沖縄のアメリカショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  沖縄のアメリカ 


沖縄のアメリカ

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

先週のクイズの答えですが。

(もんだい 1)

桃太郎のお供をしたイヌ、サル、キジ。
最後まで残ったのはどれ?

(答え)

 キジ 
 犬はいぬ (帰る) 猿はさる (去る) ということで、残ったのはキジでした。

(もんだい 2)

医者に必要なのは 〇 △ □ のうちどれ?

(答え) 

□ (しかく=資格が必要)

(もんだい 3)

イヌはあるのに、ネコはない
牛はあるのに 鹿はない
うさぎはあるのに カメはない

ではトラはどうでしょう?

(答え)

ある
(あるほうは干支)


ということで、お答えくださったみなさま、どうもありがとうございました!



さて。

先週の土日、沖縄に行ってきました。

あんた、沖縄に住んでるやん!

とお思いでしょうが。

宮古の人は本島に行くことを 『沖縄に行く』といいます。

ということで、沖縄本島に行ってきました。

目的はおいしいものを食べることと、美味いものを食べることと、あとはグルメ。(ぜんぶいっしょや!)

いままでは那覇と『美ら海水族館』しか知らなかったので、今回ははじめて北谷に行ってきました。

いま、ふつうに北谷と書いてますが。

これ、『ちゃたん』と読むのですよ。

え~!

と思いましたよ。

タンはわかるけど、チャって。

どこをどう読んだら、北がチャになる?

と思いながらも、行ってきました。

北谷は米軍の普天間飛行場がある宜野湾市にほど近く、

アメリカンビレッジというショッピングセンターが若者に人気なのだとか。

空港からバスで約40分あまり。

びっくりした~。






アメリカンな街 2011 12・19






めっちゃ、アメリカンだった~。

気をぬいてたら、いや、気合いを入れてても、アメリカ人多かった~。

アメリカ人、みんな同じ人に見えた~。(おばさんか!)

だって、みんなパーカーにジーンズ。

あるいは、半そでTシャツ。

沖縄とはいえ、その日はけっこう寒く、日本人はみんなダウンジャケットなどを着こんでいたのですが、

さすがアメリカ人はいろいろ図太く出来ているのだなあと思いました。(失礼やろ!)

広大な駐車場。

広大な敷地。

そこにたくさんの複合施設がならび、土曜の夜などはそこにいる半分がアメリカ人だったように思えました。

おどろいたのは、アメリカ人の乗る車のナンバープレート。

沖縄330 とかいうところまではいっしょ。

そのあと日本人所有の車なら、

「か 12-34」 とか 「き 56-78」

とかなのだけど、

かれらのは 「 Y 12-34」 というぐあいで、ひらがなの部分が「Y」でした。

ま、それほど驚くことでもなかったですね。

アメリカ兵のかたがたは、こういっちゃ失礼だけど、みんなすごく田舎の人に見えました。(ほんま失礼やな!)

20年以上前、訪れた沖縄では、アメリカ兵はすごくおしゃれでかっこよく見えたのですが。

この20年でアメリカ兵の服装がすごく野暮ったくなったように思うのです。

というより、20年前となにひとつ変わっていないことが、すごいのです。

その間、日本ではバブルがはじけ、『M-1』がはじまり、そしておわり、新たに『THE MANZAI』がはじまったというのに!(漫才のことだけかい!)

あのころ、日本人はまだアメリカを憧れていました。

いまそんな日本人はどれだけいるのでしょう?

むしろ、アメリカ兵は喜んでYAKINIKUを食べ、RAーMENを食べ、SASHIMIに舌鼓を打ち、OHASHIを使って食べ物を食べてるのです。(ローマ字にする必要ある?)

兵隊さんであるということを差し引いても、アメリカの若い兵のほうが日本の若者よりもずっとずっと素朴で純情に見えたのでした。

1$=75円 

という張り紙がいたるところにあり、

いまさらながら、円高っ!と思った次第です。

それがすべて日本の国力とは思いませんが、

なにも変わらないアメリカは、日本が変わってゆくことによって、相対的に変わってしまっているのだなと感じました。


ちょっと長引きそうなので続きます。

それでは~


とりぶう


少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

北谷?

此のPCでは変換出来ません。
加藤北谷に改名してほしいです。
テレビでは好く観聴きする地名ですけど。
コーヒーはアメリカンを頼んでいましたが日本独特の飲み方だそうです。
コーヒーのお湯割りって事なのでしょうか?

No title

だって 宮古島から沖縄本土って遠いでしょ~ 笑)

新潟市内に住んでいて、街中(デパートなんかがある地域)に行く時は 「新潟に行く!!」ってみんなが 言ってましたよ!


基地近くに行った場所は 横須賀の どぶ板通りかな~
ここ何処~ってドキドキしちゃいました。

(-ω-;)ウーン

こちらでは北海道に行くという表現はされないと思うけど離島に住んだことが無いので何とも言えません。
利尻に数日滞在したことがありますが、そんな表現は聞きませんでした。
稚内に行くと普通に地名を言っていたような気がします。

昔はアメリカが格好いい雰囲気がありましたよね?
母も洋画見ていたし・・・。

ただ、私はあまのじゃくなので安易な横文字のない歌を絶賛していました(^o^)

あめりかんふぃーりんぐ♪

とりぶう様

アホの国際ライセンス
オケラです。

アメリカ。その昔誰もが憧れ
そしてクイズ番組の商品となった地。

僕も米軍キャンプの近くに住んでます。
ご指摘の通りあの洋服のセンスは・・・。
そしてキツイ香水の匂い。

そんな僕にも生粋のNY生まれで
日本在籍20人のアングロサクソン
マイケル(仮名)という飲み友達がいます。
職業はデザイナーだったんですが最近リストラされて
英会話を教えたりしながら飲み歩いてます。
ちなみに彼は糖尿病。そして甘いものも好み
ネクターを一気飲みする男。

そんなマイケル(仮名)も至福のセンスはダサダサ。
そんな奴に僕は「ファンションのセンスダサイネ」
と言われ思わず「お前に言われたくない」と口論になりました。

今でもメールをしますがマイケル(仮名)は漢字が読めないので
ひらがなで打ちます。

そして表参道でベッカム似の外人に遭遇。
Tシャツのバックプリントに

外人って呼んだらこ〇す

という文字が。思わず僕は笑いました。

そういえばハワイに行ったときのあのメシのまずさ・・・。
そして僕は現地の人に笑われまくりました。
何でだろ?一緒に行った4か国語を操るシンガポール出身の
バイリンガル、ジョージ君(何故か日本語はインチキ関西弁)
に尋ねると「そのTシャツがアカンねん」と言われました。

古着屋でかったそのTシャツに書かれていたのは

『ニューヨーク市清掃会社』。

なるほどなと思いました。そしてコンビニでエロ本を買ったら
(現地では銀色のビニールで隠されているので中身が解らない)
全部小説だったv-12
仕方が無いのでジョージ君に「これ読んでみて」と頼むと
ジョージ君はうわーエゲツなーと言い一人ニヤニヤし、ずっと黙読。

てなわけでポチ

No title

>なにも変わらないアメリカは、日本が変わってゆくことによって、相対的に変わってしまっているのだなと感じました。
なるほど、深いですね。

>アメリカの若い兵のほうが日本の若者よりもずっとずっと素朴
アメリカの兵隊、前線に行くのはマイノリティや貧乏な人達だそうです。沖縄がどうか分かりませんが出稼ぎ的な人多いと思いますね。

案山子さん。

ははは、加藤茶は加藤北谷、いいですね!
沖縄では北谷は若者のデートスポットらしいです。
アメリカンコーヒーはアメリカ人は飲まないのですか!
しらなかった~。
ちなみにわたしのPCでは北谷は「ちゃたん」で変換できました。
PCも沖縄仕様なのかな?

イノぶたさん。

あ、やっぱり新潟も新潟に行くっていう?
和歌山もそうだったよ~。
「和歌山に行く」というのは和歌山市内に行くということで、
ちょっと都会に行く的な響きがありました。
宮古島から沖縄本島までは300キロくらいかな?たしかに遠いよね。ははは。
基地って独特の緊張感ありますね。
拉致されたらどうしようとか。(ないわ!)

のぶちんさん。

北海道は、札幌とか稚内とか函館とか
そしてもちろん旭川とか、それだけで全国で通用する地名がたくさんありますもんね。
沖縄市という地名もあるんですが、「沖縄に行く」というとき、
実際行くのは那覇市だったりしてなんかややこしいです。
アメリカ信仰ってさいきんの若い人にはそれほど感じられませんよね。
韓流がこれほどブームになるというのも、以前はかんがえられなかったですしね~。

Mrオケラ さん。

ははははは!
ださい人にださいって言われるのショックですよね。
アメリカ人といえば、ほんと、あの香水のきつさ!
ほのかな香りというような概念はきっとないのだろうなあと思います。
Tシャツの英語ってけっこういい加減なもの多いですよね。
さすがに最近は減りましたが、以前はメイドインチャイナのもので、
これは明らかにスペルミスでは!?というものが堂々と売られてましたよね。
今着ると逆におもしろいかも?

hajime さん。

たしかに裕福な層は兵隊に志願する必要がないですもんね。
アメリカ人はすれてる若者も多いけど、純朴な人もけっこういる気がします。
でかくて、いかつくて、タトゥーのアメリカ兵の表情も素朴に感じるのは、
日本が変わったのか、あるいはわたしがおばさんになったからなのかも!?
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです