カメ氏、はきはき答えるショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  カメ氏、はきはき答える 


カメ氏、はきはき答える

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

絵本作家のゴミ野郎さんが、以前書いてらっしゃったのですが。

あ、すいません。

ゴミ野郎じゃなくって、五味太郎さんでした。

あぶないあぶない。

もうちょっとで間違うところだった。(もう間違ってる)

五味さんは、『子供に心配されるようになったら、子育ては終了』みたいなことを書いておられ、なるほどなと思ったのです。

それ以来、

「お母さん、大丈夫?」

と心配されたら、ひそかに、

「子育てほぼ終了だぜ、イエ~」

と思っています。

わが家の子育ての基本理念はとてもシンプル。

子供がひとりで生きてゆけるようにすること。

だからなるべくいろんなことは自分でやらせているのですが、先日。

わたしとうさQとカメ氏で本屋さんに行ったとき。

カメ氏がその本屋さんのポイントカードを作りたいというので、自分もつくるといううさQといっしょにレジに行かせました。

わたしが雑誌を立ち読みしていると、

「ポイントカードを作れますか?」

というカメ氏の場違いに大きな声が店内に響いています。

おばさんはちょっと押されぎみながらも、ここに名前と住所と電話番号を書くようにと指示していました。

カメ氏はまたまた大きな声で質問。

「沖縄に県は書きますか?」

とたずねています。

宮古島内で住所を書くときは『沖縄県』はもちろん、『宮古島市』すらはぶいてしまうことが多いのですが、

カメ氏は沖縄県から律儀に住所を書いてるもよう。

そこらへんは子供らしいな、と思っていると。

若干、関西弁アクセントがあるからか、おばさんは、

「どこから来たの?」

と聞いています。

カメ氏は堂々と、

「住んでいます」

と返答。

「へえ、そうなの。どこに?」

というおばさんの問いに。





カメ氏、はきはき答える 2012 9・25



「字です!」

と勢いよく答えていました。

『字』って!

たしかに住所に『字』ついてるけど!

横で聞いていたうさQが、あわてて自分の住んでる地域を答えていました。

ほかにとっかかりのある地名がいくらでもあるだろうに、よりによって『字』を選んで答えてしまうとは。

もうちょっと大人になったら、このことのおかしさに気がつくのだろうなあと思ったのでした。

それでは~


とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

No title

場違いに大きな声は、しかちくさんのDNAでしょうかw
何故「字」を選んだのだろうか?
でも郵便物で字が抜けてるの多いですよね。
これってあっても無くてもいいなら、無くして欲しいですけど。

No title

ははははっ・・・・
まだカメ氏の子育ては終了してないみたい・・・ 笑)
それにしても カメ氏の目の付け場所が 個性的ね!!
大物オーラが 私には見えます!!

それにしても 沖縄県なんだよね・・・県って言い方に 耳慣れない私です!

hajimeさん。

たしかに大きな声は遺伝かも!ははは。
「字」はわたしも書かないことがけっこうあります。
なくても郵便物届くし。
こっちに越してきて、いまでも「字」を使ってるところがあるんだ~と思ったくらいです。
でもカメ氏にはそこがひっかかりどころだったみたいです。不思議~。

イノぶたさん。

カメ氏、大丈夫?
ってまだ聞くことがありそうです。
彼は最近ものすごくよく食べるので、日に日に体だけは大物になっていってます。ははは!
わたしは住所を宮古島市から書くことが多いので、沖縄県と書くときは、
ちょっと不思議な感覚になります。
あ~、わたし沖縄県民なんだ~って。
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです