腹ペコショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  スポンサーサイト腹ペコ 


スポンサーサイト

テーマ : ジャンル :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腹ペコ

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

年中、腹ペコキャラを標榜しているわたしですが。

そのルーツは子ども時代にさかのぼり、9人家族の農家では飽食なんて夢の話。

いやでも腹八分目の生活でした。

不健康でもいい!

毎日 腹いっぱい肉やケーキを食べたいんだ!

と思っていたわたしとちがって。

飲食店の息子として育ったしかちくは、

「クリスマスになるとケーキをもらいすぎて、大変だった。
大っきいクリスマスケーキ、まるまる8個とか。
しまいにケーキ見たくないようになる。
オレそこまでケーキ好きちゃうし」

などと、贅沢きわまりない発言をします。

なんじゃ、この格差。

一票の格差は憲法違反である!

神様、人間は平等じゃありません!

と、振り上げたこぶしをぐるんぐるん振り回して、ハンマー投げをしたくなります。(勝手にやっとけ)

ケーキなんかおなかいっぱい食べるなんてこと、考えたこともなかったし、かたまりの肉なんか想像の産物、架空の食べ物にちがいない、と思っていました。

しかし、質素でも、大人たちは毎日の食卓にのぼる野菜や魚を喜んで食べていて、

「このサバの新しいことよ。こりこりしてる」
「このしらす、ほんまにやらかいわ。とれたてやで」
「この白菜、甘いわ~。新しいもんはごっつぉ(ごちそう)やな」

などと感想を言い合っていました。

まったく。新しいものを喜ぶのは古い人間ばっかりやで。

サバや白菜でおなかがいっぱいになるかっつーの。

しらすなんかありがたがる人間の気持ちがわからんつーの。

わたしは大人たちの気持ちが理解できず、不満顔でおなかをすかせる毎日でした。

ところが。

結婚して、大阪で飲食店を手伝うようになると。

ほんとうに食べ物は毎日そこらじゅうにあふれています。

最初は有頂天極まりなかったわたしも。

しだいに、

うむ。ケーキはほどほどでいいな。

ふむ。毎日ステーキとか、きついな。

と、かの贅沢王しかちくが口にしていたようなことを言うようになってしまいました。

とりわけ、ちくわやかまぼこなどの練り製品は、その他大勢君あつかい。

はんぺん か ごぼ天 か 厚揚げ かなんかしらんけど、とりあえず賑やかしに参加してくれてええで。

みたいな気分で扱っていました。

あの飽食天国からうってかわって。

いま、まわりに食材はあふれてはいません。

すると、むしょうに「練り製品食べたい」と思うことがあります。

自分がモテキだったときには見向きもしなかった弱腰な男子たち。
あのころはきみたちのよさがわからなかった。
ごめんよ。

そんな気分です。

ってどんな気分?モテキとかないからわからんっつーの!(なんじゃそれ)

サバやしらすや白菜もそう。

スーパーで小さなひとパック198円のしらすを買って食べてみて、そのあまりの味気なさに、いまさらながら新しいものには力があるんだと思いました。

ほんとに新しいもんは「ごっつぉ」やで。

そんなことを思ったのも、きょう実家からみかんと新米が送られてきたからで。




秋の香り 2012 10・11




じぶんのまわりにあふれているときには、まったく当たり前だと思っていたものが、なくなってはじめて大切なものにかわるのだとわかりました。

青いみかんはちょっとすっぱいのもあるけど、わたしはこの時期のみかんの香りが大好きで、秋が来たなと喜んでいます。

季節感を大事にしたがるのも、古い人間のすることだと思っていたのですが。

自分がだんだん古いほうに足をつっこみはじめたら、案外そこも居心地がいいものだと思っています。

ま、自分のいる場所を肯定するのも古い人間の証。

そのうち「おいしいものは、甘くてやわらかいもの」と言い出したらあがりだな。

ともあれ。

涼しくなってきたらきたで、おなかがすいてこまる。

人間、古くなってきても腹ペコキャラはなおらんな~。

それでは~



とりぶう


少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

No title

さつま揚げ、じゃこ天が食べたくなりましたw

No title

飽食のこの時代だもんねぇ~
食べすぎで 運動してる自分が ほんとうに嫌です!
でも 食が止まりません 笑)
平和ボケ!
私も 小さい頃は なかなかの節約をしていたようです。

足りないのも余るのもつらいんだよね!

私も超田舎の山暮らしだったので、新米や新茶の良さが山から離れて知りました。そしてお茶やお米って案外高い…買ったことないけど

確かに

人は平等ではない。
お金持ちの家に生まれた不幸な人には同情します。

お金持ちでない家に生まれた私は本当にラッキーでした。
現在、何を食べても美味しく楽しい気持ちになります(^o^)
これが高級料理しか食べたことがなく舌が肥えていると
私のような感動は得られないでしょう(=_=)

ちょっと美味しいものを食べたときに得られるこの感動。
ちょっと高い物を手にしたときの満足感。

もしかしたら私は選ばれし者なのかも知れません(^o^)

hajime さん。

さつま揚げとかじゃこ天とか、もう字面をみるだけでおなかぐ~です!
日本がほこる酒の肴だと思います!

イノぶたさん。

むかしと同じくらいしか食べてないつもりなのに、太るってなぜ!?
と日々思ってます。
腹八分目がいいって思ってっても、元来の食いしん坊が頭をもたげてきて、
気付いたらおなかいっぱい。
でも食べることがいちばんわかりやすい幸せなんだよね~。
食欲の秋~!!

リス子さん。

コメントありがとうございます~!
そうなんですよね。離れてはじめてわかることってありますよね。
お米の高さもそのひとつ!
田舎暮らしって、子どものころはイヤだったけど
いまでは自分をつくる貴重な経験だったと思ってます!
またお待ちしてますね~!

のぶちんさん。

いやあほんとにね~。
わたしも子どものころ贅沢を知らなかったから、
いつかきっと!と思い、その思いが自分を突き動かす原動力になったと思うので、
がまんするのはよいことだったな、といまは思います。
ぜんぜん大成もしてないけど。
おまけにナマケモノだけど。ははははは・・・・

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。