ふつうがいちばんいいのよ、桃子ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  ふつうがいちばんいいのよ、桃子 


ふつうがいちばんいいのよ、桃子

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

そういえば、『男女7人夏物語』ってかなりヒットしましたよね?

なんだよ、いきなり。

不思議の国のアリスのうさぎくらいいきなりだね。

とまあ、冒頭から自分でもよくわからないことをつぶやいてみましたが。

きのうの記事を書きながら思いだしたのですが、若かりしころ。

わたしはわりと人の心の機微がよくわかっていなかったということを思い出したのです。

さんまとしのぶで大ヒットした『男女7人夏物語』。

あれはわたしが中3のころ放送されていたのですが、毎回この次どうなるの!?というところで終わり、

「きのうの男女7人、見た?」

というのが、次の日のお約束のせりふでした。

物語も佳境に入るにつれ、

「あたし昨日泣いたわ~」

という子が出てきました。

それにつられ、

「わかる!あたしも!」

と賛同者が次々に現れるではありませんか。

わたしは驚きました。

だって。






泣きどころがわかりません 2012 1・17







わたしはまったく泣けなかったからです。

とくに良介(さんま)が雨の中、桃子(しのぶ)を追いかけ、

「おまえが好きやねや!」

と叫ぶシーンなんぞは、みんな、

「すごい感動した!」「泣いた!」

と顔をパグみたいにくしゃくしゃにしながら興奮して言い合うのです。

びっくりしたわ~。

無人島に取り残された気分だったわ~。

冷血な人、と思われるのもいやだったので適当に話はあわせておいたのですが、こういうことはよくありました。

そのたびに、「泣くポイントどこやねん???」と頭の中はハテナでいっぱいでした。

耳年増だったせいか、わたしは、純粋に好きという感情を表現する場面にはやたら照れてしまい、素直に感情移入することを怖がってました。

感情移入したら負けや、くらいに思っているふしがありました。

こころの外側に金属製の強固な壁をつくったほうが世の中生きやすいのだ、と思っていました。

だって傷つくことがなによりも怖いものだったのです。

なのに傷ついてばかりいたあのころ。

わかったつもりでもわかっていないことがたくさんあったんだなあと思います。

感情というものは知識では得られないものだということも。

いったんくっつけた強情な殻はすぐにはやぶれてはくれなかったけど、

いろいろな失敗の結果、傷ついたほうが結果としてすこやかに生きやすくなるということがわかってきました。

そして実生活は、ドラマよりもずっと感情がゆさぶられるいいものです。

さて。

きょうはこういう話を書くという予定はまったくなく、

池上希実子の「ふつうがいちばんいいのよ、桃子」というせりふについて書こうと思っていたのですが、

話がそれにそれてこうなってしまいました。

じぶんがふつうではイヤだと思っていたころには、ドラマでは泣けなかったけど。

ふつうがいちばんいい、と実感できるようになってからは、やたら泣くようになってきました。

今はものすごく涙もろいです。

「トイレの神様」をカラオケで歌いながら泣くくらい。

それも号泣。(もろすぎるやろ) 

大人になるっていいことだなあと思うこのごろです。

それでは~


とりぶう




少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは^^
とりぶうさんのネタやったろうか?
初めて日本に来た外人に教える 漢字
A o p で命だそうです。
全くタイトルと関係無い? 御無礼。<m(__)m>

フィクションには興味無いタイプなので・・・
今夜は沖永良部での合コンみたいなのがあるそうです。
多分、私は観ませんけど・・・
そろそろ寝る時間でっさかい。(-_-)zzz

No title

男女7人・・・・
私は ニヤって顔してみてました 笑)
なんでだろう・・・・ 笑)

私も 涙もろい人間です ^^)

男女7人・・・

興味がなかったので見なかった(笑)
周りでは騒いでいたが全く興味がなかった。

でも普通が良いというのは賛同します。
故に私、世界標準を目指しています(^_^)v

どんぴしゃ!!

わーーー。
大好きなドラマだったよー。
「夏物語」も「秋物語」も、めっちゃ夢中になったよ。
今だって見たいって思うもん。

さんまとしのぶサンの掛け合いって最高だったな。
結婚って聞いたときは、もうドラマはなし?残念って思ったけど、
仕方ないなーって妙に納得したもん。

「秋」の方はね、ワタシがずっと住んでいた川崎での撮影で、
最後のキスシーンは超感動したもんよー。
川崎駅の地下街ができたばっかりの頃でねー。

ああ、頭の中で「チャチャチャ」と「ショーミー」が回ってるぅ。


また観たいなー。


案山子さん。

なるほど~、AOPで命ね!
たしかにたしかに。
さいきんなんでもアルファベット3文字であらわすことが多いので、どれがどれかちんぷんかんぷんです。
沖永良部島、恥ずかしながら、じつはどこにあるかわかりません!
離島に住んでると、他の離島にはあんまり関心がなくなってくるのかもしれませんね~。

イノぶたさん。

わたしもニヤニヤしながら見てた口です!
あれって泣くよりも笑うドラマだったよね~?
さいきんのわたしは笑うドラマでも泣かされます。
生命保険会社のCMとか、やばいよ!

のぶちんさん。

池上希実子が大竹しのぶにむかって言った、
「ふつうがいちばんいいのよ、桃子~」
というせりふはいまでもよく思いだします。
そのたびに、
大竹しのぶはふつうとはいえないよなあ~
とも思うのです!

八重ぶさん。

ほんと、あのドラマは流行ったよね~。
あの当時、川崎とか木更津とか、どこなのかもよくわからず、
「いつか行ってみたいな~」
と漠然と思ってました。
わたしも主題歌を聞くと、いまでもあのドラマをくっきり思い出します!
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです