ほめ忘れショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  ほめ忘れ 


ほめ忘れ

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

ジョギングをしていると、ときどき話しかけられることがあります。

先日も、折り返しのところで休憩していると、70代半ばくらいのおじさまが話しかけてきました。

「あんたら速かったねえ」

とおほめの言葉。

このときは、


単なるほめ言葉? 2012 10・18



ああ、たしかにもう年だ年だとぼやいていても、このおじさまからしたら、わたしたちもずいぶん若いほうだもんな。

と悦に入っていたのですが。

おじさまはその後、

「あの坂から、ずっと後ろ歩いてきたけど、追いつけなかったよ。いや、あんたたちは速かった」

とおっしゃいます。

そのときはとくに何も思わず、むしろいつもすごくゆっくりスピードなので、なんだかへんてこな気もちになりながら、

「いえいえそれほどでも・・・」

なんて謙遜していたのですが。

少したって、そのときのことを思い出してみて、はたと気付きました。

ああ、あのおっさんの真意を読み損ねた!と。(おっさんて)

あのおっさんは、べつにわたしたちをほめたかったわけじゃなかったんだ!

あのおっさんが言いたかったのは、

「ずっと後ろ歩いてきたけど追いつけなかった」

という部分。

つまり、

「オレ、本来なら歩きでもあんたらに追いつけるほどの健脚の持ち主じゃないですかぁ」

という、自分自慢だったのではなかろうか、と!

あのおっさんがほしかった返答は、わたしたちの謙遜ではなく、

「いやあ、あそこからずっと歩きでその速さって、すごいですよ~」

というほめ返しだったのです。

愛犬家がお互いの犬をほめあうような常識的な発言だったはずなのに、

ほめ忘れてしまった!

年寄りのことならわたしに聞いて!と自慢していたわたしの不覚。(いつ自慢してた?)

年寄りづきあい第一条『とにかくほめる』という項目をいつなんどきも忘れてはならないな、と思いました。

それでは~


とりぶう


少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私のも覚えが・・・
身延山の階段を登った時・・・
『階段登ったの?? 若いわねぇ~』って言われました 


私も 若い人に同じ様なことを思われてるかも・・・
私の発言で 若い人に 多少ながら気を使わせてるのかもしれませんね!! 
最近 ちょっとそんな事を 思ったことがあったのでした 笑)

イノぶたさん。

わかる!年をとってくると、怖いものがなくなるのか、
わたしも若い人にいいたいこといってる気がする!
でもこういうのって繰り返しだよな~
若さって、そういうのも経験する必要があるんだよな~
なんて思ったりしてるから、おばさん化がすさまじいのかも!
反省しなければ~。

私は

真意を読み取ってもあえて読み取っていないフリをすることがあります。
例えば皮肉屋な人と話したときは、これは皮肉ではなく挨拶なのだと(笑)

のぶちんさん。

たしかに、華麗にスルーするのも処世術ですよね~。
あんまりつっこんで話すと、おじさまたちは時間がたっぷりありそうで、
話がすご~く長くなりそうでそれが怖いです。
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです