白竜って恐竜でもお相撲さんでもないよショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  白竜って恐竜でもお相撲さんでもないよ 


白竜って恐竜でもお相撲さんでもないよ

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

好きではないけど気になる存在。

いやほんと、好きではないけどなんか心に引っかかる存在。

避けて通りたいけど、いつか時間をつくってなぜ心に引っかかるのか考えてみなければならない存在。

あえていえば、怖いもの見たさな存在。

そういう俳優っていますよね。

あ、いない?

阿蘇。

山か。

どうでもいいボケはおいといて。

わたしにとって、それは白竜。

そう、あの白竜。

え?知らん?

阿蘇。(もうええわ)







白竜 2012 2・1






ちなみにこの似顔絵。

驚くほど似てません。

ぱっとみて金正日の若いころかと思った。

びっくりしたムニダ~。

その怖いものみたさな存在、白竜に、

いま しかちくがハマってます。

去年の末から、第一次白竜ブームが来たそうです。

しかちくは男のわりにはヤクザ映画にとんと興味がなく、

したがって白竜の存在も、

「だれ?モンゴル人力士?」

くらいの認識しかありませんでした。

それがなぜか去年の末に第一次ヤクザ映画ブームがしかちくに訪れ、

ヤクザ映画のコーナーを眺めているうちに、白竜の存在が気になってきたらしいのです。

なぜヤクザ映画ブームがやってきたかというと、あるときふと

「オレはもっと沖縄のことを知らないとあかんな」

と思い、レンタルビデオショップの邦画コーナーを眺めていると、

『沖縄ヤクザ抗争』みたいなのが目に付き、そこで第一次沖縄ヤクザ抗争ブームがやってきて、

当然のように松方のアニキブームがおこり、(当然?)

当然のように第一次ヤクザ映画ブームへとつながったそうです。

そしていま白竜主演の九州の実録ヤクザ映画を見ているのですが。

わたしも怖いもの見たさで見ています。

そしてわかりました。

なぜ白竜がそれほど気になっていたのか、と。

それは白竜が怖かったからです。

きっとわたしが小さな子どもだったら、白竜の顔を見ただけで泣き出しただろうと思うからです。

目も唇も最小限の細さ。(失礼!)

この人が笑うことなんてあるんやろか?

と写真などを見てはおののいていたのです。

しかし、映画の中の白竜はふつうでした。

それほど演技が際立ってうまいわけでもなく、(失礼すぎる!)

存在感もそこそこで、かなりほっとしました。

よかった、普通の人で。

ところがしかちくは違う感想を持ったようで、

「白竜かっこええなあ」

と言ってます。

「どこがそんなにかっこええの?」

と聞くと、

「名前」

と答えました。

がくっ。

ちなみに。

九州の実録ヤクザ映画は、すごい俳優がごろごろ出てるにもかかわらず、なぜか驚くほどおもしろくないです。

きっと本職のかたがたが見て、

「〇〇の役、松方のアニキが演っとるで」

という楽しみ方をするのがいいのかもしれないと思いました。

それでは~



とりぶう




少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

自分の知っている人が映画化されると面白いです。
本が売れたりメディアが騒ぐともっと面白いです。
ちゃうやろう! 突っ込みたくなります。
実録? 偽似録やろう。
世の中は好い人ばかりで仕合わせです。
今の世はヤクザじゃねえ! 侠客だと云えるヤッチャンもおまへんやろ。
旦那様も其の世界に目覚めましたか? ( ^^) _U~~
男ってこんなもんやで、極道ってこんなもんやで・・・
はははっは~ 女は弱し されど母は強し (関係無い?)
貴方に全ての善き事が雪崩の如くおきます。

案山子さん。

たしかに映画化されると脚色されたり、美化されたりすることがおおいので、
内情を知ってるひとにとったら「なんやこれ?」という感じになるでしょうね。
昔と違い、いまはヤクザのしのぎも大変のようですね。
時代の風は、だれにとっても同じように吹くのだなあと思います。

全く

ヤクザや任侠の世界に興味がありません。
ただツッパリマンガは大好きです。

私が目覚めるのはもう少し先なのかもしれません。

のぶちんさん。

ヤクザものが好きな人って、もうそればっかり見てますよね。
にわかヤクザ映画ファンになったしかちくは、そろそろヤクザ映画卒業しそうです。(はやっ!)
しかし、ヤクザ映画見た後ってふしぎとコトバ遣いをまねてしまいます。
あれはおもしろい現象だと思います!
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです