飼育係ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  飼育係 


飼育係

テーマ : 日記 ジャンル : 日記




みなさんこんにちは。

前回のぬきうちなぞなぞ。

「K&O した」ってどういうこと?

の答えですが。

正解は、感動した、でした~。

K & O  =  K AND O

『KANDO した』  ということです。

な~んだ~、そんなことか。

と思った方。

わたしのこと、コロンブスと呼んでもええで。(誰が呼ぶか!)

さて。

最近なにかとお世話が忙しい日々です。

朝から日当たりのよい場所にカメたちを移し、

野良猫のマイケルが産んだ、ミニケル、ブチケル、クロケルの成長具合を確認し、

文鳥モコの好物、豆苗(とうみょう)に水をやり、

モコモコモコモコ、とひとしきりかわいがり、

カメの水槽を覗き込んで、水を替えようかどうか悩み、

子猫たちの目の開き具合を確認し、

モコの鳥カゴの新聞を替えてやり、

やっぱりカメの水も替えようと、水槽をえっちらおっちらと運びなおし、

あ~、しんど。

という毎日です。

そんなものだから、しかちくにつけられたあだ名が、『飼育係』。

小学校4年生以来の呼び名です。



飼育係再び 2012 4・12





そう。

あれは小学校4年生のときでした。

4年生より上の学年になると、図書係や放送係、飼育係などの学校運営のお仕事をまかされるようになります。
わたしは低学年のときから、4年生になったら絶対飼育係をやろうと決めていました。
わたしは自称動物大好き。
なかでも学校で飼っているウサギは、子どもを産みたて。
小さいのがいくつもぴょこぴょこしてるのがかわいらしく、あれらのお世話をしたい!と思っていたのです。

飼育係になったら、あの小さいウサギたちのふわふわを、ほっぺたにくっつけることができる!

もう楽しみで楽しみでしかたありませんでした。

そうして。
初仕事の日。
6年生以下の飼育係の面々が、飼育小屋の前に集まりました。
6年生も5年生も男子がちで、からみにくそうなひとばかり。
大人になって飲みに行っても、あまり楽しくなさそうなメンバーでした。

担当の先生が、ウサギ担当か、鳥(ほろほろ鳥とニワトリ)担当か、どちらがいいかみんなに聞きました。
当然、わたしはウサギ。
張り切ってウサギ担当に手をあげました。
不思議なことに、学年が上がるにつれてウサギ担当は不人気。
結局、4年生全員とジャイアンみたいな5年生男子、ひ弱そうな5年生女子がウサギ担当になりました。
わたしはようやくかわいい子ウサギたちをだっこできる~、と楽しみにしていたら、先生に一枚ずつ大きな米袋を渡されました。
先生はしれっとして言いました。

「今から、そこに満タンになるまで、ウサギが食べる草、採って来い」

は?

という顔を4年生の面々がしていると、

「外に出てええから、ウサギが食べる草や。わかるやろ?」

先生は不法入国を取り締まる係官みたいな顔つきで言うのでした。

満タンって。
30キロの米袋に満タンって。
冗談やろ?
と思って先生の顔色をうかがっていると、

「早よせな、日暮れるぞ!」

と鬼軍曹は不法入国者を追い立てるしぐさ(?)をするのでした。
追い立てられてしかたなく、わたしたちは学校の裏山に入ってゆきました。
当時は生徒だけで校外に出て活動するというのは当たり前にあり、大きな米袋を引きずりながらわたしたちは細い山道をウサギのエサ目指し歩いたのでした。

ウサギが好む草というのは、タンポポに代表されるような、ちぎったときに白いミルクみたいな液体がでるもの。
ときは4月。
タンポポがけっこうあったので、わたしたちはもくもくとタンポポの葉をちぎっては入れちぎっては入れしていたのでした。
しかし。
いくらタンポポ豊富でも、30キロの米袋に満タンというのは気の遠くなるような量。
30分ほど摘んでも、半分にもまだ遠いくらいしか集まりませんでした。

そうこうしているうちに、学校のほうからは放課後の放送が始まります。
え、もうそんな時間!?
戻らなければ・・・・
とは思うのですが、袋はまだスカスカ。
いっしょに摘んでいたメンバーに「どうする?」と聞いても、
「満タンにせな、怒られるで・・・・」
という気弱な発言しか出てきません。
わたしたちはほんとに日が暮れるまで摘み続けなければならないのか・・・と暗澹たる気持ちになったのでした。

そのとき。
5年男子のジャイアンが、袋を満タンにして下山しようとしています。
聞けば、小ビワの木を見つけたというではありませんか。
わたしたちは色めきたちました。
というのも。
ほんとの名前は知りませんが、わたしたちが小ビワの木と呼んでいたものは、ウサギの大好物。
木の部分が多いので、かさばるため、30キロの米袋でもあっという間に満タンになります。
どこにあったのか聞いたら、ジャイアンは、
「もう全部採ったし」
と憎たらしいことこの上ない。
そうして金を掘り当てた成金のように鼻息あらく、ま、せいぜい日暮れまでがんばりな、とでも言わんばかりの表情ですたすたと山を下りてゆきました。

わたしたちはもう半泣きでした。
このまま半分にも満たない量で帰ったら、おやっさん(先生)にどやされる。
でももうウサギが好きそうな草なんか見つかりそうにない。
そのとき、わたしに妙案が浮かびました。
山の近くにうちの畑がある。
その畑にはおじいちゃんがたくさん野菜を作ってたな。
なかでもキャベツが山のようにあったはず。
そしてウサギはキャベツ大好き。
わたしは残りのメンバーにキャベツをちょっともらおうと提案し、下山しました。
下校途中の小学生に見つからないようにそそくさと行動し、キャベツのいらなそうな葉っぱをつぎつぎに頂戴したのでした。

それでもようやく袋は8分目。
少しでも空気をふくませかさばらせ、満タンになったように見せて学校に戻りました。
飼育小屋の前に先生はおらず、小屋の掃除を終えた6年生がホウキで遊んでいるところでした。
わたしたちの姿を見て、
「草、うウサギ屋の中へ入れとけよ」
と命令。
わたしたちはキャベツがばれないように、なるべく隠しながら小屋にエサの山を作ったのでした。
そしてようやくかわいい子ウサギがさわれる~、と手をのばした瞬間。

「子ども触んなよ、親怒るから!」

と6年生に怒鳴られ、わたしはすごすごと小屋の外に出たのでした。

結局、飼育係をやっていて楽しかったことはほとんどなく。
初日で、「はずれの係」だということがわかりました。
その後、毎回30キロの米袋の草採りはあり、そのたびにわたしはおじいちゃんに話をつけて、白菜だのにんじんだののいらない葉っぱをもらっていたのでした。
子ウサギたちはあっという間に成長し、触ってもいいと許可が出たころには、もうあのときのかわいさはありませんでした。

翌年から、わたしは飼育係だけはやめようと心に決めたのは言うまでもありません。
自称動物大好きですが、動物を見てるのが好きなだけのエセ動物好きで、
飼育が大好きなのではないのだな、と痛感した1年でした。

ながながと思い出話にお付き合いいただき、ありがとうございました。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント


No title

小1の時の教室がニワトリ小屋の隣で、臭かった思い出が。
夏になるとハエも教室に入って来て、おかげでハエ叩き名人になりました。

「飼育係」ですよね。
なんやねん「いきものがかり」って!
最初聞いた時、何の事か分かりませんでした。
今でも、なんか気味悪い言い方と思います。

hajime さん。

たしかにニワトリ小屋のニオイは強烈なものがありますよね。
ニオイが目にささる感じ!
『いきものがかり』ってわたしも使ったことないので、違和感あります。
読んだだけではどこで区切ればいいのかわかりませんでした!

なんと

飼育係にはそんな苦労が・・・(T_T)
とても涙無しでは読めませんでした。

我々(さりげなくとりぶうさんも入っている)怠け者にそのエサ集めは拷問です。
私は係りを選ぶときの基準は「楽そう」
この一点でした。

体育祭もそう。
いつも100m走志願でした。
全力で走れば12、3秒でその後は自由時間(^o^)

(自由時間じゃないだろう(^_^;))<神の声>

100m走争奪に破れて200m走ったときはとても残念で損した気分になりました(=_=)

(クラスのために走れよ(^_^;))<神の声>

のぶちんさん。

ほんとうにナマケモノには飼育係はムリだと痛感した1年でした。
動物園で働くひとびとはすごいなあと思います。
それよりのぶちんさん、12,3秒って速いっ!!
50メートルじゃないですよね!?(遅すぎるやろ)
そりゃあ選手に選ばれるのもなっとく~。
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     リンクエリア1
このバナー使ってほしいな!
ショートショートとりぶうの読むコント宮古島へのリンク
右クリックで名前をつけて
画像を保存して使ってね。

相互リンク一覧も見てね

のぶちんと神様の日記
ずっと♪CuteMama
今日は何しましょうか?
自分を探して
現代語訳「今昔物語」
one more time
空想Cafe 日ごろ景色
モエレ沼公園通り
プリモプエル奮戦記
ゆみぴい日記
宮古島に移住した介護士のブログ「ゆうむつ青板」
うつ病トマト自分探し旅
すくわか グルメ
羊飼いな日々
日吉丸の買い物日記
デイリー・ロク
哲雄&AKIの不純愛講座
「おとなの恋愛小説」倶楽部
雨のち虹。時々とまと
線香花火
OLミユキさん
癒しの宮古島
宮古島ナビ
宮古島オンライン
もう少し生きてみようじゃないか
トモにゃん日記
官公庁のバイトさん
~怪しい探検隊~
アパート経営で副業生活
ちょっと一息
健康・薬・美容のあれこれ
kurosio note
サミタ帝愛カジノ『沼』攻略への道
路地裏ニライカナイ
腹ペコ番長の三ツ星ブランチ
1日10分 1年で創る自分史
COCOマミーのケ・セ・ラ・セ・ラ
きのこにっき
こころと体に光を
こころのかたち。
日本一のみかん農家
いしまり総統の独身OL帝国
笑い話千夜一夜
ノラ家の日常・非日常
人生楽ありゃ苦もあるさ
FIELD & STREAM
するめ日記
ワクワクの森
短編物語
クマゴローYOGIYOGI
ぽんぽこりん日記
シナモン「飛行船の殺人」
小説人気ランキング娯楽部
りくの日記
回転!揺りイス固め
ドラッグストア店長日記
通販ショップ Ring
眠気耐えられないサラリーマン
のほほん お散歩日記
あざらし☆BEAUTY
ガケップチ我が侭コラム
過ぎ行く日々の雑事
富山市・中心街通信
リハビリ病棟は今日も大笑い
よっちゃん’s BAR
さぼりのクリーニング日記
トビナナフシ日記
映画レビュー
極楽トンボの思うこと

リンク切れと判断した場合は削除しますが、見落としてリンク切れと判断してしまった場合は教えてくださいね。
FC2リンクに追加する



     おかげさまです

     ランキング
人気記事ランキング10
面白いサイトがいっぱいなのでぜひ見に行ってくださいね。自分のブログにリンクを貼ってクリックするだけで参加できます。SNSからのリンクはカウントされません。