φメモメモ

偉い!

考えれば考えるほどってとりぶうさんは考えてるんですね。
私は最近ほとんど考えていない気がします。

最近考えたことといえば将棋を指したことくらいか?
本当に今のソフトは強くなったねぇ...( = =) トオイメ

(仕事で頭使えよ(^_^;))<神の声>

そんな勿体ないこと出来ない!

((゚∇゚ ;)エッ!?)<神の声>

案山子さん。

たしかに最近の地下鉄はどこかで地上線とつながってますよね。
ネットで調べてみると、昔は上がパカっと開いて車両を入れてたとか。
インディアンウソつかない、っていうフレーズ、流行りましたね~。
インディアンというのはそれだけ神秘的だったということでしょうか!?

のぶちんさん。

いや~、考えるというか、なんでやろうな~とこねくりまわしてるだけで、
肝心のことはまったく考えていないんですけどね。はははは。
仕事はわたしも頭を使うというより、気を使ったり体を使うことのほうが多いですね。
頭は余計なことを考えるのにもっぱら使ってます!

地下鉄は何処から入れた?

昨夜考えました。
浅草と渋谷を結ぶ地下鉄銀座線は外に出ません。
上がパカッと開いて上から入れたのでしょうね。
今でも車両交換の時には何処かパカッと開く処があるのでしょう。
其処が何処かを考えて眠りに落ちました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

案山子さん。

あはははは。
きっとどこかがパカっと開いたんでしょうね~。
東京の地下鉄って、かなり深いので、入れるのも大変でしょうね。

管理人のみ閲覧さん。

まさにそのとおりですよね。
わからないことがあるからこそ、おもしろいのですよね。
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです